エアコンの臭い対策にはクリーン運転が効果的

夏の暑い時期にはエアコンが必須ですが、エアコンが匂うこともあるのではないでしょうか。私は夏だけエアコンを冷房として使っていますが、部屋のエアコンから酸っぱさ、湿気、かび、ほこりなどが入り混じった耐えることができないほどの匂いがして、掃除をしたこともあります。エアコンのかびやほこりを放置しておくと、肺や気管支などの呼吸器系の病気になるかもしれません。

この記事では、私がエアコン(日立の白くまくん)の匂いを解決した方法を紹介します。

 

フィルターの掃除

フィルターの掃除はエアコンの匂い対策の基本であり、フィルターにはほこりやかび、黄ばみなどの変色があるので、できるなら水洗いをお勧めします。
しかし私のエアコンの場合、フィルターの水洗いをしても一時的に匂いが消えるだけで、数時間後に少しだけ和らいだ匂いがするようになりました。

 

数回のクリーン運転

冷房によって発生したエアコン内部の水分などを除去するクリーン運転や、送風運転などのメンテナンス機能を搭載しているエアコンなら、ぜひこれを試してみてください。クリーン運転を1回するだけでも効果がありますが、ポイントは何回も行うことであり、冷房中の匂いをかなり軽減できます。なおクリーン運転の際には匂いがでるので、外出するときに実行すると便利です。

クリーン運転は冷房ではなく消費電力も少ないので、エアコンを使用した後は毎回行ってもいいでしょう。エアコン専用の洗浄剤もありますが、私のエアコンの場合にはクリーン運転で十分であり、洗浄剤は不要でした。

 

おわりに

エアコンの匂いを完全に除去することは難しく、将来的には業者に内部の洗浄などのメンテナンスを依頼する必要があるのかもしれませんが、それなりの金額になるのではないでしょうか。しかし毎回の使用後にクリーン運転をすることによって、十分に効果が得られるかもしれません。
また、クリーン運転をすることはフィルターの掃除をするよりも時間や手間の点で手軽であり、高齢者のように自分ですることが難しい場合にも簡単です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です