ランニングや趣味で節約するより、新聞や通信費を節約するほうが効果的

ランニングやジョギングなどの趣味をもっている人は、この費用を節約したいかもしれません。しかし、ランニングやジョギングのために節約するなら、新聞や通信費を節約するのがおすすめです。効果が高くて簡単だからです。

この記事では、ランニングやジョギングで節約するより、新聞や通信費を節約することをおすすめします。

1.新聞を節約する

新聞は定期購読するものですから、契約していると費用が発生し続けます。ランニングやジョギングの費用を節約するよりは、新聞の費用を節約するほうが効果的です。

新聞の定期購読の費用は、1か月あたり3000円~5000円ほどです。ランニングやジョギングをしている人は、新聞をやめるだけで必要なお金を確保できます。ジュースやランニンググッズを細かく節約するより簡単です。

新聞がないとランニングシューズが雨に濡れたときに困りますが、そのときにはコンビニなどで1回だけ新聞を買う方法もあります。

ランニングシューズを乾かす方法は他にもありますから、新聞紙がなくても困らないでしょう。

 

新聞をやめるテスト

新聞を定期購読している人は、新聞をやめることが怖いかもしれません。新聞はあると便利ですし、ないと困るかもしれないからです。

この場合には、新聞を見ない生活を2週間ほど続けてみてください。この新聞は無駄になりますが、新聞がなくても困らないかチェックできます。

私は新聞を見ない生活をしたことがありますが、困ったことはお悔やみをチェックできないことだけです。しかし、お悔やみをチェックするために1か月に3000円~5000円を払うことはしません。

お悔やみをチェックする必要があるのは、地元に長年住んでいる人だけです。住んでいる地域に友人や知り合いが少ない場合には、お悔やみをチェックする必要はありません。

私は地元に住んでいますが、お悔やみをチェックしていません。私はまだ若いので、お悔やみをチェックする年齢ではないからです。

 

2.通信費を節約する

最近の携帯電話の通信費は高いですから、これを機会に見直してみてください。格安のプランを提供する業者もありますし、必要な金額を大幅に削減できるかもしれません。

例えば、1か月あたりの通信費を3000円~5000円ほど減らすことができれば、新聞を節約するのと同じ効果があります。携帯電話は生活や仕事に必要ですから、解約するのは難しいです。プランを見直してみてください。

他にも、新しいスマートフォンにこだわらない方法もあります。スマートフォンは新製品が多く発売されますが、必ずしも必要とは限りません。

新しいスマートフォンにこだわるよりは、ランニンググッズを揃えるほうがおすすめです。例えば、ランニングを趣味にしている人は、スマートフォンよりランニングウォッチを使う時間のほうが長いからです。

 

3.ランニングやジョギングのお金は節約しない

ランニングやジョギングのお金を節約するのは構いませんが、節約しないことをおすすめします。一般人が趣味でランニングするくらいなら、ランニングやジョギングのお金はあまりかかりません。

ランニングで節約できるのは、ジムやランニングシューズの費用くらいです。しかし、古くなったランニングシューズを履き続けて怪我すれば、治療費が高くなります。

ランニングシューズの費用は1か月あたり1000円もかからないでしょうから、ほとんど節約できる見込みはありません。ランニングシューズを節約するよりは、他の節約をするべきです。

補給食の費用などもありますが、毎日かかるものではありません。

 

4.簡単な節約は続く

私は趣味でランニングしていますが、ランニングで細かく節約するのは面倒でした。ジュース代を節約する方法もありますが、快適なランニングができなくなります。

これらのことを考えると、毎日のランニングで節約するより新聞や通信費を節約するほうが簡単です。契約の解除や変更は1回でできます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です