引きこもりやニートの社会復帰や就職活動は、労働者不足で簡単になる?

引きこもりやニートの人は就職活動をすることが難しくて、社会復帰することができないと考えていませんか?現在の日本では人出不足が深刻化しているので、引きこもりやニートの人にもチャンスがあります。

この記事では、引きこもりやニートを対象に、無職や仕事の経歴にブランクがある人でも就職活動をしやすくなったことを紹介します。日本の将来は引きこもりやニートにとって明るいかもしれません。

1.引きこもりやニートが社会復帰することが簡単になる理由

1-1.引きこもりやニートの年齢が若いから

日本の労働者は高齢化が進んでいるので、引きこもりやニートのように若い人がほとんどの産業で求められています。引きこもりやニートも高齢化しつつありますが、40代なら十分に仕事を見つけるチャンスがあります。

信じられないかもしれませんが、スーパーなどのサービス業では40才の人は若い部類に入ります。
試しに、スーパーなどに買い物に行く際に従業員の人たちを見てみてください。その多くは50代や60代の人であり、40代より若い人は少ないでしょう。

 

1-2.日本全体が人出不足になっているから

引きこもりやニートは一般の人と比べると、社会経験が少ないことや仕事の経歴にブランクの期間があるなどの理由で、就職活動には不利です。しかし、日本全体は人出不足であり、引きこもりやニートに就職しやすい環境です。

もちろん、人出不足になっても必ずしも就職できるとは限りませんが、以前よりは就職しやすくなったことは事実です。

 

人出不足はサービス業や運送業界で大きい

日本のほとんどの業界では人出不足になっていますが、サービス業や運送業界は人出不足の程度が強いといわれています。昔は正月に休業することは考えられませんでしたが、最近は正月に休業する企業も増えています。これは従業員に対する配慮でもありますが、人出不足が大きな理由です。

 

社会に女性が進出したわけ

女性が働くことは当たり前になりましたが、これが実現したのは1990年代になってからのことであり、その理由の1つは人出不足です。
新卒の就職活動を例にとると、新卒で就職活動をする男性の数が十分でなくなったので、企業は女性に対しても採用を広げるようになりました。

引きこもりやニートも同じようにチャンスがあります。もちろん、新卒の社会人と同じ土俵に立つことはないでしょうが、就職に困ることもないでしょう。

 

2.おわりに

引きこもりやニートの人は、仕事を見つけることができないと絶望する必要はありません。正社員にこだわらなければ、仕事を見つけることはできますし、昔ほど就職活動は厳しくならないはずです。

インターネットの求人サイトや地元で発行される就職情報誌をチェックしてみてください。

引きこもりやニートの人は自分に必要な収入を考えてみると、正社員にこだわる必要がないことがわかります。
例えば、結婚をして子育てをする予定がないのであれば、必要な収入を大きく下げることができます。

 

2-1.正社員の給料もあがらない

正社員は福利厚生がしっかりしていて、給料も高いというイメージがありますが、これは必ずしも正確ではありません。

ほとんどの企業は10年以上前から正社員の給料を抑制していますし、毎年の昇給額が1000円程度の正社員も多くいます。10年以上の経験をもつベテランには、新卒で入社したときとほとんど同じ給料の人もいます。

引きこもりやニートの人は、就職して正社員として収入を上げるのではなく、副業によって収入を増やしていくべきです。

 

2-2.3年で離職したり、職歴のブランクがまずいのは過去のこと?

3年以内で離職したり職歴にブランクがあることは、就職活動の際にマイナスになるというのは常識かもしれませんが、これは日本の経済が好調で十分に労働者が確保できた頃の考え方であり、現在の考え方は違います。

例えば、就職してから3年以内に離職した人やブランクの期間がある人を採用しない企業もありますが、必要な従業員の数をそろえることができないので、このルールを廃止した企業もあります。

これに関しては、頭で考えても結論がでないことですから、実際に仕事を探してみて、その考え方を検証してみてください。親や家族の考え方は現在の日本の考え方と違うことがあるので、自分で確認することが一番です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です