引きこもりやニートにおすすめのパソコン(PC)の選び方と注意点

引きこもりやニートはパソコンを長時間使用していたり、ゲームに没頭していませんか?ゲームに没頭する原因の1つは、使用するパソコンが高性能で快適なことや、好きなゲームをプレイできることです。

引きこもりやニートにはインターネットとパソコンが必要ですが、使用するパソコンには注意が必要です。高性能で快適なパソコンを使うと、インターネットやゲームに没頭するようになって、引きこもりやニートが自立することを妨げます。

この記事では、引きこもりやニートに対して、おすすめのパソコンを紹介します。この記事の方法はパソコンのゲームに没頭したことがある人に役立ちます。

 

1.引きこもりやニートにおすすめのパソコン

引きこもりやニートは就職活動をしたり、社会とのつながりを維持するためにパソコンを必要としますが、ゲームに没頭してしまう可能性もあります。引きこもりやニートがパソコンを買うときには、ゲームができないパソコンやゲームに適さないパソコンがおすすめです。

 

1-1.ビジネス用のノートパソコン

ゲームに適さないパソコンにはビジネス用のノートパソコンがあります。このタイプのノートパソコンはスペックが低いので、ゲームをすることに適しません。仮にゲームをプレイできるとしても、動作が遅いことに辟易して、ゲームをしないようになるかもしれません。

CPUに関しては、atomなどがおすすめです。これはゲームをすることに適していませんが、文書の作成やインターネットをすることには問題がありません。少しは不便を感じるかもしれませんが、許容範囲でしょう。

 

1-2.小型PC

一般のパソコンのイメージとは異なりますが、小型のパソコンがあります。これはインターネットや動画を見ることに適したパソコンですが、スペックを低くすることで値段を安くしたものあり、ゲームに適していません。

いくつかの小型パソコンを紹介するので、参考にしてみてください。このタイプのパソコンはテレビ(HDMI端子があるもの)をディスプレイとして使用するので、ディスプレイを新しく買う必要はありません。

 

1-3.スペックが低いパソコンでも、ゲーム依存症を防ぐことはできない

スペックが低いパソコンを使うと、ゲームに没頭する危険性を減らすことに役立ちます。しかし、使用するパソコンを工夫しても、ゲーム依存症になることを防ぐことはできません。ゲーム依存症にならないために必要なものは、パソコンを使う人の自制心とゲームへの警戒心です。

過去にRTSやFPSなどのパソコンのゲームに没頭した人には、スペックが低いパソコンをおすすめします。この理由はスペックが低いパソコンでは、大昔のゲームを除いてこれらのゲームをすることはできないからです。しかし、パソコン以外のゲームに没頭している人は、スペックが低いパソコンを使っても効果はありません。

 

2.おわりに

この記事では性能が低いパソコンをおすすめしましたが、引きこもりやニートはそれに不満かもしれません。その場合には、少しでもいいので収入を得るようになってから、高性能なパソコンを買うことをおすすめします。
例えば、インターネットで収入を得ることができるようになると、そのまま収入を増やして自立することにつながりますし、収入があるならゲームに没頭しても問題はありません。

 

2-1.引きこもりやニートはゲームをしないほうがいい

ゲームは手軽で安上がりな趣味ですし、プレイしていて楽しいものですが、引きこもりやニートはゲームをしないことをおすすめします。ゲームをしていると時間やエネルギーの多くを費やしてしまうので、収入を得て自立することを妨げるからです。

普通の人はゲームをしてもかまいませんが、引きこもりやニートはゲームをするべきではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です