ベーシックインカムは引きこもりやニートの問題を解決しない

引きこもりやニート、無職、無収入の人はベーシックインカムが導入されることに期待していませんか?日本がベーシックインカムを導入すると、引きこもりやニートも生きていくことができそうですが、これは間違いです。

ベーシックインカムが引きこもりやニートに役立つというのは幻想であり、ほとんど役に立ちません。ベーシックインカムが導入される見込みは小さいですし、その金額も十分ではありません。ベーシックインカムが8050問題を解決することはないでしょう。

この記事では、日本がベーシックインカムを導入しても引きこもりやニートに役立たない理由を紹介します。

1.ベーシックインカムが引きこもりやニートに役立たない理由

1-1.金額が十分でないから

ベーシックインカムの金額は決まっていませんが、1か月あたり5万円~10万円程度になるといわれています。この金額は引きこもりやニートが1人で生きるのに十分ではなく、小遣い程度にしかなりません。

引きこもりやニートが親と同居している場合には、ベーシックインカムは十分な収入です。しかし、親が亡くなった後に関しては、ベーシックインカムの収入では足りません。家賃や電気代などの生活費を賄うことができないからです。

医療費の問題もあります。引きこもりやニートが若い頃には、医療費はほとんどかかりません。しかし、ある程度の年齢になると生活費だけでなく医療費が必要になります。引きこもりやニートは健康診断などを受けていないでしょうから、健康に問題があることも多いでしょう。

 

1-2.日本がベーシックインカムを導入するとは限らないから

ベーシックインカムは世界的に実験段階のものですから、日本で導入されるとは限りません。ベーシックインカムが素晴らしいという話は聞きますが、実際には問題点が表面化していないだけかもしれません。

日本は先進国ではありますが、社会制度などでは必ずしも先進国といえないところがあります。日本がベーシックインカムを導入するのは、世界の国々がベーシックインカムを導入した後になるでしょうから、数十年はかかりそうです。もちろん、日本だけがベーシックインカムを導入しないこともありえます。

私の個人的な見解では、日本がベーシックインカムを導入することはないと思います。

 

1.3.引きこもりやニートを救済するためのベーシックインカムはないから

引きこもりやニートを救済するために、日本がこれらの人に限ってベーシックインカムを普及する方法もあります。しかし、これが実現する見込みはほとんどありません。

引きこもりやニートの数は少ないですし、社会に対する影響力も小さいです。社会や選挙の結果に影響を与えることができない引きこもりやニートは、優先的に救済されることはありません。
また、世間の引きこもりやニートに対する印象は良くないですから、世間もこのベーシックインカムを受け入れることはないでしょう。

 

非正規労働者との違い

日本では正規労働者と非正規労働者の格差を解消したり、非正規労働者を救済する動きがあります。この理由は、非正規労働者の人口が多くて社会に対する影響力が大きいからです。

引きこもりやニートの人口は100万人以下であり、非正規労働者の人口は2000万人とされていますから、影響力がまったく違います。

引きこもりやニートは、非正規労働者と同じように救済されると思わないほうがいいでしょう。

 

2.おわりに

引きこもりやニートはベーシックインカムを期待しないことをおすすめします。ベーシックインカムが導入されるとは限りませんし、その収入は不十分です。これに期待しても、引きこもりやニートが生きてくことには役立ちません。

ベーシックインカムに頼らなくても、生活保護を受給することもできます。生活保護のほうが現実的な選択肢です。

 

2-1.ルームシェアがおすすめ

ベーシックインカムの良いところの1つは、生活保護とは異なり個人に与えられることです。

引きこもりやニートがベーシックインカムを与えられると、ルームシェアなどの共同生活をすることができるようになります。1人分のベーシックインカムで生活費を賄うことはできませんが、3人ほど集まれば生活費を捻出することはできます。

ルームシェアは生活費を節約するには有効な手段ですから、ベーシックインカムの有無にかかわらず使うことができます。ベーシックインカムを期待するよりは、ルームシェアをするほうが現実的です。

以下の記事で、引きこもりやニートがルームシェアをするべき理由を紹介しましたので、参考にしてみてください。

引きこもりやニートの8050問題を解決するには、共同生活やルームシェアがおすすめ

 

2-2.引きこもりやニートが収入を得る方法

ベーシックインカムの収入は1か月あたり5万円程度といわれていますが、引きこもりやニートでもこの程度の金額を稼ぐことは簡単です。インターネットなどを使えば、数年でこの程度の収入を得ることはできます。

以下の記事で、引きこもりやニートがお金を稼ぐための方法を紹介しましたので、参考にしてみてください。引きこもりやニートはお金持ちになることはないでしょうが、生きていくだけの収入を得ることは簡単です。

引きこもりやニートが働かないで生きる方法やサバイバルプラン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です