引きこもりやニートは散髪に行くべき。行かないとひきこもりがひどくなる

引きこもりやニートは散髪に行けなくて困っていませんか?散髪に行くのは面倒ですが、我慢して散髪に行くことをおすすめします。

引きこもりやニートが散髪に行くべき理由は、散髪に行かなくなると散髪に行くことができなくなったり、伸びた髪が恥ずかしくて外出を避けるようになるからです。これは引きこもりやニートの状態を悪化させます。

この記事では、引きこもりやニートに対して、散髪屋に行くべき理由と散髪屋に行けなくなったときの対策を紹介します。

引きこもりやニートが散髪に行くべき理由

散髪に行かないと散髪に行けなくなる

引きこもりやニートが散髪に行くべき理由は、散髪に行かなくなると散髪に行けなくなるからです。髪を切らずに半年ほど経過すると髪がひどく伸びてしまい、恥ずかしくて外出できなくなるからです。

引きこもりやニートは散髪に行くことが嫌いであったり、強い抵抗を感じるかもしれませんが、我慢して行くようにしてください。

 

引きこもりやニートが悪化する

髪が伸びすぎて恥ずかしくなると、引きこもりやニートは外出を避けるようになります。散髪に行くことだけではなく、普通の外出にも恥ずかしさを感じると、引きこもりやニートの状態が強くなります。

引きこもりから閉じこもりになるくらいなら、数か月に1回は我慢して散髪に行くべきです。人間には外見が大事です。

 

散髪するほうが安い

引きこもりやニートは経済的に困っているでしょうし、家族に経済的な負担をかけていることに罪悪感を感じているかもしれません。この場合には、髪を伸ばすより適度な頻度で散髪屋に行くべきです。

散髪の費用は掛かりますが、髪を短く保つとシャワーの時間やシャンプーの量を減らすことができるので、トータルの支出も減らすことができます。

 

シャワーの費用

散髪の1回当たりの費用が3000円であり、3か月(90日)に一度行くと仮定すると、1日あたりの散髪の費用は30円程度になります。

時期によって異なりますが、シャワーの1分あたりの水道やガスの料金の合計は数円程度です。髪を短く保つことで、1回あたりのシャワーの時間を数分間短くできるなら、散髪費を回収できます。

1000円カットなどの安い散髪屋を利用する場合には、散髪費を回収することは簡単ですし、トータルの支出を減らすことにつながります。

 

気分が良くなる

人間は外見が良くなると気分が良くなります。憂鬱な気分で過ごしている人は散髪に行ってください。この程度の支出は贅沢ではありませんし、おいしいものを食べるより安上がりです。

 

引きこもりやニートのための散髪の方法

いつもの散髪屋

おすすめはいつもの散髪屋に行くことです。髪をうまく切ってくれますし、会話をする機会にもなります。会話が嫌いな人は他の客がいる土日に行ってください。理容師が忙しいと、会話をする可能性も減ります。

理容師にもよりますが、無職の人に仕事の話をする理容師はほとんどいません。理容師は客商売ですから、客に配慮するからです。天気や最近の出来事など、気まずくない話をするくらいでしょう。

 

いつもと違う散髪屋

伸びすぎた髪が恥ずかしくて散髪に行けない人は、いつもの散髪屋ではなく遠いところにある別の散髪屋に行くことがおすすめです。この散髪屋には2度と行かないでので、恥をかいても大丈夫です。

人間が恥を感じる相手には特徴があり、距離感が近い友人や知人、散髪屋などの距離感が中くらいのひとです。

人間は距離感が遠すぎる赤の他人に対して恥を感じません。遠いところにある赤の他人の散髪屋に対しては、恥をかかなくてすみます。

 

1000円カット

1000円カットは一般的な散髪屋より散髪にかける時間が短いので、すぐに終わります。1000円カットは客の回転数を上げることで利益を増やすビジネスですから、1人あたりの散髪時間は短くてすみます。

慣れていない散髪屋で散髪をすると、カットに満足するとは限りませんが、伸びすぎた髪よりましです。

 

セルフカット

自分で髪を散髪することもできますが、これは実際にはかなり難しいです。引きこもりやニートはセルフカットに興味があるかもしれませんが、やらないほうがおすすめです。

セルフカットをするには専用のすきばさみなどが必要ですから、普通のはさみでセルフカットをすると不自然な髪になってしまいます。セルフカットに興味がある人は、以下のようなすきばさみを使ってみてください。

男性はバリカンを使う方法もあります。長めのアタッチメントを使えば丸坊主にする必要はありません。ショートカットの女性も、バリカンを使えるかもしれません。

     

 

引きこもりやニートは散髪に行くべき

引きこもりやニートは社会との接点が少ないでしょうが、ある程度の接点は生きていくために必要です。散髪屋に行くことが嫌でも、我慢していくことをおすすめします。

 

散髪に行けない病気

不安障害などの精神病にかかっていると、散髪に行くことに強い恐怖を感じたり、行くことができないことがあります。散髪に行くことができなくなる精神病をいくつか紹介しますから、参考にしてみてください。

引きこもりやニートには精神病の人が多いですから、心あたりがある人はインターネットで調べてみてください。このサイトにも、広場恐怖症や社会不安障害(SAD)、強迫性障害(OCD)などに関する記事があります。

 

広場恐怖症

不安障害の1つである広場恐怖症は閉所恐怖症に似ていますが、少し違います。広場恐怖症にかかると、物理的に身動きが取れない所だけではなく、散髪屋や歯医者などの社会的に身動きが取れない状況も恐れるようになります。

散髪の際中には身動きをすることができませんから、これは閉所と同じだからです。

 

社会不安障害(SAD)

不安障害の社会不安障害(SAD)も、散髪に行くことができない原因になります。社会不安障害は社交不安障害とも呼ばれる対人恐怖症ですが、これにかかると人に会って恥をかくことを恐れるようになります。

引きこもりやニートには、無職であることを恥ずかしいと感じる人がいます。無職で恥ずかしくて散髪に行けない人は、このタイプです。

 

潔癖症や強迫性障害(OCD)

潔癖症は強迫性障害(OCD)の症状の1つですが、これも不安障害の1つです。潔癖症になると散髪で感染症が怖くなって、散髪に行けなくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です