引きこもりやニートの8050問題の解決には、生前贈与の遺産相続がおすすめ

引きこもりやニートは収入がないので、将来に不安を感じていませんか?引きこもりやニートの将来の経済的な問題を解決するには、生前贈与(遺産相続)で早めに対処することがおすすめです。

8050問題は親が80代で亡くなった後、その50代の引きこもりの子が経済的に困窮するという問題ですが、親が亡くなるまで対処を待つ必要はありません。生前贈与を使うと、もっと早い段階で対処することができます。
例えば、引きこもりの子が30代のときに将来のための対処をするなら、8050問題を回避することができます。

この記事では、引きこもりやニートの8050問題や将来の経済的な問題を解決するために、生前贈与(遺産相続)を使う方法を紹介します。引きこもりやニートの人、その家族の人は参考にしてみてください。

 

1.引きこもりやニートに生前贈与がおすすめの理由

1-1.年金を払うため

引きこもりやニートは一生働かないかもしれませんが、生きていくにはそれなりの収入が必要になります。引きこもりやニートが年金を滞納していたり未納している場合には、年金を払っておくことをおすすめします。年金は引きこもりやニートが確実に得ることができる収入です。

1年間に支払うべき年金の金額はおよそ20万円(2019年)であり、年金を受給するのに必要な最低支払期間は10年ですから、およそ200万円を年金として支払うと、年金を受給する資格を得ることができます。

年金を受給する年数(寿命)や今後の日本経済にもよりますが、年金は支払った分より多くの金額を受給できる可能性が高いですから、将来に向けて貯金するより年金を払うことは合理的な選択肢です。200万円程度を貯金したとしても、生活費で1年程度で使い切ってしまいますから、引きこもりやニートが生きていくには役に立ちません。

 

 

1-2.兄弟の間の遺産相続の問題を回避するため

引きこもりやニートに兄弟がいる場合、兄弟の間で遺産相続が問題になります。遺産は兄弟間で均等に分けるのが理想的ですが、引きこもりやニートは自分で生きていくことができないので、彼らに多くの遺産を与えるのが現実的です。しかし、兄弟からするとこれは不愉快なことでもあります。

引きこもりやニートに多くの遺産を与えると兄弟間でけんかになりますから、生前贈与で内密に遺産を相続させることが1つの選択肢です。生前贈与には遺産相続の税金を減らす効果もあります。

 

遺産相続は不公平なことが一般的

遺産相続で不公平になることは問題に思えるかもしれませんが、ほとんどの家庭の遺産相続では、遺産が均等に分割されることはありません。家を継ぐ人は土地や実家などを独占的に相続しますし、均等に分割されるのは現金だけです。また、家を継ぐ人は親と同居しているでしょうが、その人は家賃などを負担していないでしょう。

一般的に、祖父母と同居するその子や孫(内孫)は、同居しない子や孫(外孫)より多くの恩恵を得ています。もちろん、親と同居する人は経済的な恩恵を得る代わりに介護などの責任も発生することは確かですが。

 

 

1-3.引きこもりの自立のためにお金が必要だから

引きこもりやニートには精神病の人もいますから、病気を治療するには医療費などがかかります。生前贈与で引きこもりやニートにお金を与えることによって、引きこもりやニートは精神科で治療を受けたり、カウンセリングを受けることができるようになります。

将来のために数十万円を残しておくよりは、引きこもりやニートが精神科やカウンセリングに通うためにその数十万円を使うほうが効率的です。もし、引きこもりやニートが働くことができるようになると、精神科やカウンセリングにかかった費用分を回収することは簡単です。

 

2.おわりに

引きこもりやニートとその家族は生前贈与について話し合ってみてください。親が死亡する前に、遺産相続の話をするのはためらわれるかもしれませんが、引きこもりやニートが生きていくことに役立ちます。

この記事を読んで興味を持った方は生前贈与について調べてみてください。インターネットなどで弁護士など専門知識をもつ人に相談することもおすすめです。

 

2-1.引きこもりやニートは健康に気をつけるべき

引きこもりやニートは健康を維持することに心がけることで、将来の医療費を節約することができます。若い人は経験していないでしょうが、60代や70代になると必要な医療費は若いころの数倍にもなります。

健康を維持するにはいくつかの方法がありますが、歯医者に行って歯の治療を受けること、高血圧や糖尿病にならないようにすること、適切な体重を維持することがあります。

 

2-2.引きこもりやニートは海外に移住することも選択肢

引きこもりやニートは経済的に困ることになるでしょうが、物価が安い海外に移住することも選択肢の1つです。以下の記事で、引きこもりやニートが海外に移住することを紹介しましたので、参考にしてみてください。

海外に移住しても日本国籍を維持することができますし、日本の年金を受給することもできます。

引きこもりやニートは海外に移住すると、お金の問題(8050問題)を解決できる

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です