引きこもりやニートが共同生活(ルームシェア)の相手を探す方法

引きこもりやニートは共同生活(ルームシェア、シェアハウス)に興味がありませんか?共同生活をすると、引きこもりやニートの孤独感を解消することができますし、少ない収入でも生きていくことができるようになります。

共同生活には多くの魅力があります。1人あたりの生活費を減らすことができますし、孤独感を解消することができます。引きこもりやニートの大きな問題には経済的な困窮と孤独感がありますが、共同生活はこれらを解決する選択肢の1つです。

この記事では、引きこもりやニートが共同生活をする相手を探す方法を紹介します。共同生活(ルームシェア、シェアハウス)に興味がある引きこもりやニート、その家族は参考にしてみてください。
共同生活は8050問題を解決することにも役立ちます。

1.引きこもりやニートが共同生活をする相手の探し方

1-1.引きこもりやニートの支援会の参加者から選ぶこと

引きこもりやニートを対象とする支援会がありますが、その参加者同士で共同生活の相手を探すことがおすすめです。支援会は引きこもりやニートが他人と出会う場面の1つであり、参加者は直接的にお互いを知ることができます。

支援会などで知り合った人に関しては、互いに身元を知っているので危険を避けることができます。インターネットで知り合った他人を信頼する人もいますが、これは現実的な選択肢ではありません。相手の素性がわかりませんし、オンラインゲームやチャットでうまく付き合えたとしても、生活ができるかは別です。

 

若い人の共同生活(ルームシェア、ハウスシェア)とは違う

若い人や積極的な人には、共同生活の醍醐味はまったく知らない人との生活だと考える人もいます。確かに、赤の他人との共同生活は刺激的かもしれませんし、多くのことを学ぶことができるかもしれません。
しかし、引きこもりやニートは以下の理由で、これをまねするべきではありません。

1つ目の理由は、世の中にはいろんな人がいるからです。まったく知らない赤の他人を信頼することは危険ですし、現実的ではありません。

2つ目の理由は、引きこもりやニートの共同生活は長期的なものだからです。若い人が行うルームシェアの期間は最大で数週間程度ですが、引きこもりやニートの共同生活は数年に及ぶかもしれません。これらはまったく違います。

 

1-2.同じ引きこもりやニートを選ぶこと

引きこもりやニートが共同生活をする相手としては、同じような境遇で同性、近い年齢の人がおすすめです。これらの共通の基盤があると、コミュニケーションが簡単で価値観も似ています。あまりにも年齢が離れすぎていると、上下関係などができてしまって共同生活をすることが難しくなります。

 

同じような収入の人を選ぶこと

共同生活の相手としては、同じような収入の人がおすすめです。あまりにも当事者間で収入が違いすぎると、上下関係が生まれたり生活レベルを合わせることができなくなります。

上下関係に関しては、収入が多い人が生活費を多めに負担する代わりに、家事などを少なくすることでバランスをとることはできるでしょうが、限度はあります。このような関係は短期的にはうまくいくでしょうが、長期的には失敗するかもしれません。

 

人数は2人~4人がおすすめ

引きこもりやニートが共同生活をする人数に関しては、2人~4人がおすすめです。人数が少ないと、1人あたりの生活費を安くすることができませんし、人数が多いと物件を探すことが難しくなります。

私の個人的な経験では、会話が盛り上がるには3人が必要です。また、共同生活をする2人の仲が悪くなっても、3人いればこれを修復することができます。4人でも構いませんが、物件を探すことが難しくなるかもしれません。

 

1-3.最初にお試し期間を設けること

共同生活をすることができそうな相手を見つけた場合には、まずお試し期間として数か月ほど実際に共同生活をすることがおすすめです。実際に共同生活をしてみないと、相性を知ることはできません。

お試し期間に関しては、最大で半年程度が必要です。これだけの期間を一緒に生活すると、相手の良いところも悪いところも見えてきます。また、人間が新しい環境に慣れるには半年程度が必要です。

共同生活に限ったことではありませんが、新しい職場や新しい学校、新しい会社、新しい同僚などに慣れるには半年程度が必要です。共同生活も同じです。

 

2.おわりに

共同生活をする引きこもりやニートの収入によって、住む物件を決める必要があります。共同生活をする人が決まったら、インターネットなどでいろいろな物件を探してみてください。

共同生活に適した物件としては、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなどがあります。これらの物件を借りることは簡単ですし、長期的な契約をする必要もありません。
お試し期間として一緒に住んでみて、うまくいくなら長期的な契約をするといいでしょう。一般的には、長期契約のほうが家賃は安くなります。

共同生活を試す場合には、早めにすることがおすすめです。引きこもりやニートに限ったことではありませんが、若いほど環境への適応が簡単です。

引きこもりやニートは将来に悲観しているでしょうが、うまく生きていく方法を見つけることはできます。このサイトでは他の方法も紹介していますから、参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です