お金がかからない趣味でコスパが高いのはランニング。1年間で10000円で十分

お金がかからなくてコストパフォーマンス(コスパ)が高い趣味を探していませんか?多くの趣味がありますが、お金がかからなくてコストパフォーマンスが高い趣味にはランニングがあります。

趣味のコストパフォーマンスを計算するには、趣味が楽しいことだけでなく、趣味をすることで金銭的に得をする必要があります。楽しいけれど金銭的に得をしない趣味のコストパフォーマンスはゼロです。
ランニングにはダイエット効果や健康効果がありますから、ランニングをすると医療費が減って、コストパフォーマンスにつながります。

この記事では、お金がかからない趣味やコストパフォーマンスに優れる趣味を探している人を対象に、ランニングをおすすめします。

 

1.ランニングのコスト

ランニングをするにはランニングシューズとランニングウェアが必要ですが、それらの金額の内訳を以下に紹介します。1か月あたりの費用は1000円程度です。

 

1-1.ランニングシューズ

ランニングを趣味にするなら、ランニングシューズが必要になります。
ランニングシューズにはいろいろなものがありますが、趣味のランナーには1足あたりの値段が4000円~5000円のランニングシューズで十分です。ランニングの上級者は1足あたり数万円のものを必要としますが、趣味で走る人は安いランニングシューズで十分です。

ランニングシューズは摩耗するので、800km~1000km程度の距離を走ると新しいものに交換する必要があります。走る頻度や距離で違いますが、1年間に必要なランニングシューズは1足か2足で十分でしょう。

私は1か月に200kmのランニングをしていますが、1年間に必要なランニングシューズは2足か3足であり、1年間のランニングシューズは10000円ほどです。

 

1-2.ランニングウェア

ランニングをするには動きやすいスポーツウェアが必要です。ランニングウェアは季節によって変える必要があり、夏と冬には別々のものが必要になります。

上下のランニングウェアをそろえるのに必要な金額は1足のランニングシューズの金額より高いですが、ランニングウェアは摩耗しないので、一度買えばずっと使うことができます。

私は5年間ほどランニングをしていますが、ランニングウェアにかかった金額の合計は10000円以下ですので、1年あたりのランニングウェアは2000円程度です。

 

2.趣味とコストパフォーマンス

コストパフォーマンスにはいろいろな考え方がありますが、それは金銭的な得を必要な費用で割ったものです。よくある勘違いは、楽しみやおいしさなどの金銭的な得でないものを費用で割ることで、これはコストパフォーマンスではありません。

例えば、削減した医療費を1円、必要な費用と2円とすると、そのコストパフォーマンスは1円/2円=0.5です。しかし、楽しみなどを数値化することはできませんし、楽しみの単位は円ではないので、コストパフォーマンスは計算できません。

 

2-1.ランニングはコストパフォーマンスが高い

ランニングをすることでダイエットをしたり糖尿病や高血圧を予防することができると、医療費を削減することにつながります。ランニングには健康への効果がありますが、その他のほとんどの趣味には健康に効果がありません。健康で生きたい人、コストパフォーマンスを追求する人にはランニングがおすすめです。

私は経験的に知っていますが、30代になると太ったり血圧が高くなるなどの健康問題が起きるようになります。体のメンテナンスとして、ランニングをすることをおすすめします。
10代や20代の人で肥満や血圧などの健康問題がない人は、ランニングをしても得をしないかもしれません。この場合には、他の趣味がおすすめです。

ランニングの健康効果に関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。ランニングは肥満や猫背、高血圧などの解消に役立ちます。

ランニングをしていて良かったことや得をしたこと。ランニングの健康効果のまとめ

 

2-2.筋トレのコストパフォーマンスはランニングより小さい

筋トレをすると健康の維持に役立つので、医療費を削減できます。

ランニングと筋トレの比較は難しいですが、健康効果に関してはランニングのほうが筋トレより優れていて、より多くの医療費を削減することにつながります。
例えば、有酸素運動であるランニングをすると血管などの循環器系が改善して、血圧を下げる効果があります。無酸素運動である筋トレは循環器系を改善する効果はありません。

ランニングと筋トレのどちらをするべきかに関しては、その人の年齢や目的とする健康の効果によって違います。ランニングと筋トレの効果を以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。30代以上の人にはランニングをおすすめします。

30代、40代、50代、60代の人にはランニングが筋トレよりおすすめ

 

2-3.ゲームや読書、テレビ、映画のコストパフォーマンスはゼロ

オンラインゲームや読書をしたり、テレビや映画の視聴をすることは無料です。しかし、これらは楽しいですが、健康効果や医療費の削減につながらないので、コストパフォーマンスはゼロです。読書をすることで何かを学ぶことはあるでしょうが、それには金銭的な価値はありません。

読書や自己啓発本は役に立たない?

読書の代表例の1つに自己啓発本があります。
自己啓発本は一時的に流行したことがあり、多くの人は自己啓発本を読んだでしょうが、それらの本を読んでも何も変化がなかったはずです。学ぶことは楽しいことですが、コストパフォーマンスはゼロです。もちろん、その自己啓発本で学んだことを実際に役立てるなら別ですが。

 

3.おわりに

お金がかからなくてコストパフォーマンスが高い趣味を探している人には、ランニングをすることをおすすめします。ランニングの1年あたりの費用は10000円ほどですし、ランニングは医療費を削減するので金銭的なコストパフォーマンスがあります。

ランニングに熱中するようになると、マラソン大会の参加費やマラソン大会への移動費、宿泊費が必要になります。しかし、趣味に熱中するとお金がかかるのはどの趣味も同じですから、ランニングが劣っているわけではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です