引きこもりやニートがランニングをするべき理由

引きこもりやニートの方は孤独感や経済的な問題などの他にも、肥満などの健康問題やすることがないなどの精神的なつらさを感じているのでしょう。
これらのうち健康問題や精神的なつらさに関しては、ランニングをすることによって解消することができるかもしれません。
この記事では引きこもりの方に向けて、健康的で手軽な趣味としてランニングを紹介します。

 

引きこもりの問題

肥満や運動不足などの不健康であること

外出の機会が減ると運動不足や肥満、便秘になりやすくなります。パソコンの前に座ってインターネットやゲームなどを長時間している場合には、オフィスワーカーと同じような健康のリスクを抱えています。
また、学校や職場などで実施される定期的な健康診断を受けることができないので、高血圧や糖尿病などを発症してもその発見ができなくなります。さらに、体調不良などを感じても病院などに通院したくないこともであるでしょう。

 

現在や将来の医療費

運動不足などの状態が続いて高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかると、多くの医療費がかかります。
例えば高血圧になると血圧を調整する薬を毎日飲む必要がありますし、糖尿病になると血糖値を測定するための毎月の血液検査が必要になります。いくつもの病気に同時になることも多いので、一つではすまないでしょう。引きこもりのように経済的な問題をもつ方の場合には、生死にかかわる問題です。

 

メンタルヘルス

引きこもり生活を満喫している方を除き、相談や会話をする相手がいないなどの孤独や暇な時間が続くと、考えが悪い方向に向かいやすくなります。
自殺率が最も高い職業は無職ですが、引きこもりやニートの方はこれに含まれます。

 

ランニングの効果

ランニングは手軽な運動であり、引きこもりの方の問題をいくつか解決できる可能性があります。

健康と医療費

ランニングをして適切な体重や運動量、筋肉量を維持すると、高血圧や糖尿病などを予防することができます。例えば高血圧に関しては、肥満の方が1kgの脂肪組織を減らすと、その組織を維持するための血液を必要としなくなるので、1~2mmHgの血圧を下げることができます。糖尿病に関しては、運動不足が発症リスクを高めることが知られています。高血圧や糖尿病などを予防することで、医療費を削減することができるでしょう。

 

メンタルヘルス

ランニングのタイムが向上したり長距離を走ることができるなど、他人より体力が優れるようになると、適度な自尊心や自信をもつことにつながります。日光を浴びることやランニングなどのリズム運動はうつ病などにも効果があるとされています。
引きこもりのつらさの一つはすることがないことだと思いますが、ランニングには大人が熱中するほどの面白さがあるので、これを解消することができるかもしれません。

 

生活リズム

睡眠時間が不足したり不規則な方は、病気になりやすいことが知られています。例えば私の場合には、睡眠時間が不足すると左胸が苦しくなります。
ランニングなどの運動をすることによって、日光を浴びたり適度に疲れると睡眠リズムを維持することができます。特に引きこもりの方のように、部屋にいる時間が長い場合にはおすすめです。

 

ランニングのやり方

毎日一時間ほど、10km程度を走るといいでしょう。運動をする習慣がない方は10kmを走ることが大変に思えるでしょうが、3km程度のランニングから始めて2か月もあれば走ることができるようになります。ウォーキングから始めてもいいでしょう。

なお、ランニングシューズなどの費用が発生しますが、ランニングシューズは初心者向けの1足あたり5千円程度のもので十分であり、1年間に1万円程度です。食費なども増えるかもしれませんが、高血圧や糖尿病などを発症した場合の医療費と比較すると、これらは小さいものです。

おわりに

引きこもりの方の問題には経済的なものなどもありますが、健康など一部の問題はランニングによって解決することができるかもしれません。引きこもりは悪いことではありませんし、引きこもりを続けるなら健康的に引きこもるといいでしょう。

なお、ランニングをすることに恥ずかしさを覚える方もいるかもしれませんが、社会人にもランニングを趣味にしている方が多くいますし、引きこもりの方が早朝や日中、夜間などの時間帯にランニングをしていても違和感はありません。

 

歯医者に行きたくない引きこもりやニートは、歯を大切にするべき。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です