ランニングとジョギングの違いは、健康と楽しさ

公開日:2019/08/30 最終更新日:2020/09/20

ランニングとジョギングは似ていますが、ランニングとジョギングは違います。目的によって、ランニングとジョギングを使い分ける必要があります。

タイムを追求する人はランニング、それ以外の人はジョギングをするべきです。これだけを知っておけば十分です。

この記事では、ランニングとジョギングの違いを紹介します。ランニングに詳しくない人は参考にしてみてください。

ランニングとジョギングの違い

ランニングとジョギングには、以下の違いがあります。

 
ランニング ジョギング
目的 タイムの追及 楽しみ
効果 トレーニング
健康の維持
ダイエット
健康の維持
疲労の回復
ダイエット
速さ
(主観的)
苦しい~全力 楽(会話ができる)
消費
カロリー
距離[km]×体重[kg]

目的

ランニングの目的はタイムの追及です。マラソン大会に参加する人はランニングとして走ります。

ジョギングは楽しんだり、疲労を回復するためのものです。趣味や健康・気分転換のために走るならジョギングです。辛いランニングの合間に休憩として、ジョギングすることもあります。

 

速さ

ランニングは辛いスピードで走ることで、ジョギングは楽なスピードで走ることです。このスピードに明確な基準はなく、本人の感覚で決まります。

4分/kmで走るとして、フルマラソンのアスリートは楽に走ることができるので、ジョギングになります。しかし、一般のランナーには辛いので、ランニングになります。

走っているときの心拍数に基づいて、ランニングとジョギングを区別することもできますが、これはスポーツ科学の分類です。一般人には関係ありません。

 

消費カロリー

ランニングとジョギングの消費カロリーは距離[km]×体重[kg]です。ランニングはジョギングより速いですが、消費カロリーは同じです。

消費カロリーを増やしたい場合には、ジョギングはランニングより適しています。ジョギングは遅くてばてないので、距離を稼ぐことができるからです。

 

ランニングとジョギングのどっちがおすすめ?

ランニングとジョギングの使い分けを知っておくと、効果的に走ることができます。

健康やダイエットが目的なら、ジョギングをしてください。痩せたり運動不足を解消したい人にとって、ランニングは不要です。気がむいたらランニングしてみてください。速く走ると消費カロリーが増えます。

走るタイムを追求する人は、ランニングしてください。私は趣味でランニングしていますが、タイムを追求するランナーですし、ランニングを楽しんでいます。ランニングの休憩として、ジョギングもします。

 

ランニングはジョギングより楽しい

ランニングはジョギングより辛いですが、楽しみも強いです。ランニングするとタイムが伸びたり体力が向上するので、自分の成長を実感できるからです。ジョギングでも体力は伸びますが、ランニングには劣ります。

私は2013年からランニングを続けていますから、タイムが大きく伸びました。7年たった今でもランニングが楽しいですし、これからも続けていきます。

私がランニングをしていると、趣味でジョギングしている人を見かけます。その人はジョギングだけをしているので、数年たっても速いランナーになっていません。

速いランナーになる必要はありませんが、速いランナーになったほうが楽しいのは確かです。私はランニングをしましたが、正解でした。

楽しんで走りたいなら、ランニングがおすすめです。速いので辛いかもしれませんが、その分の喜びもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です