引きこもりやニートになると性格は変わる?

引きこもりやニートになると、性格が変わることがあります。また、引きこもりやニートの性格が悪いわけではありませんが、引きこもりやニートは性格を変えるべきかもしれません。

性格が原因で引きこもりやニートになったり、人生が辛くなりやすい性格の場合には、それを変えるほうが生きていくのに役立ちます。これは引きこもりやニートだけでなく、社会人も同じです。

この記事では、引きこもりやニートの性格が変わる理由と正しい変わり方を紹介します。引きこもりやニートは参考にしてみてください。

1.引きこもりやニートの性格が変わる理由

引きこもりやニートは経済的に困窮していたり、将来に不安を感じています。人間は辛いことがあると性格が変わりますが、引きこもりやニートも同じように辛いので、性格が変わることがあります。

引きこもりやニートの性格が変わるのは状況への適応ですから、悪いことではありません。また、引きこもりやニートの性格が悪いわけでもありません。

社会人などもリストラなどをきっかけに引きこもると、性格が変わります。

 

2.引きこもりやニートは性格が変わるべき

引きこもりやニートには、性格を変えるべき人もいます。これは性格が悪いのではなく、生きるのに難しい性格をしていると不都合だからです。

例えば、他人との協調を大事にしすぎる引きこもりやニートは、性格を変えるべきです。この性格は対人的に弱いですし、他人の顔色を窺って自己主張をしないので、他人に利用されます。結果として、他人との関係をうまく築けません。

 

2-1.引きこもりやニートにとって望ましい性格

引きこもりやニートは性格が変わるべきですが、成長する必要はありません。本人が引きこもりやニートとして苦しまずに生きていけたり、社会復帰するのに役立てば十分です。

例えば、他人との協調を大事にしすぎるなら変わるべきです。他人との協調は大事ですが程度によりますし、協調を大事にしすぎると引きこもりやニートになります。ほとんどの社会人は協調と対立のバランスをとっています。

引きこもりやニートは迷惑をかけている家族に罪悪感を感じているかもしれません。これは自然ですが、年齢によってはやめるべきです。社会復帰できない引きこもりやニートはこの性格をしていると、生きるのが辛いだけです。

他にも、引きこもりやニートにおすすめの性格の変わり方を紹介します。

  1. 図太くなる:家族や友人を避けない
  2. 恥を捨てる:無職であることを恥じない
  3. 凡庸さを受けいれる:人生で成功しなくても良いと考える

 

2-2.必要がない性格

引きこもりやニートが性格を変えるというと、明るくて社交的になって輝いて生きるというイメージがあります。しかし、これらの性格は不要です。

引きこもりやニートが引きこもるようになった原因は、社交性のなさではないからです。引きこもりの原因が社交性のなさでなければ、社交性を高めても社会復帰に役立ちません。

他にも、以下のような性格の変化(改善)は不要です。

  1. 社交的になる
  2. 性格を明るくする
  3. 物事をプラスに考える(ポジティブシンキング)
  4. 自信を身につける
  5. 劣等感を克服する 
  6. 高すぎるプライドを治す
  7. わがままをやめる
  8. 甘えをやめる

多くの人は引きこもりやニートが社交性を身につけて甘えをやめれば、問題が解決すると考えています。しかし、これは誤解です。

 

3.性格が悪い方向に変わることもある

引きこもりやニートの性格は、悪い方向に変わることもあります。恥や劣等感を感じている引きこもりやニートは、人を避けることもあります。

例えば、引きこもりやニートが音信不通になる理由の1つは、引きこもりやニートが自分のことを恥ずかしく思って、隠れるからです。

心当たりがある引きこもりやニートは注意してください。この程度が強くなると、生きていくことが辛くなったり社会復帰が難しくなります。

性格がこの方向に変化する原因の1つは、引きこもりやニートであることに恥や劣等感を感じているからです。恥や劣等感を克服すると、性格が悪い方向に変化することを防ぐことができます。

以下の記事で、引きこもりやニートの恥や劣等感を取り除く方法を紹介しましたので、参考にしてみてください。

引きこもりやニートが恥や劣等感を克服する方法

 

 

4.おわりに

ほとんどの人の性格は変わります。年齢が上がったりライフイベント、仕事などで昇進したことがきっかけで新しい性格が必要になるからです。社会人と同じように、引きこもりやニートも性格を変えていくべきというだけです。

性格を変えるというのは、まったく反対の性格になることではありません。

例えば、他人を大事にするという性格の人は、この程度を100点から50点にするだけです。自分は他人と同じように大事ですから、残りの50点は自分のために使うべきです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です