ランニングにおすすめの補給食はブドウ糖やチョコレートと飴。糖の吸収が早くてエネルギーになりやすい

ランニングやマラソンを趣味にしている人は、効率的な補給食に興味がありませんか?補給食にはいろいろなものがありますが、タイムを追求する人は補給食にこだわる必要があります。

効率的な補給食としておすすめのものは、ブドウ糖やチョコレート、飴です。ブドウ糖は糖の吸収が十分に早いですし、チョコレートや飴は手軽で糖の吸収も早いからです。

クッキーなどの固形物でも補給食になりますが、糖が吸収されるのに時間がかかります。ランニングの補給食としては、固形物だけでは効率的でありません。

この記事では、ランニングの補給食におすすめのものを紹介します。マラソン大会などでタイムを追求する人は参考にしてみてください。
この記事はスポーツのエネルギー補給に関するものであり、糖尿病の人には参考になりません。

1.ランニングにおすすめの補給食はブドウやチョコレートと飴

ランニングにおすすめの補給食はブドウ糖かブドウ糖を含むもの、チョコレートや飴です。この理由は以下のものです。

 

1-1.糖の吸収が早いから

食べ物の糖の吸収に必要な時間は、食べ物によって違います。ランニングの補給食としておすすめのものは、糖の吸収が早いブドウ糖か溶けやすいものです。

ブドウ糖はそのまま吸収されるので、分解される必要がありません。ブドウ糖が吸収される時間は数分程度です。

チョコレートや飴は唾液に溶けるので、食べてから糖が吸収されるまでの時間が短くなります。しかし、チョコレートや飴の糖はブドウ糖に分解されてから吸収されるので、吸収の速度はブドウ糖に劣ります。

ランニングと少し違いますが、糖尿病の人は低血糖による発作が起きることがあります。発作が起きると、糖尿病の人はブドウ糖を食べることで糖を吸収して、血糖値を上げます。ブドウ糖がない場合には、チョコレートや飴を食べることもあります。

 

1-2.持ち運びが簡単だから

運動をする人がパフォーマンスを維持するには、運動中も糖を吸収し続ける必要があります。運動中に必要な糖の量は意外に多くて、1時間で数十グラムといわれています。これだけの量の糖を持ち運ぶには、ブドウ糖やチョコレートと飴がおすすめです。

ブドウ糖やチョコレートと飴はかさばらなくて軽いので、簡単に多くの糖を持ち運ぶことができるからです。

スポーツドリンクを持ち運ぶ方法もあります。スポーツドリンクは液体であり糖の吸収が早いですが、重くて持ち運ぶことが難しいという問題があります。ランニングでタイムを追求する人には、スポーツドリンクを携帯することは適していません。

もちろん、スポーツドリンクに含まれる糖がブドウ糖でない場合には、その吸収速度はブドウ糖を食べる場合より遅いです。

 

2.ランニングにおすすめの補給食の組み合わせ

糖の吸収を効率的にするには、複数の食べ物を組み合わせることがおすすめです。理想的な組み合わせはブドウ糖やチョコレートと飴、固形物の補給食です。

補給食の順番としては、最初に糖の吸収が早いブドウ糖やチョコレートと飴を食べるのがおすすめです。
次に、固形物の補給食を食べるようにしてください。固形物の補給食には多くの糖が含まれていますから、十分な量の糖を確保できます。

ブドウ糖やチョコレートと飴だけにしても構いませんが、たくさん食べるのは辛いですし、喉が渇くようになるかもしれません。

 

3.補給食にならないもの

ダイエットを目的としてランニングをしている人は、砂糖が含まれていない飴を食べているかもしれません。しかし、このタイプの飴は糖を含んでいないので、エネルギー補給になりません。

人工甘味料も同じであり、カロリーがないものは補給食になりません。

 

4.おわりに

ブドウ糖やチョコレートと飴に関しては、おすすめのものはありません。ランニングの呼吸の妨げにならないように、口の中で溶けたりかみ砕けるものがおすすめです。また、かみ砕けるものは唾液に溶けるので吸収も早くなります。

ブドウ糖やブドウ糖を含む飴にこだわると、補給食のコストが高くなるかもしれません。この場合には、マラソン大会の本番やタイムトライアルに限って、ブドウ糖を含む食べ物を補給食にする方法もあります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です