引きこもりやニート、無職の人が国民健康保険の料金を節約する方法。

引きこもりやニート、無職など無収入の人は、国民健康保険の料金の支払いに困っていませんか?税の申告(住民税の申告)をしておくと、国民健康保険の料金の軽減措置を受けることができ、支払金額を節約することができます。

この記事では、引きこもりやニート、無職などの無収入の人を対象に、国民健康保険の料金を節約するために税の申告(住民税の申告)をすることをおすすめします。

1.税の申告をすると、国民健康保険の料金が安くなる

国民健康保険の料金は収入によって計算されますが、引きこもりやニートなどの無収入の人は税の申告(住民税の申告)をしておくと、国民健康保険の料金の軽減装置を受けることができます。

軽減措置が適用されるには世帯全員が税の申告をする必要があり、1人でも税の申告をしない人がいると、国民健康保険の料金の軽減措置は適用されません。これは、税の申告をしない人がいると、自治体がその世帯の収入を正しく把握することができないからです。

 

軽減される割合は2割、5割、7割

国民健康保険の料金が軽減される割合は2割、5割、7割のいずれかです。引きこもりやニートのように無収入の人は経済的に苦しいでしょうから、少しでも国民健康保険の料金が安くなるのはうれしいでしょう。

引きこもりやニートは国民健康保険の料金を家族に負担してもらっていて、罪悪感を感じているかもしれません。国民健康保険の料金の軽減措置を受けると、その負担を小さくすることができます。

 

2.税の申告は恥ずかしくない

引きこもりやニートなどの無収入の人は、収入がないことを他人に知られることを恥ずかしく思うかもしれません。実際にやってみるとわかりますが、無収入の人は市役所の署員に対して、あまり恥ずかしさを感じないでしょう。

人間が恥ずかしさを感じるのは距離感が近い人に限られるので、赤の他人に対してそれほど恥を感じません。引きこもりやニートは赤の他人である市役所の署員に無収入であることを知られても、それほど恥ずかしくないでしょう。市役所の署員と会うことは年に1度であり、会話をする時間も10分程度です。

 

3.おわりに

引きこもりやニート、無職の人は税の申告をしておくことをおすすめします。初めて手続きをする際は難しく感じるかもしれませんが、手続きを1度覚えると、それ以降はずっと使うことができます。

引きこもりやニートは一生収入を得ることがないかもしれませんから、お金を節約する方法として試してみてください。引きこもりやニートは若い人が多いでしょうから、国民健康保険の料金を数十年にわたって節約することができます。

この記事では、国民健康保険の料金を安くするために税の申告をすることを紹介しましたが、税の申告は年金の手続きにも関係します。興味がある人は、年金を節約する方法なども調べてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です