引きこもりやニートが肌荒れする原因。肌の悪化を防ぐ方法

引きこもりやニートは肌荒れに困っていませんか?肌荒れやかゆみ、ひりひり感が強いと、快適に引きこもることができなくなります。

引きこもりやニートは普通の人より肌荒れがしやすい状況にあります。食事などが原因で栄養不足になりやすく、肌の健康を維持するのに必要なスキンケアにも興味がなくなります。引きこもりやニートは精神病などになっている可能性もあります。

この記事では、肌荒れしている引きこもりやニートを対象に、肌荒れの原因と対策を紹介します。

1.引きこもりやニートの肌が荒れる原因

引きこもりやニートが肌荒れする原因には、以下のようなものがあります。この記事で紹介する方法は、これらの原因を取り除くためのものです。

 

1-1.栄養が不足していること

引きこもりやニートの肌が荒れる原因の1つは、栄養不足や栄養バランスの悪化です。引きこもりやニートが栄養不足になる理由にはいくつかありますが、以下のようなものです

  1. 罪悪感や食費の節約のために、食事の量を減らすこと
  2. 年齢にあった食事をしていないこと

引きこもりやニートは、家族に経済的な負担をかけていることを恥ずかしく思っていて、食事を遠慮したり量を減らすことがあります。食費を減らすための簡単な方法は食べる量を減らすことだからです。

引きこもりやニートは十分な栄養を取っていないことがあります。
引きこもりやニートは親と同居しているでしょうが、60代や70代の親が作る食事は栄養が不足していることがあります。
この理由は、60代や70代になると肉などを食べなくなるからです。引きこもりやニートは若いですから、高齢の親が作った食べ物で十分な栄養を取ることができません。

経済的に困窮している人は野菜を食べなくなるといわれています。野菜などは高いですから、栄養に偏りが生じるのでしょう。

 

1-2.皮膚科に通えないこと

引きこもりやニートは経済的に困窮していて、皮膚科に通うことができないことがあります。普通の人生を生きている人は皮膚科に通うことはできますが、引きこもりやニートはその費用が問題になります。

経済的に困窮している人は、歯がなかったり肌荒れしていることがありますが、引きこもりやニートもこれと同じです。

 

1-3.風呂に入っていないこと

引きこもりやニートは外出しないので、外見をまったく気にしないことがあります。髪が伸びすぎたり髭を剃らないだけなら問題はありませんが、風呂に入らないと肌荒れがする原因になります。

肌荒れの原因には汗や皮脂などがありますが、これらの分泌を減らすことはできません。風呂に入ることで、これらを適切に取り除くことが必要です。
汗は汗荒れ、皮脂は脂漏性湿疹などの原因になります。

 

2.引きこもりやニートの肌荒れを治す方法

2-1.栄養剤を飲むこと

引きこもりやニートが十分な栄養を摂取するには、サプリメントがおすすめです。サプリメントは手軽ですし、その費用は食事より安いです。
高価なサプリメントは不要であり、おすすめのものはありません。

サプリメントを使う場合には、栄養がバランスよく配合されたものがおすすめです。不足している栄養を特定することはできないですが、バランスよく栄養をとれば大丈夫です。

栄養補給で肌が改善するには、少なくとも28日程度はかかりますので、3か月ほどは続けてみてください。

 

2-2.皮膚科に通うこと

引きこもりやニートが肌荒れを治すには、皮膚科に通うことが必要です。
皮膚科に通院するにはお金が必要ですが、以下の方法でそのお金を減らすことができます。また、皮膚科に通院すると保険が適用されるので、市販薬を買うより安くなります。

肌荒れを治す方法には、スキンケアや栄養補給もありますが、薬はもっと早く効果を発揮します。これらを組み合わせることがおすすめです。

 

通う頻度を減らす

皮膚科に通院する頻度を減らすと、皮膚科に支払う料金を減らすことができます。通院のたびに手数料が発生しますが、通院回数を減らすとこの手数料を支払わなくて済むからです。

私はアトピーや乾燥肌が悪化して皮膚科に通っていた時期がありますが、多くの薬を1回でもらうことで、通院する頻度を少なくするようにしていました。
1回で数か月分の薬を処方してもらうことはできます。

皮膚科に支払う1回あたりの料金が3000円、1年に2回の通院をすると、1年間の費用は6000円程度になります。この金額なら、引きこもりやニートが支払うこともできるでしょう。

 

院内処方している皮膚科を選ぶ

薬の処方には院外処方と院内処方がありますが、院内処方している皮膚科を選ぶようにしてください。院内処方では、院外処方より薬の料金が安くなります。

院外処方は外部の薬局が薬を処方するものですが、その際には手数料が必要になります。

 

2-3.風呂に入ること

引きこもりやニートは他人と会うことはないかもしれませんが、風呂に入るようにしてください。風呂にはスキンケアの役割があります。風呂につかる必要はなく、シャワーで汗を流す程度でも十分です。

風呂に入る頻度に関しては、汗をかく夏などの季節には毎日、それ以外の季節には少なくとも2日に1回にしてください。もちろん、1年を通して毎日風呂に入っても構いません。

この程度であれば、シャワーの料金もあまりかかりません。

 

3.おわりに

引きこもりやニートは肌を大事にするようにしてください。お金をかけなくても、健康に快適に生きていくことはできます。

この記事で紹介した方法を実践すると、1か月あたり500円~1000円程度の費用が必要になりますが、この程度の金額は問題にならないでしょう。
肌が健康になると、かゆみ止めや保湿剤などが不要になるので、トータルの費用はプラスになるかもしれません。

十分な栄養をとったり風呂に入るなどのスキンケアをすることは、肌の健康の維持や肌荒れの予防につながります。ほとんどの病気に共通することですが、予防は治療より安くて済みます。
お金がない引きこもりやニートは予防を心掛けてください。

 

3-1.国民健康保険料を節約する方法

引きこもりやニートは国民健康保険に加入しているでしょうが、必要な手続きをすると、この保険料を節約することができます。
節約することができる金額には個人差がありますが、1万円を超えることもあり、このお金でサプリメントや皮膚科の料金を支払うことができます。

以下の記事で、引きこもりやニートが国民健康保険料を節約する方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

引きこもりやニート、無職の人が国民健康保険の料金を節約する方法。

 

3-2.精神病やセルフネグレクト、ゲーム依存症

引きこもりやニートは辛い人生を生きていることが多いので、セルフネグレクトや精神病になっている可能性があります。
セルフネグレクトは緩やかな自殺といわれますが、この症状には食事をとったり風呂に入ること、肌を磨くなどができなくなることです。また、うつ病などの精神病になると、エネルギーがなくなって自分の健康に気を遣わなくなり、肌荒れが起きることもあります。

ゲーム依存症は引きこもりやニートがなりやすいものであり、ほとんどの時間とエネルギーをゲームに費やしてしまうので、食事や風呂に興味がなくなるものです。

これらが原因で肌荒れをしているに場合には、精神病の治療を受けたりゲーム依存症を克服する必要があります。十分な栄養補給をすると肌の健康を維持することに役立ちますが、限界もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です