秋や冬にランニングを始めるのに必要な服装と費用

ランニングを始めることに興味がある人は、どんなものを買えばいいか、どれくらいの費用が必要かを知りたいでしょう。趣味としてランニングをする人の場合は、最初に必要な費用は5000円程度です。

秋や冬は気温が低くて走りやすく熱中症などの問題も起きないので、ランニングを始める季節としておすすめですが、寒さに対する対策が必要になります。私は2013年から趣味でランニングをしていますので、ランニングウェアやランニングシューズに関して注意するべきことを知っています。

この記事では、新たに秋や冬にランニングを始めようとしている人に、ランニングに必要なものと予算を紹介します。

 

1.ランニングに必要なものと費用

趣味や運動不足の解消、ダイエットを目的とするランニングの場合にはタイムを追求しないでしょうから、服装は運動に適したものであれば十分です。

1-1.ランニングシューズ

ランニングシューズに関しては、必ずランニング用のものが必要です。ウォーキングや普段履きのものではクッションが十分ではないので、走っていると足の裏や足首、膝に負担がかかって痛くなる可能性が高いです。

ランニングシューズにもいろいろな価格帯がありますが、初心者用で4000円~5000円程度のシューズをおすすめします。高いシューズは上級者用のもので、限界まで軽量化された結果、クッション性に劣ることがあります。膝や関節が十分に強化されていない初心者が上級用のシューズを履くと怪我をするだけです。

普段履きとして履いているシューズがランニングシューズならそのまま使うこともできますが、靴底が摩耗しているなら新しいものを買うことをおすすめします。また、何年も履いていると外見からは見えませんが、クッションの内部が劣化していることもあります。

道路が凍結している場合

道路が凍結してる場合には、危険ですから走らないことをおすすめします。凍結した路面用のランニングシューズもありますが、転倒したり車と衝突する危険を冒してまで、走ることはありません。

道路に雪が積もっている場合

道路に雪が積もっている場合には、道路が凍結しているときほどの危険はありませんが、雪で足を取られてしまいます。私なら、道路が凍結していないことを確認してから、通常のランニングシューズでゆっくり走ります。

 

1-2.ランニングウェア(上)

ランニングで着るための上着は動きやすければよく、春に着るような薄い長袖の服で十分です。走っていると汗がでるほど温かくなります。

冬には長袖の服だけでは寒いでしょうから、ウィンドブレーカーも着るべきです。走る速度や気温によって違いますが、5分/km程度の速度で走るならウィンドブレーカーもいらないかもしれません。

 

1‐3.ランニングウェア(下)

2つのスタイルがあり、どちらか好きなものを使うといいでしょう。

長ズボン

初心者の場合には、普段着の長ズボンか夏用の薄いジーパンを履いて走ることをおすすめします。ランニングが面白くなってタイムを意識するなら、ハーフパンツとランニングタイツの組み合わせをおすすめします。

スポーツ用でない長ズボンを履くと走りにくいですし、ハーフパンツを履いて走る場合と比べてタイムも悪化しますが、あまり困らないでしょう。参考までに、私が長ズボンで走ると5秒/km程度のタイムが遅くなります。

夏用のハーフパンツとランニングタイツ

長ズボンとは異なり、ランニングタイツは足首まで長さがあっても、膝の動きや走ることを妨げません。しかし、ランニングタイツは体のラインがはっきりと見えてしまうので、女性はこれだけで走ることをためらうでしょう。その場合には、ランニングタイツの上に夏用のハーフパンツを着用することをおすすめします。

 

1-4.手袋

冬のランニングには手袋が必須です。早く走る場合には手袋をとることもありますが、体が温まるまでの20分間程度は手袋がないとつらくなります。

手袋は洗うことができるものがよく、革製のものはおすすめしません。軍手では寒さを十分に防ぐことができないでしょう。

 

1-5.おすすめの組み合わせの1例

私がランニングを始める人にランニングウェアをアドバイスするなら、以下の組み合わせを選びます。

  • ランニングウェア(上):春の長袖の普段着を使用
  • ランニングウェア(下):夏用のジーパンか普段着の長ズボンを使用
  • ランニングシューズ:新規に5000円程度のシューズを購入
  • 手袋:通勤や通学で使う手袋

この組み合わせでランニングをしてみて、ランニングを1か月間続けることができたら、スポーツ用のハーフパンツとランニングタイツを買うことをおすすめします。ランニングタイツには色々な値段のものがありますが、まずは安めのものを買ってみて満足すれば高いものを買うことをおすすめします。洗濯用に予備のものがあっても困りません。

ランニングタイツでおすすめのものはこの記事で紹介しています。

TESLA オールシーズン ロング スポーツタイツ MUP09の評価・レビュー

選び方がわからない場合には、セットの商品を買うこともおすすめです。

 

2.私のランニングウェア

参考までに、私が2018年の秋と冬のランニングで使っているランニングウェアを紹介します。私はランニング歴5年程度で、毎日10km、1か月に200km程度を走ります。持久力を鍛えるためのトレーニングも行っていますが、本格的にタイムを追求するランナーではありません。

  • ランニングウェア(上):スポーツ用の長袖と薄めのウィンドブレーカー
  • ランニングウェア(下):ハーフパンツとTESLA オールシーズン ロング スポーツタイツ MUP09
  • ランニングシューズ:Adidas glx 4 m
  • 手袋:毛糸の手袋
  • ストップウォッチ:CASIO F-200

4分30秒/km程度で走っていると体が温かくなりますので、ランニングの途中で服を肘のところまでめくり上げたり、手袋を外して体温を調整します。

 

3.おわりに

秋や冬のランニングでは熱中症になりませんが、風邪をひいたり低体温症になる可能性もあります。走っている間は寒さが気になりませんが、疲れて歩くようになると寒さが辛くなりますので、ランニングに慣れない間は遠くまで走らないほうがいいでしょう。

春や夏にランニングを始めるのに必要なウェアと費用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です