貯金できない人はランニングで健康貯金するべき

お金がなくて貯金できないですか?お金の貯金ができないなら、健康を貯めること(健康貯金)がおすすめです。健康を貯金すると医療費を節約することになって、お金を貯金しているのと同じ効果があります。

健康貯金でおすすめの方法はランニングです。ランニングすると運動不足や肥満を解消できるので、健康を貯金することにつながります。ウォーキングなどの方法もありますが、ランニングのほうが健康効果に優れています。

この記事では、ランニングで健康を貯金するべき理由を紹介します。お金の貯金ができない人は、健康を貯金してみてください。

1.お金を貯金できない人にランニングがおすすめの理由

1-1.健康を貯金できるから

お金がないと貯金することはできませんが、節約することはできます。節約で大きな効果があるものの1つは、医療費を節約することです。

若い人には関係がありませんが、40代以上になると医療費がかかります。多くの人が高血圧や糖尿病になって医療費がかかりますし、肥満だと症状がさらに悪化します。

ランニングで健康を維持することは健康を貯金しているのと同じです。ランニングで健康になると回避できる可能性がある病気は以下のものです。

  • 肥満
  • 糖尿病、糖尿病の合併症
  • 高血圧
  • 足や膝の痛み

 

1-2.すぐに効果があるから

ランニングで健康貯金をすると、その効果はすぐに現れます。体重が減ったり血圧などが改善したり、フットワークが軽くなるからです。ランニングを始めて数か月後には、大きな効果を感じることができます。

お金の貯金が役立つのは何年も後になってからであり、効率的ではありません。

例えば、貯金が役立つのは家や車などの大きな買い物をするときや定年退職してからであり、貯金の効果が現れるには少なくとも数年が必要です。

お金の貯金は必要ですが、ランニングによる健康貯金のほうが効率的です。もちろん、理想的なのはお金と健康の両方を貯金することですが。

 

1-3.ランニングは安い趣味だから

お金を貯金するには支出を減らす必要がありますが、ランニングを趣味にすると娯楽費を節約できます。

ランニングにも多少のお金はかかりますが、必要な金額はかなり少ないです。
例えば、私は毎月200kmのランニングを続けていますが、1年間のランニングで必要なものは以下のものです。

  • 3足か4足のランニングシューズ
  • 栄養補給のためのサプリメント
  • ランニングウェア(一度買えばずっと使える)

これらの金額を合計すると、私が1年間のランニングで使う金額は15000円~20000円ほどです。パチンコなどのギャンブルでは1日に数万円ほど必要ですから、ランニングが非常に安い趣味だといえます。

ランニングにかかる費用に関しては、以下の記事で詳しく紹介しましたので、参考にしてみてください。

お金がかからない趣味でコスパが高いのはランニング。1年間で10000円で十分

 

2.高血圧や糖尿病の医療費

高血圧や糖尿病になったことがない人は、これらの治療にかかる費用を知らないかもしれません。これらの治療にかかる医療費を理解すると、健康貯金をする気になります。

高血圧や糖尿病の治療費には個人差がありますが、それぞれ月額で5000円以上かかることがあります。毎月、病院に通院して診断を受ける必要がありますし、薬を一生やめることもできません。40代の人が糖尿病や高血圧になると、残りの人生は通院を続けることになります。

高血圧と糖尿病を併発していたり、合併症として別の病気にかかったりすると、必要な金額はさらに大きくなります。例えば、合併症として腎臓の病気になると医療費はかなり高額になります。

 

3.お金がかかる趣味をやめる方法

ギャンブルやアルコール、たばこなどを趣味にしている人は、これらをやめてランニングを趣味にしてみてください。私の友人にもいますが、ギャンブルをするせいで貯金できない人は多いです。

ランニングは大変に見えますが、社会人や大人が熱中する趣味です。ランニングに熱中している人には、平日でも1日に1時間以上のランニングをする人は多いです。

私はランニングを趣味にしていますが、パチンコやゲームをする時間があるならランニングします。パチンコやゲームをすると時間がもったいないと感じますが、ランニングならそう思いません。

 

4.おわりに

この記事では、健康貯金の方法としてランニングを紹介しましたが、ウォーキングやサイクリングをする方法もあります。どの運動をするかは個人の好みですから、好きなものを選んでください。

サイクリングの健康貯金の効果はランニングに劣りますが、交通費を節約することにつながります。電車通勤や車通勤をやめることができるなら、サイクリングをしてもいいかもしれません。車を持たなければ、大きな節約になります。

現代の人は長生きしますから、その平均寿命は90歳を超えます。50代や60代の人がランニングを始めても、残りの人生を健康に生きることに役立ちます。
ランニングをするのに遅いということはありません。
最近では、60代でランニングをしている人も珍しくありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です