ランニングにおすすめの曲と注意点。ランニングで音楽を聞くのは危険?。

ランニングをしている人はランニングにあった音楽に興味がありませんか?ランニングをすると暇に感じることも多いですから、音楽などで暇を防ぎたい人もいるでしょう。

ランニングで音楽を聞くのは構いませんが注意点があります。それは音楽を聞くと周りの音が聞こえなくなるので、車や他の人と衝突する可能性があることです。

この記事では、ランニングにあったおすすめの音楽と、音楽を聞く際の注意点を紹介します。

1.ランニングにおすすめの曲

ランニングにあった音楽にはいろいろありますが、テンポが良くてサビで盛り上がるものがおすすめです。聞いていて気分が良くなりますし、サビのところでちょっとだけスピードを上げる気にもなります(笑)。

おすすめの曲をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください(敬称略)

洋楽:

  • I will survive:Gloria Gaynor
  • Adagio:Lara Fabian

 

邦楽:

  • Driver’s high:L’Arc〜en〜Ciel
  • Missing you:GLAY
  • 恋はスリル、ショック、サスペンス:愛内里菜
  • アンビリーバーズ:米津玄師
  • ぼくたちは天使だった:影山ヒロノブ
  • yellow yellow happy:ポケットビスケッツ
  • 負けないで:ZARD
  • 栄光の架橋:ゆず

 

2.おわりに

ランニングに飽きたときには、音楽を聞いて楽しくランニングをしてみてください。ランニングを続けるには、多少の楽しみも必要です。

ランニングの飽きや暇を解消する他の方法には、ランニングのスピードやタイムを伸ばすための本格的なトレーニングをすることがあります。タイムが伸びてくるとランニング自体が面白くなりますし、辛くて本格的なトレーニングをしているときには音楽を聞いて気を紛らす必要もありません。

 

ランニングで音楽を聞くときの注意

音楽を聴きながらランニングをする際には、周囲の安全にも十分に注意してください。周囲の音が完全に聞こえない方法で音楽を聴くと、車に気がつかなかったり他の歩行者にとって危険になります。

明るい時間帯なら問題がないかもしれませんが、夜に音楽を聞きながら走るのはやめたほうがいいでしょう。音楽を聞いているランナーが1人なら問題ないかもしれませんが、音楽を聞いている2人のランナーは衝突する可能性があります。

ランニングのスピードに関しては、ペースが5分/km以下なら音楽を聞いても問題ありませんが、これより早いペースでランニングをするときには、音楽を聞かないほうがいいでしょう。このペースのランニングでは音楽を聞く余裕がありませんし、自転車より早いので危険です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です