引きこもりやニートにおすすめの趣味。お金がかからない趣味にこだわるのは間違い

引きこもりやニートはすることがなくて困っていませんか?引きこもりやニートは映画鑑賞や読書などの趣味に時間を費やしているでしょうが、それも限界があります。

引きこもりやニートは経済的に苦しいでしょうから、趣味にお金をかけることはできないかもしれません。しかし、趣味に少しのお金をかけると、できる趣味の範囲が大きく広がって生活を楽しくすることができますから、お金をかけないことにこだわるべきではありません。

この記事では、引きこもりやニートに対して、おすすめの趣味を紹介します。この記事で紹介する趣味は少しだけお金がかかりますが、その金額は許容範囲に収まるものです。

1.引きこもりやニートにおすすめの趣味

1-1.外食をする

引きこもりやニートは家にいる時間が長いので、社会に対する関心が失われてしまうことがありますから、外食をきっかけに外出することがおすすめです。引きこもりやニートは楽しみが少ないでしょうから、食事を趣味にするべきです。

 

外食はそれほどお金がかからない

外食にはお金がかかりますが、それほどかからないものもあります。引きこもりやニートは経済的に苦しいでしょうが、1か月に数回なら行けます。

例えば、近所のパン屋をめぐることを趣味にすると、1回当たりの食費は500円程度で済みますし、定食屋などもあります。住んでいるエリアに数十のパン屋があるなら、これらをめぐるだけでも数か月~数年程度はかかるでしょう。

イタリアンやフレンチなどのレストランでは、ランチの料金は1回あたり1000円~1500円程度です。月に1回なら行くことができるでしょうし、1年もすると近くのレストランをすべて訪れることができます。

 

1-2.家でおいしいものを食べる

外出に抵抗がある引きこもりやニートには、家で食べれるおいしいものがおすすめです。料理をする方法もありますが、料理をしなくてもおいしいものはあります。

例えば、少し高めのカップ麺やレトルトカレーには、おいしいものがあります。節約するのは構いませんが、たまに少し高めのものを食べてもいいでしょう。1食あたりのカップ麺やレトルトカレーの金額は数百円程度ですから、外食より安いです。

以下におすすめの商品を紹介します。

 

 

1-3.外見に気をつける

引きこもりやニートは、髪や服装などの外見に無関心になっていませんか?
引きこもりやニートの特徴の1つは自尊心が低下していることですから、自尊心を高めることが必要です。良い服を買ったり外見に気を遣うと自尊心が高まります。

 

引きこもりやニートは一般の人より外見に気をつけるべき

引きこもりやニートが外見に気を遣うべき理由の1つは、無職だからです。社会には無職の人に対する偏見もありますから、引きこもりやニートは一般の人より外見に気をつけるべきです。

例えば、散髪の費用を節約するために丸坊主にする人もいますが、これはおすすめしません。丸坊主が悪いわけではありませんが、普通の髪型のほうがおすすめです。

服装に関しても、ジャケットを着るだけでかなり良くなります。服装には個人の好みがありますから、自分なりに調整してください。

 

女性には特におすすめ

引きこもりやニートには女性もいますが、女性は自分の外見に強い関心がありますし、散髪などをしたり良い服を着ると気分がとても良くなります。

引きこもりやニートの女性の多くは若い人でしょうが、化粧をしたり散髪をして気分が良くなるのは若い女性に限りません。高齢の女性でも、化粧をすると脳に良い刺激になったり、明るくなるといわれています。女性にとって、美しくなることは精神的にもプラスの効果があります。

 

1-4.ランニング

ランニングはお金があまりかからない趣味ですし、引きこもりやニートの健康を維持することに役立ちます。引きこもりやニートは運動不足になっていて、糖尿病や肥満になる可能性が高いですから、これらの病気を予防するべきです。

ランニングにはランニングシューズが必要ですが、この費用は1か月に1000円程度です。ランニングに必要な服装に関しては、以下の記事で紹介したので参考にしてみてください。

秋や冬にランニングを始めるのに必要な服装と費用

春や夏にランニングを始めるのに必要なウェアと費用

 

1-5.旅行

旅行はお金がかかるので、引きこもりやニートは旅行に行くことを考えないかもしれませんが、実際にはそれほどかかりません。

例えば、バスに乗って近隣の県に行くための交通費は往復で数千円程度です。日帰りの旅行にすると、その出費の合計は1万円もかかりません。
原付や車などの移動手段があると交通費は安くて済みますし、移動できる範囲も大きく広がります。

少し敷居が高いですが、海外に旅行することも選択肢の1つです。アジアなどの国への旅行は安くて済みますし、社会勉強にもなります。
例えば、タイやフィリピンへのツアー料金は5万円~10万円です。

 

1-6.家庭菜園

家庭菜園は引きこもりやニートにおすすめの趣味です。家庭菜園をすると野菜を野菜を育てる喜びを感じますし、収穫した野菜を食べると健康の維持に役立つからです。

家庭菜園に必要なものはプランターや種と肥料などですから、必要な費用は数千円程度です。プランターは1度買えばそれ以降も使えますから、ランニングコストはありません。また、趣味で家庭菜園をするなら畑は不要です。

以下の記事で、引きこもりやニートの趣味として家庭菜園をおすすめしましたので、参考にしてみてください。

引きこもりやニートの趣味には家庭菜園がおすすめ。農業体験に移住は必要ない

 

2.おわりに

引きこもりやニートは映画を見たり本を読んで過ごしているかもしれませんが、これらだけでは変化がない単調な日々になってしまい、精神的にも悪い影響があります。少しだけお金を使う趣味も考えてみてください。

 

2-1.引きこもりやニートは小遣いの交渉をするべき

引きこもりやニートで小遣いなどの収入がない人は、親に小遣いを交渉することがおすすめです。引きこもりやニートは家族に対して迷惑をかけているので、罪悪感を感じるでしょうが、生きていくには多少のお金は必要ですし、この罪悪感は役に立ちません。

以下の記事で、引きこもりやニートに小遣いが必要なことを紹介しましたので、参考にしてみてください。

引きこもりやニートに必要な小遣いはいくら?5000円くらいがおすすめ

自己主張できない人が自己主張できるようになる方法

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です