引きこもりやニートに友達がいなくて寂しいとき。友人がいないのは良いこと?

引きこもりやニートは友人がいなくて寂しくありませんか?友達がいないと寂しくて辛いですが、それは引きこもりやニートにとってプラスにもなっています。

友人と会って会話をすることは楽しいことですが、無職である引きこもりやニートは友人に劣等感を感じることがあります。引きこもりやニートにとって、友人がいることはマイナスになることもあります。

この記事では、引きこもりやニートは友人が必要でないことを紹介します。友人がいなくて悩んでいる引きこもりやニートは、友人がいなくて得をしていることに気づくと、寂しさを抑えることができます。

 

1.引きこもりやニートに友達が要らない理由

引きこもりやニートは孤独ですから、友人と会話することによって孤独をいやしたいでしょうが、それがうまくいくとは限りません。以下の理由で、引きこもりやニートは友人がいないほうがいいかもしれません。

 

1-1.友人と話すと辛いから

引きこもりやニートは社会人として働いている友人を見て、収入や昇進、結婚などで差がついていることを実感しますが、それは苦痛でしょう。
引きこもりやニートには友達がいないことがありますが、その理由の1つは引きこもりやニートが劣等感を感じて友人から遠ざかるからです。劣等感を感じて苦しむくらいなら、友人は不要です。

 

同窓会に現れない人

友人から遠ざかる人は引きこもりやニートだけではなく、一般の社会人にもいます。
例えば、小学校や中学校などの同窓会に出席しない人もいますが、その理由の1つは同級生との差を感じるからです。リストラにあって無職になった人や昇進しなかった人は引きこもりやニートと同じように劣等感を感じて、同窓会から遠ざかることがあります。

 

1-2.引きこもりやニートが理解されるとは限らないから

引きこもりやニートに対する世間の考え方には冷たいところがあり、世間が彼らを理解するとは限りません。引きこもりやニートが友人と会うとき、友人は彼らを馬鹿にするような態度をとることがあります。

引きこもりやニートは生き方の1つであり、これは悪いことではありません。しかし、世の中にはいろいろな考え方の人がいますから、引きこもりやニートは不愉快な思いをすることもあります。もちろん、すべての人が引きこもりやニートを馬鹿にするわけではありませんが、人間は友人などの距離感が近い人に対して、失礼な態度をとりやすくなります。

 

1-3.話が合わないから

引きこもりやニートは働いていないので、一般の社会人と話が合わないことがあります。
例えば、引きこもりやニートは無職で結婚をしないでしょうから、友人と仕事や結婚、子育ての話をすることはできません。引きこもりやニートは学生の友人と会話をすることができても、30代になると苦しいはずです。

人生が違いすぎる人同士は話が合わないことがあるので、引きこもりやニートに友達がいないことは決して悪いことではありません。

 

2.おわりに

引きこもりやニートは友人がいなくて寂しいかもしれませんが、それで得をしていることもあります。

友達がいることは良いことだとする考え方もありますが、これは子供の考え方です。ほとんどの社会人は数名程度の友人をもつだけであり、友人の数がゼロの人もいます。引きこもりやニートは友人がいないことで劣等感を感じることはありません。

 

2-1.引きこもりやニートが友達を作るために必要なこと

引きこもりやニートが友人を作るには、他人に対する劣等感を克服する必要があります。劣等感があると、引きこもりやニートは他人から遠ざかりますし、自己主張をすることもできなくなります。

引きこもりやニートが劣等感を克服する方法の1つは収入を得ることです。引きこもりやニートは社会人にならなくても、十分な収入があるなら劣等感を感じません。仕事に関する話題にはついていけないでしょうが、結婚や子育ての話題はできるかもしれません。

人間の自信は社会的な成功や経済的な成功による部分も大きいですから、引きこもりやニートは収入を得る方法を探してみてください。一人前の経済力を得たり劣等感を克服することができたとき、引きこもりやニートは友人と会う準備ができたことになります。

 

2-2.引きこもりやニートが孤独をいやす方法

引きこもりやニートは友達がいなくて孤独でしょうから、その孤独を癒す必要があります。以下の記事で、引きこもりやニートが孤独をいやす方法を紹介しましたので、参考にしてみてください。

引きこもりやニートが寂しいときの対策。孤独をいやす方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です