ランニングやジョギングは水泳より痩せる。ダイエットするなら走るほうがいい

ランニングやジョギングは水泳より痩せることができます。ランニングは水泳より運動強度が高いので、多くのカロリーを消費できるからです。

この記事では、ランニングやジョギングは水泳よりダイエットに適している理由を紹介します。ダイエットに興味がある人は参考にしてみてください。

1.ランニングやジョギングが水泳より痩せる理由

ランニングは水泳より運動の頻度を増やせるから

ダイエットをするには、1週間に5日程度の運動が必要です。ランニングやジョギングは簡単に運動を始めることができるので、頻度を増やすことが簡単です。
時間がないときには、家の周辺を走るだけでも十分です。

水泳はプールに通う必要がありますから、運動の頻度を増やすことが難しいです。プールが近くにあれば大丈夫ですが、わざわざプールに通うことは煩わしいです。

土日や休日だけプールに通うのでは、頻度が足りないので痩せません。1週間に1回や2回の水泳をしても、その消費カロリーは少ないからです。

プールに通う回数を減らす代わりに、1回の水泳の時間を長くする方法もありそうです。しかし、運動の頻度が少ない人は体力が続きません。

これはランニングやジョギングでも同じです。土日にまとめてトレーニングすることができるのは、上級者だけです。運動不足や肥満の人が真似することはできません。

 

水泳は運動以外の時間が長い

水泳の問題の1つは、水泳以外の時間が長いことです。水泳にはプールに移動する時間がかかります。水泳の前後には着替えが必要ですし、水泳後にはシャワーが必要です。

例えば、プールで30分間の水泳をするとして、往復の移動時間に30分間、着替えとシャワーで30分間かけるのは無駄です。

これに対して、ランニングは運動以外の時間がほとんどかかりません。家から走れば移動時間はかかりませんし、ランニングウェアを着る時間は数分、ランニング後のシャワーは5分ほどです。

水泳のために車で30分間の移動をするより、家の周辺を走ったほうが痩せます。家からプールへの移動時間が短い場合には、気にする必要はありませんが。

 

ランニングは水泳より消費カロリーが多い

ランニングと水泳の消費カロリーは、以下のようになります。

 
ランニング 水泳
運動強度
(メッツ)
7~10 5~10
運動時間
[分]
30分~60分 30分
カロリー
[kcal]
1.05×メッツ×時間×体重[kg]
ランニングのほうが多い

水泳は水の抵抗に逆らって運動するので、運動強度が高くなります。しかし、水の浮力に助けられるので、運動強度は少なくなります。全体として、水泳の運動強度は高くなりません。水泳の運動強度はランニングとほとんど同じです。

運動時間に関しては、ランニングは水泳より長くなります。ランニングは移動時間がかからないので、運動できる時間が増えるからです。

消費カロリーに関しては、ランニングは水泳より多くなります。ランニングの運動強度は水泳より高いですし、運動時間も長くなるからです。
ランニングは水泳より、カロリーが少なくなることはありません。

 

2.水の温度と消費カロリー

水泳をすると水に体温を奪われるので、体は体温を維持するために多くの発熱をするようになって、消費カロリーが増えるという考えもあります。

しかし、水泳をしている際には、体は体温を維持するための発熱をしません。この理由は泳ぐと多くの熱を発するので、体温を維持するための発熱が不要だからです。水泳中に寒さを感じなければ、体温は低くなっていません。

ジムのプールの水温は快適に設定されていますから、寒さを感じることはないでしょう。泳いでいるときにも寒さを感じるなら、それは水泳の運動強度が低いということでもあります。

水泳中は気づきませんが、水泳をしている人は水の中で汗をかいています。これは体が熱を外に逃がしているわけですから、体温を維持するための発熱はありません。

 

3.私はランニングで痩せた

私は趣味でランニングをしていますから、私の体重を参考として紹介します。

私は1983年生まれの男性で、身長は181cmで体重は62kgです。私は一般のランナーですが、水泳のアスリートより痩せています。

一般のランナーが水泳のアスリートより痩せるのは、おかしいと思うかもしれません。しかし、水泳では浮力を得るために脂肪が必要ですから、あまり痩せません。

反対に、ランニングはほとんど脂肪を必要としないので、かなり痩せます。フルマラソンを走るのに必要なカロリーは体重にもよりますが、2000kcal~3000kcalです。ランナーには300g~500gの脂肪があれば十分です。

以下の記事で、私がランニングを継続したときの体重の変化を紹介しましたので、参考にしてみてください。

月間200kmのランニングを継続したときの体重と体脂肪率、基礎代謝の変化

 

4.おわりに

この記事では、ランニングやジョギングは水泳よりダイエットに適していることを紹介しました。しかし、痩せたり健康になるためには、必ずしも効率だけを追求する必要はありません。

水泳が好きな人は水泳をしたらいいですし、ランニングやジョギングが好きな人は走ってください。好きな運動を継続するのが1番です。

私は2013年から趣味でランニングをしていますが、ランニングが継続した理由はランニングが好きだからです。好きなものを継続することは簡単です。ランニングと水泳のどちらを選んでも、1年ほど続ければ痩せると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です