引きこもりやニートは海外に移住すると、お金の問題(8050問題)を解決できる

引きこもりやニートは経済的な問題で困っていませんか?アジアなどの物価が安い国に移住すると、この問題を解決することができます。物価が安い国に海外移住するなら、仕事を見つける必要もありません。

日本の社会問題の1つに8050問題があります。これは引きこもりやニートの親が80代で亡くなった後に、その子である50代の引きこもりやニートが生きていけずに共倒れになるものです。

引きこもりやニートが生きていけない理由にはいくつかありますが、それらの中で最も大きな理由はお金がないことです。お金があっても幸福になれるとは限りませんが、最低限のお金がないと生存することができません。

この記事では、引きこもりやニートを対象に、アジアなどの物価が安い国に移住することをおすすめします。これはお金の問題を解決することにつながります。

引きこもりやニートは経済的に苦しくても働くことができないかもしれませんが、日本で無理に仕事を探すより、海外に移住するほうが簡単です。これは8050問題を解決する方法の1つです。

引きこもりやニートに海外移住がおすすめの理由

1.経済的な問題を解決できるから

引きこもりやニートの大きな問題は生きていくために必要なお金がないことです。引きこもりやニートには孤独などの問題もありますが、経済的に生きていけないことが最も大きな問題です。

アジアなどの生活費が安い国に移住すると、この問題を解決することができます。引きこもりやニートは物価が高い日本で生きていけなくても、アジアの国では十分に生きていけるからです。

例えば、タイの1か月あたりの生活費は3万円~5万円程度で十分ですから、1年あたりの生活費は60万円程度で十分です。日本で生活すると、この金額は半年分の生活費にもなりません。

 

少しの収入でも生きていける

引きこもりやニートに少しでも収入があると、アジアの国で生活することが簡単になります。

例えば年金やブログの運営などで、1か月あたり2万円の収入があると仮定すると、タイでの1か月あたりのマイナスの生活費は1万円~3万円程度に抑えることができます。引きこもりやニートが両親の遺産などで1000万円程度を相続できるなら、タイで数十年間生きていくことができます。

アジアに移住するなら、日本にある家や土地などの財産を売却することもできます。これらの売却益が500万円、両親の現金の遺産が1000万円とすると、その合計は1500万円になります。

両親の遺産と年金などの収入があると、引きこもりやニートは両親が亡くなった後も、一生お金に困りません。

参考までに、日本の年金の受給資格がある人は、海外に居住していても日本の年金を受け取ることができますし、海外のATMから現金を引き出すこともできます。また、日本国籍を保持し続けることができます。パスポートの更新などの手続きを除いて、日本に帰国する必要はありません。

 

2.働く必要がなくなるから

引きこもりやニートの問題の1つは働くことができなかったり、仕事を見つけることができないことです。これは職歴に長期のブランク期間があると、就職することが難しいからであり、引きこもりやニートに限ったことではありません。

海外に移住すると、引きこもりやニートは働く必要がなくなるので、この問題を解決することができます。日本で仕事を見つけることができなくて苦労するより、仕事をしなくても生きていくことができる道を探すほうが現実的です。

日本で働くことができなかった引きこもりやニートは、アジアの国でも働くことはできないでしょう。しかし、生活費が安い国に移住すれば、現地で働く必要もありません。

 

3.自尊心を回復できるから

引きこもりやニートは自尊心が低いことに苦しんでいます。この原因にはいくつかありますが、経済的に苦しいことや働く必要があるのに働けないことです。解決するべき問題を解決できないというのは、人間にとって苦しいことです。

引きこもりやニートはアジアの国に移住すると、この問題を解決することができます。物価が安い国では、引きこもりやニートは豊かな生活をすることができますし、働く必要もなくなるからです。

 

海外に移住すると傷つかない

日本では、引きこもりやニートに対する世間の目は厳しいところがありますが、海外に移住するとこれを気にする必要がなくなります。

他人から敬意を受けるのに必要なことは、経済的な豊かさと適度な距離感を維持することです。引きこもりやニートがアジアの国に移住するとリッチなお客さんになりますから、現地の人から大切にされるかもしれません。また、現地の人と適度な距離感を維持することもできるでしょう。

 

生活保護を受給するよりおすすめ

海外に移住することの魅力の1つは、日本の生活保護に頼る必要がないことです。日本の生活保護の仕組みは、申請者に対して必ずしも優しいものではありません。

生活保護に頼るより、海外に移住するほうが自尊心にとってプラスです。もちろん、生活保護を受給することは悪くないですし、海外移住にチャレンジしてみて、失敗したら日本に帰国して生活保護を受けるのもいいでしょう。

現地の国に帰化しない限り、日本人は海外に移住しても日本国籍を維持することができます。海外移住に失敗したら日本に帰ればいいだけです。

日本の高齢化が進むに伴って財政が悪化しますから、生活保護の審査は現在のものより厳しくなり、引きこもりやニートの親族が彼らを支援するように求められるようになるといわれています。これは引きこもりやニートとその親族にとって不幸なことです。

引きこもりやニートが海外に移住すると、親族に迷惑をかけることもないので、引きこもりやニートにとって幸せでしょう。親族から白い目で見られて我慢するより、他のところで生活することを考えてみてください。

 

引きこもりやニートは年金を払うべき

引きこもりやニートが海外移住を考えるなら、年金を納めておくことがおすすめです。年金は引きこもりやニートが得ることができる収入の1つですし、破綻しないといわれています。

実際にもらえる年金の額には個人差がありますから、インターネットでシミュレーションをしてみてください。この記事では、引きこもりやニートがもらえる年金額の月額を2万円程度と仮定していますが、これは現実的な金額です。

参考までに、国民が年金を受給するには少なくとも10年間の納付期間が必要であり、国民が国に納付する金額は2019年の時点で月額16000円ほどです。

 

おわりに

アジアの国に移住することに興味がある人は、若いときに下見しておくことをおすすめします。いきなり永住することは難しいですし、自分に永住ができるかを見極めるべきです。

いくつかの国を訪れてみて、相性が良い国を見つけてみてください。移住に適したアジアの国はいくつかありますが、治安が良くて物価が安いタイなどがおすすめです。

タイに旅行するための費用に関しては、1か月あたりの生活費が5万円程度、往復の飛行機代が5万円程度です。飛行機のチケット代は時期によっても違いますから、インターネットで調べてみてください。
1人で海外旅行をすることが不安なら、ツアー旅行に参加することもできます。

引きこもりやニートはお金がなくて困っているでしょうから、海外旅行は難しいかもしれません。しかし、これは将来の生存のための調査ですから、この程度の金額を投資する価値があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です