歯医者に行きたくない引きこもりやニートは、歯を大切にするべき。

引きこもりやニートの方は経済的な問題だけでなく、歯などの健康問題も抱えていることがあります。歯は一度悪くなると回復しないので、その後の一生に悪影響を与えます。しかし、引きこもりやニートの方は時間に余裕があることを利用して、健康に生きることもできるはずです。

この記事では、引きこもりやニートの方に対して歯を大事にすることをおすすめします。

 

引きこもりの方の歯は悪化しやすい

家にいる時間が長くて、好きなときに飲食をすることができる引きこもりやニートの方は虫歯になりやすくなります。また歯医者などの他人と会うことに抵抗がある場合には、虫歯になっても早期の治療を受けないので症状が悪化しやすいです。これらに加えて収入がないなどの経済的な問題を抱えていると、我慢できないほどの痛みなど虫歯が進行してから通院せざるをえないので、歯の寿命を短くすることになります。

 

歯周病は40代から発症する

虫歯が少ない方は歯医者に通院する必要を感じないでしょうが、歯周病は40代になってから発症します。歯周病が進行するといきなり歯を失うことになるので、それまでは特に歯の問題がなかった方でも注意が必要です。また歯周病には痛みなどの自覚症状がないので、自分でこれに気づくことができません。歯周病が進行しているにもかかわらず、問題が表面化していないだけの可能性もあります。

 

引きこもりは健康を大事にすべき

引きこもりやニートの方は時間に余裕があるので、社会人よりも歯などの健康に時間やエネルギーを費やしてはいかがでしょうか。
多くの方は朝と夜だけ歯を磨くでしょうが、昼にも磨けば歯の健康に役立ちますし、夜の歯磨きの際にはデンタルフロスも使うといいでしょう。手間が増えて面倒ですが、自分の健康に役立つことですので無駄にはなりません。

パソコンやスマートフォンを使用する時間が長い方は、寝落ちをしないように注意してください。寝落ちが生活習慣として定着すると歯の健康に悪いでしょう。ゲームやインターネットに関しては、夜に長時間すると歯を磨く気力も残らないので、歯を磨いてからにすべきです。おすすめはフッ素入りの歯磨き粉で歯を磨いてからゲームをすることであり、フッ素が歯に定着するには歯磨き後に1時間程度の飲食を控える必要がありますが、ゲームに熱中していれば飲食もしないでしょう。

 

おわりに

どんな生き方を選択しても、歯は一生使うものです。引きこもりやニートの方のように、時間に余裕がある場合には歯を大事にしてはいかがですか。歯を大事にしたり健康に生きることは安心して引きこもることに役に立ちます。引きこもりやニートであることを解決することはできないかもしれせんが、健康に生きていけたらいいでしょう。

なお歯に限ったことでありませんが、定期的な健康診断もおすすめです。病気に関しては、予防や初期の段階で処置するほうが簡単で安くすみます。また、引きこもりやニートの方は会社や学校などが実施する定期的な健康診断を受けていないはずなので、一度受けてみてはいかがですか。住んでいる地域によって差はありますが、自治体が費用の一部を補助する場合には、利用者が負担する金額は1000円程度であり、自費で健康診断を受ける場合より安くてすみます。

 

引きこもりやニートがランニングをするべき理由

1日に3回、歯磨きをしたら気づいたこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です