砂利道ランニングに効果はないです

公開日:2019/02/14 最終更新日:2020/09/30

砂利道のランニングに興味がありませんか?砂利道ランニングは不整地トレーニングの1つですが、足場が乱れやすいので危険なトレーニングでもあります。

この記事では、砂利道でのランニングをしないほうがいい理由を紹介します。砂利道でのランニングを避ける必要はありませんが、砂利道でランニングをするときの注意として参考にしてみてください。

砂利道でランニングしないほうがいい理由

足元が乱れてうまく走れない

砂利道でのランニングは足元が乱れやすいので、うまく走ることができなくなります。足首や膝への負荷が大きくなって、長期的には故障の原因になります。たまに砂利道でランニングするしても問題ありませんが、定期的にするものではありません。

 

砂利道への適応は不要

砂利道でランニングすると、砂利道に適応できるという考え方もあります。確かに、砂利道に慣れるには砂利道を走る必要があります。

しかし、タイムを追及したり趣味でランニングをする人は、砂利道に慣れる必要がありません。砂利道を走ることが上手くなっても得をしません。ハーフマラソンやフルマラソンを目標としている人は、砂利道ランニングをする必要がありません。

トレイルランニングをする人に限っては、砂利道ランニングをしてもいいでしょう。

筋肉を鍛えるならレペティション

砂利道ランニングは不整地トレーニングの1つです。不整地トレーニングは砂利道などでトレーニングして、普段は使われない筋肉を鍛えるものです。普段使っていない筋肉を鍛えたい人には、レペティションかショートインターバルトレーニングがおすすめです。

レペティションやショートインターバルトレーニングは、短い距離を速いスピードで走って休憩することを繰り返すものですが、ふくらはぎや足首などへの負荷が高いので筋トレとしての効果もありますし、道路ですることができます。

 

負荷が低い

砂利道ランニングでは、足場が不安定でランニングのスピードが遅くなりますので、トレーニングになりません。ランニングで鍛えるべきものの1つは最大酸素摂取量VO2Maxですが、ゆっくり走ってもこれを鍛えることができません。

レペティションやショートインターバルトレーニングをすると、普段使われない筋肉だけでなく最大酸素摂取量VO2Maxを鍛えることもできます。砂利道ランニングよりもおすすめです。

 

転んだら怪我する

砂利道は足元が安定しなくて転びやすいので、怪我をする可能性があります。ほとんどの人はランニングで転びませんが、それは足元がしっかりしている道路などでランニングをしているからです。

砂利道でランニングすると、転ぶ可能性が大きくなりますし、足首をひねる可能性もあります。砂利道は尖った細かい石が多いので、転倒した場合には手と膝を痛める可能性があります。

転んで怪我をする可能性があるのはアスファルトの道路やトラックでも同じですが、砂利道はその危険が高まります。

砂利道にはさまざまなサイズの石がありますから、大きい石をまともに踏みつけると足の裏を痛める可能性があります。母趾球や踵などに痛みがある人は砂利道でのランニングをするべきではありません。

私はランニングで大きな石をまともに踏んで、母趾球が痛くなったことがあります。私の注意が足りなかったのかもしれませんが、足元に集中しながらランニングをする人はいないでしょう。足元に集中しないと危険なコースを選ぶ必要はありません。

 

砂利道ランニングの効果

砂利道に慣れる

砂利道ランニングの効果は、足が砂利道に慣れることです。トレイルランニングやクロスカントリーをする人など、砂利道ランニングをする予定がある人に限っては、砂利道ランニングが必要です。

砂利道でランニングをするのは構いませんが、ゆっくり走るようにしてください。ゆっくり走るのであれば転倒したり、転んで怪我をする可能性が小さくなります。

1人でランニングをする場合には問題ありませんが、グループでランニングをする際には、蹴った小石が他の人にぶつからないように配慮してください。グループで密集してランニングするなら、砂利道は難しいコースです。

 

脳トレ

砂利道ランニングには脳トレの効果があるかもしれません。砂利道を走るには注意が必要ですから、ぼやっと走ることができないからです。しかし、ほとんどの人は砂利道ランニングに脳トレの効果を求めていないでしょう。

ランニングをする人は若いでしょうから、運動に関する脳トレが必要な年齢でもありません。普通に走れば十分です。

 

ランニングに飽きない

道路でのランニングに飽きた人は、砂利道を走ると楽しいでしょう。ランニングはトレーニングだけではありませんし、楽しみで走ることもいいと思います。

私はランニングに飽きると、普段はいかないエリアをランニングで散策することがあります。こっちのほうが砂利道ランニングよりも面白いですよ。私は砂利道ランニングを試しましたが、面白いと思いませんでした。

 

砂利道ランニングのまとめ

砂利道ランニングをしても構いませんが、危険性が高いのに効果がありません。トレーニングとしての効果を求めるなら、砂利道ランニングは無駄です。

プロのアスリートでも、砂利道ランニングをしません。アスリートがしないなら、一般人が真似する必要もありません。トレーニングとしてのランニングを求めるなら、インターバルトレーニングなどをしたほうが確実です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です