引きこもりやニートが増えると、日本は財政破綻する?

引きこもりやニートが増えると、日本は財政破綻する可能性があると言われてます。8050問題は引きこもりとその親が困るというものですが、日本にとっても問題です。

しかし、日本が財政破綻することはありえません。引きこもりやニートに対する生活保護が増えすぎたら、政府はその支給額を減らせば済むからです。引きこもりやニートは財政の負担になりますが、政府は財政破綻しません。

日本は引きこもりやニートのせいで財政破綻する?

引きこもりやニートは無収入ですから、自立して生きることはできません。引きこもりやニートは家族などの支援で生きているでしょうが、将来的には生活保護などで生きていくかもしれません。

引きこもりやニートの多くが生活保護を申請すると、日本にとって大きな財政負担になります。しかし、日本は引きこもりやニートのせいで財政破綻することはありません。政府は生活保護費を減らせば済むからです。

政府は生活保護費を削減すると、引きこもりやニートは困ります。親族や家族からの支援を受ける必要があるかもしれません。しかし、親族が破綻することはあっても、日本が財政破綻することはありません。

日本は高齢社会社会になっていて、高齢者の負担が増えています。政府は高齢者への負担も削減しつつありますから、引きこもりやニートの負担も削減していくはずです。

 

引きこもりやニートの生活保護費

引きこもりやニートの人口は最大で200万人と言われています。この全員が生活保護を申請したとして、1人あたりの支給額(年額)が200万円~300万円と仮定すると、1年間の費用は4兆円から6兆円になります。

この金額は大きいですが、日本の財政が破綻するほどではありません。現在の生活保護費の総額は4兆円(半分は医療費)くらいですから、合計で8兆円~10兆円くらいになるかもしれません。

引きこもりやニートの多くが生活保護を申請すると、政府は支給額を減らしたり福祉の内容を削減することで対応できます。

福祉の削減はすでに行われています。高齢者の医療費の負担の割合は徐々に上げられていますから、日本は福祉にかける予算を削減する方向に進んでいます。政府は福祉のために破綻するつもりはありません。

現在の生活保護の仕組みでは、生活保護者は医療を原則的に無料で受けることができます。将来的にはこれがなくなるかもしれません。結局、お金がないとできないですから。

 

引きこもりやニートは高齢者と違う

日本は高齢化社会ですから、多くの選挙権をもつ高齢者は国にとって大きな存在です。高齢者に冷たい政策をとり続けると、政治家は選挙で負けます。その意味で、高齢者は日本の中心的な存在です。

しかし、引きこもりやニートは高齢者と違います。その人口は最大で200万人にすぎないので、社会で多数派になることはできませんし、選挙で強い勢力になることもありません。政府が引きこもりやニートの支援を削減しても、政治家は選挙に負けないでしょう。

実際には、政府は引きこもりを支援して生活保護に頼らないで生きていけるようにすると思います。全員を自立させることは無理ですが、3割でも自立したら大きな効果があります。

引きこもりやニートが完全に自立する必要はありません。引きこもりやニートが生活費の半分でも稼ぐと、政府の財政的な負担は半分になります。

 

引きこもりやニートの将来・末路

日本が引きこもりやニートの生活保護を削減すれば、日本は財政破綻を回避できます。引きこもりやニートは生活が苦しくなりますし、必要な医療も受けれないかもしれませんが。

私の個人的な見解ですが、将来の引きこもりやニートは衣食住に困りません。しかし、医療は病気の予防や早期の治療だけになって、高度な治療を受けれなくなります。

健康な引きこもりやニートは長生きするでしょうが、それ以外の人は寿命が短くなるはずです。

これは現在の日本でも同じです。日本は医療が進んでいますが、お金がないと高度な医療を受けることはできません。生活保護の医療費補助を受けると、患者は医療費を払わないで済みますが、治療内容は制限されます。

 

引きこもりやニートの解決法は簡単?

この記事では、日本が引きこもりやニートのせいで財政破綻しないことを紹介しました。

引きこもりやニートが働くようになるのは難しいですが、日本が引きこもりやニートのせいで破綻しないようにするのは簡単です。日本にとっての8050問題はお金の問題(財政悪化)だからです。

現在の生活保護費の半分は医療費の補助です。医療費の補助を減らすだけでも日本の財政負担は小さくなりますから、引きこもりやニートの生活保護費もあまり問題になりません。

 

引きこもりやニートは日本の脅威?

日本は引きこもりやニートのせいでおかしくなるという考えがありますが、これはただの空想にすぎません。引きこもりやニートは人口が少なくて社会に対する影響力が小さいので、脅威になりません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です