ランニングに美容効果はある。ランニングが5年間続いた私の感想

ランニングに美容や美肌の効果があるかに興味がありませんか?ランニングには肌を美しくするだけでなく、精神的に活発になるなどの効果もあります。

私は趣味でランニングを数年間続けていますから、ランニングの美容効果を実際に経験しています。ランニングの美容効果というと、肌の活性化や皮脂腺の刺激などが思いつきますが、これらは大したものではありません。ランニングの美容効果は肌を活性化することではなく、もっと大きな効果があるものです。

この記事では、ランニングの美容効果について紹介します。美容に興味がある女性は参考にしてみてください。

1.ランニングの美容効果

1-1.肥満を防ぐことができること

ランニングをすると肥満を解消することができますから、肥満を原因とする肌荒れを解消することもできます。

肥満の人の肌には特徴があり、肌荒れしていたり調子が悪いことが多いです。
例えば、肥満の人の顔や腕には肌荒れがよく見られますし、ぶつぶつがあることもあります。多少太っている程度なら問題がありませんが、外見からわかるほどの肥満だと肌荒れを避けることはできません。

肥満は女性のホルモンバランスに悪影響があるといわれていますし、高い血糖値が続くことや栄養のバランスが悪いことなども肌荒れの原因でしょう。
例えば、動物性の脂肪分の過剰摂取などです。

ランニングの美肌効果には肌を美しくするのではなく、肌の状態が悪化することを防ぐこともあります。

 

1-2.精神的に活発になること

ランニングをすると肥満を解消することができて体力がつきますから、活動的になります。肥満の人は疲れたということが多いですし、何をするにも面倒になるようです。肥満になると1つ1つの動作で余分なエネルギーを使いますから、疲れやすくなるのでしょう。

男性と女性のどちらにも共通することですが、精神的に活動的であること、フットワークが軽くて元気であることは顔や肌の美しさより重要なポイントです。

 

2.美容のためのランニングの方法

2-1.ランニングの距離は数kmで十分

美容のためにランニングをするのであれば、ランニングの距離は数km、時間は30分程度、頻度は1週間に3~4回程度で十分です。マラソン大会に参加したり本格的にトレーニングする必要はありません。

 

2-2.細かいことは気にしなくてよい

美容目的でランニングをする人は消費カロリーを増やしたり、効果を最大限に引き出すためのランニングフォームに興味があるでしょう。しかし、これらのことを考える必要はありません。

ランニングの消費カロリーは距離[km]×体重[kg]で決まるので、走る時間帯やランニングのやり方に関わらず同じです。都合がいいときに好きなように走ってください。

ランニングフォームに関しては、ランニングのタイムを追求する人にとっては重要ですが、美容目的でランニングをするなら何でも構いません。

楽で継続できるランニングにすることがおすすめです。

 

2-3.日焼けを防ぐこと

美容を目的としてランニングをするのであれば、日焼けしないようにしてください。男性は日焼けしても気にしませんが、女性にとっては大きな問題です。

ランニングをしているモデルの写真を見ると、半袖とハーフパンツでランニングをしていることが多くあります。しかし、半袖とハーフパンツでランニングをすると日焼けするので、やめることがおすすめです。

日焼け止めの方法にはクリームを塗るだけでなく、ジムに通う方法もあります。ランニングをしばらく試してみて、ランニングを続けることができそうならジムに通うこともいいかもしれません。もちろん、紫外線が強い時期だけジムに通ってもいいでしょう。

 

2-4.肌荒れを防ぐこと

ランニングをした後はシャワーを浴びるようにしてください。汗は肌荒れや肌の調子が悪くなる原因になります。汗を流すことが目的ですから、数分間のシャワーで十分です。

私は趣味でランニングをしていますが、ランニングの後にはシャワーを浴びるようにしています。体臭を防ぐ目的もありますが、アトピーや乾燥肌が悪化することを防ぐためです。

 

3.おわりに

おすすめのランニングの方法は、ランニングの前に軽食をとってゆっくり走ることです。空腹だとやる気がでませんし、ゆっくり走ると辛くないのでランニングを続けることができるからです。辛いものは長続きしません。

習慣的にランニングをするなら、栄養補給も多めにするようにしてください。消費カロリーが増えると、ビタミンなどの必要量も増えるからです。栄養を多くとることは美容の方法の1つでもあります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です