早朝ランニングと昼や夜のランニングの効果の違い。おすすめは昼や夜のランニング。

ランニングに興味がある人は、どの時間帯(早朝や朝、昼、夜)にするか悩んでいませんか?昼や夜にするランニングは早朝ランニングよりおすすめです。

早朝ランニングをしても構いませんが、体が動かないので軽いランニングしかできませんし、ランニングの後にシャワーを浴びる必要があるので面倒です。
早朝ランニングをするべき人は、本格的にランニングのタイムを追及するアスリートや学生だけです。

この記事では、早朝ランニングとそれ以外(朝、昼、夜)のランニングの違いを紹介します。

1.早朝ランニングとそれ以外のランニングの違い

早朝ランニングとそれ以外(朝、昼、夜)のランニングでは、やり方や効果に違いがあります。これらの違いを以下の表に紹介します。

早朝ランニングと早朝以外のランニングが違う理由は、体の動きです。
早朝ランニングでは、体があまり動かないので軽いランニングしかできません。早朝以外のランニングでは、体が十分に動くので自由にランニングできます。

 
早朝ランニング 早朝以外のランニング
(朝、昼、夜)
強度 軽い 自由
(軽い~激しい)
速度 ゆっくり
(5分/km~7分/km)
自由
(3分/km~7分/km)
消費
カロリー
体重[kg]×距離[km]
時間 短い
(10分~30分)
自由
(30分~120分)
距離 短い
(3km~6km)
自由
(5km~15km)
良いこと 仕事や勉強の脳トレ
距離を稼げる
本格的な
トレーニングができる
悪いこと シャワーが必要
トレーニングにならない
なし

ランニングの速度や時間には個人差がありますから、一般的なものを紹介しました。早朝に1時間のランニングをする人もいますが、ほとんどの人には難しいです。

ランニングの後に学校や会社に行くことを考えると、30分程度の軽いランニングが現実的でシャワーも必要です。

 

2.ランニングの時間帯の選び方

ランニングの目的には運動不足の解消やダイエット、ランニングのタイムの追及などがあります。自分の目的に合わせてランニングの時間帯を選ぶのがおすすめであり、すべての人にはあてはまる正解はありません。

 

2-1.運動不足を解消したい人

運動不足の解消が目的の人はどちらでも構いませんが、夜のランニングのほうが簡単です。シャワーを浴びる回数が1日に1回で済むからです。

30分程度で5kmのランニングをすると運動不足を解消できて、基礎的な体力をつけることができます。これ以上のランニングは不要です。

 

2-2.ランニングでダイエットや健康の維持、体力をつけたい人

ランニングでダイエットや健康の維持、体力をつけたい人には、早朝以外のランニングがおすすめです。

早朝ランニングでは距離が短いので消費カロリーが少ないですし、ランニングの強度が低いので体力をつけることもできません。
例えば、1時間や10kmのランニングができる体力をつけるには、昼や夜のランニングがおすすめです。

 

2-3.ランニングが面倒な人やこだわりがない人

ランニングが面倒な人には、早朝以外のランニングがおすすめです。

早朝ランニングだと起床時間を早める必要がありますし、ランニングが終わったらシャワーも必要で面倒です。しかし、早朝以外のランニングではこれらが不要です。

私は趣味でランニングしていて、2013年から6年以上続いています。私のランニングが続いた理由の1つは、早朝以外の時間帯にランニングしているからです。早朝だと時間の調整が難しいので、やめてしまうと思います。

ランニングに限ったことではありませんが、自分がやりやすい時間帯にランニングするのがおすすめです。ランニングにこだわりがなくてとりあえずランニングをしようと思っている人には、早朝以外のランニングがおすすめです。

 

2-4.趣味でランニングのタイムを追及する人

趣味でランニングのタイムを追求する人は早朝ランニングでは不十分ですので、早朝以外のランニングをするべきです。早朝ランニングは負荷が低いので、運動能力を高めることができません。

運動能力を高めるにはインターバルトレーニングなどをする必要がありますが、早朝にインターバルトレーニングをすることはできないでしょう。また、早朝に10kmやハーフマラソンの練習をすることは難しいです。

 

2-5.学生やアスリート

学生やアスリートは両方のランニングが必要です。早朝ランニングは月間走行距離を稼ぐためのものであり、早朝以外のランニングはトレーニングとして運動能力を高めるためです。

例えば、早朝に5kmのランニングをすると、月間走行距離を100km程増やすことができます。月間走行距離が100kmも増えると、ランニングのタイムが伸びます。

早朝以外のランニングでハードなトレーニングをするなら、早朝ランニングは不要です。アスリートには早朝ランニングをしない人もいます。

 

3.おわりに

早朝とそれ以外の時間帯のどちらにランニングしようか悩んでいる人には、早朝以外のランニングをおすすめします。早朝ランニングは時間の調整が難しいですし、シャワーが面倒です。

早朝以外にランニングをするなら、時間帯はいつでも構いません。私は18時~20時にランニングすることが多いですが、休日には昼頃にすることもあります。

早朝にランニングしても、基礎代謝はあがりませんしダイエット効果も同じです。私はランニングをしているので知っていますが、ランニング後が終わったら体温は元の状態に戻るので、脂肪燃焼効果は続きません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です