引きこもりやニートが部屋の掃除をするべき理由。快適な引きこもりライフに役立つ

引きこもり(ひきこもり)やニートはごみ屋敷やごみ部屋に住んでいませんか?引きこもりやニートには掃除をして、快適に引きこもることがおすすめです。

引きこもりやニートはごみ部屋に住んでいることが多いですが、これは肉体的にも精神的にも健康に悪いことです。部屋を掃除すると、引きこもりやニートが快適に引きこもることができるようになります。

この記事では、引きこもりやニートに部屋の掃除をすることをおすすめします。部屋の掃除をしても社会復帰には役立ちませんが、快適に生きることはできるでしょう。

1.引きこもりやニートが部屋を掃除するべき理由

1-1.肺を埃(ほこり)やカビから守るため

引きこもりやニートは自分の部屋にいる時間が長いでしょうから、自分の部屋の空気をきれいにするべきです。ほこりやカビが多い空気を吸い続けると、喘息などの肺の病気になるかもしれません。

人間にはごみやほこりを嫌う本能がありますが、この理由の1つはごみやほこりが生存に悪いからです。ごみやほこりを取り除くことは、生存に役立つことです。引きこもりやニートは健康診断を受けていませんから、病気の発見が遅れます。寿命を伸ばすための方法の1つとして、部屋の掃除をするべきです。

部屋の掃除は面倒ですが、習慣として続ければ苦になりません。1日あたり20分程度の掃除なら簡単です。

 

1-2.快適に引きこもるため

引きこもりやニートが同じ部屋にこもり続けるなら、せめて快適にこもるべきです。ゴミだらけの部屋では不快ですし、引きこもりやニートのQOLを低下させます。

部屋をきれいにすることに関心があるなら、インターネットや雑誌できれいな部屋を調べて、それをまねてもいいでしょう。高級なインテリアや家具を買わなくても、住みやすい部屋にできます。

イメージがわかなければ、家具を販売する店などに行って家具やインテリアを見てみてください。きれいな部屋に住みたいと思うようになりますし、気分転換にもなります。

引きこもりやニートには心の余裕がない人が多くて、部屋の模様替えや家具などに関心がなかった人もいます。気分転換として、これらを試してみてください。それほどお金はかかりませんし、時間とエネルギーを費やす対象ができて楽しいかもしれません。

 

1-3.運動不足の解消

運動不足になると便秘になるなどして、快適に引きこもりやニートを続けることができなくなります。掃除は運動不足の解消に役立ちます。

例えば、男性は便秘になりにくいですが、女性は便秘になりやすいです。家の中でできる手軽な便秘対策として、掃除はおすすめです。

運動不足の解消として掃除をするなら、少なくとも30分程度は掃除をしてください。自分の部屋と家全体の掃除をすると、30分程度はかかるでしょう。

 

1-4.メンタルヘルス

掃除にはメンタルヘルスにプラスの効果があります。

引きこもりやニートの心の問題の1つに、無気力があります。やることがないと人間は無気力になりますから、何かすることが必要です。掃除は手軽な作業ですから、無気力対策としてもおすすめです。

何かを磨いたり拭くことは楽しいですから、窓ガラスや家具などをきれいに磨いてみてください。掃除の前後で見違えると、掃除の成果を感じることができて楽しいでしょう。

 

2.おわりに

引きこもりやニートの社会復帰の一歩として、掃除をすすめる考えもあります。しかし、引きこもりやニートは必ずしも社会復帰をする必要はありませんし、無理をする必要もありません。また、掃除をしても社会復帰にはつながりません。

引きこもりやニートは自分が快適に生きるために、掃除をすればいいだけです。部屋を掃除するのに、社会復帰などの理由づけは不要です。

引きこもりやニートに部屋を掃除することを紹介しましたが、家の周りの掃除や草むしりなどをすることもできます。草むしりや落ち葉掃除は1年中必要ですし、運動不足の解消にもなります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です