将来、引きこもりやニートは生きるのが簡単になるから絶望しなくていい理由

引きこもりやニートは将来に絶望していませんか?しかし、将来は引きこもりやニートが生活保護を簡単に受けれるようになって、生きやすくなります。引きこもりやニートの未来は明るいかもしれません。

引きこもりやニートの未来が明るい理由は、彼らの人口が十分に多くなるからです。引きこもりやニートの人口は約100万といわれていますが、これだけの人口になると、国や社会から見捨てられなくなります。

この記事では、引きこもりやニートの人口が増えることで、彼らが幸せになる理由を紹介します。引きこもりやニート本人とその家族は参考にしてみてください。

将来には、引きこもりやニートが生活保護を受けることが簡単になったり、税金や医療保険などで多くの優遇を受けることができるかもしれません。

1.引きこもりやニートの将来が明るい理由

1-1.引きこもりやニートの人口が多いから

引きこもりやニートの人口は約100万人といわれていますし、この人口は今後も増えていくでしょう。これだけの人口になると、引きこもりやニートは社会から放置されなくなります。

社会への影響力を決める要素にはいくつかありますが、その1つには人口があります。人口が多いグループは選挙で強い影響力がありますから、社会への影響力が強くなり世論を形成することもできます。

日本には多くの社会問題がありますが、国会などで討論される問題は規模が大きいものです。引きこもりやニートの人口が増えてくると、国会などで討論されるようにもなりますし、社会も多くの支援をするようになります。

社会からの理解や関心についても、人口が多いグループは受けやすくなります。引きこもりやニートの人口が少なければ、彼らは社会の理解を得ることができません。

奨学金問題

数年ほど前から、奨学金を返済できない人が社会問題になりました。この理由は簡単であり、奨学金を返済できない人が多くなったからです。
それ以前にも奨学金を返済できない人はいましたが、その数が少なくて問題にならなかっただけです。

引きこもりやニートの問題も同じように、その人口が増えるだけで社会問題として扱われるようになります。

 

1-2.引きこもりやニートは選挙権をもつから

引きこもりやニートの人口は約100万人といわれていますから、この投票数は100万になります。
日本の有権者の数が7000万人ほどで、この投票率が50%だとすると、有効な投票数は3500万ほどになります。

引きこもりやニートを支援する政党は、引きこもりやニート本人だけでなくその両親や家族の票を獲得するでしょうから、それらの合計の投票数は300万~400万ほどになるかもしれません。これは有効投票数の1割に達します。

これだけの投票数があると、引きこもりやニートは国から十分な支援を受けることができるようになります。

 

1-3.引きこもりやニートは高齢者と相性が良いから

引きこもりやニートと高齢者には共通点がありますので、社会福祉政策に関して、引きこもりやニートと高齢者は協力できる可能性があります。

共通点にはいくつかありますが、経済的な弱者であること、強い社会福祉政策や他者の支援を必要としていることなどです。

日本は高齢化社会が進んでいて、シルバー民主主義といわれるようになりましたが、これからはシルバー引きこもりニート民主主義になるかもしれません。

 

2.引きこもりやニートは選挙に行くべき

引きこもりやニートは積極的に投票するのがいいでしょう。投票するための時間やエネルギーはありますから、日本で最も安定した投票グループになることができます。日本の有権者全体の投票率は低下しつつありますが、引きこもりやニートは高い投票率をもつグループになることができます。

高齢者が日本に強い影響力をもっている理由は、人口が多くて投票権を有効に使っているからです。日本で最も高い投票率をもつグループは高齢者です。

引きこもりやニートは参考にしてみてください。

 

3.おわりに

引きこもりやニートの人口は増えつつありますが、これは彼らにとって良いことです。引きこもりやニートの社会への影響力が強まるので、彼らが幸せに生きていくことにつながります。

引きこもりやニートを積極的に支援する政党や政策に関しては、いろいろと調べてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です