引きこもりやニートから天才(小説家や芸術家など)が生まれない理由

引きこもりやニートの数は100万人以上だと言われていますが、その中で成功した人はほとんどいません。

100万人が自由な時間とエネルギーを持て余しているのに、それからすごい人(天才や偉大な小説家・芸術家)が生まれないのには理由があります。

この記事では、引きこもりやニートからすごい人が生まれない理由を紹介します。引きこもりやニートはこの記事を参考にして、何かに取り組んでみてください。もちろん、引きこもりやニートはすごい人になる必要はありませんが。

1.引きこもりやニートからすごい人が生まれない理由

時間とエネルギーを浪費しているから

引きこもりやニートは時間に余裕がある生活をしていますが、必ずしも快適な生活をしているわけではありません。経済的には貧しいですし、将来についての不安もあります。

社会人は時間とエネルギーを仕事に費やしますし、芸術家は創造に取り組みます。しかし、引きこもりやニートは不安や妄想、ゲームなどに時間を費やしているのでしょう。これでは、生産的になることは無理です。

 

視野が狭くなっているから

引きこもりやニートとその家族は、視野が狭くなっていることがあります。引きこもりやニートができる仕事を探したり、自立することだけを考えているからです。これは自然なことですが、他への関心がなくなるだけです。

日本人の多くは就職にこだわりますから、他の選択肢を考えません。この意味では、引きこもりやニートの視野が狭くなるのは、日本の社会にも原因があります。

 

集中することがないから

引きこもりやニートからすごい人が生まれない理由の1つは、彼らが何かに集中していないことです。引きこもりやニートは望んでそうなったわけではないので、何をしていいのかわからないからです。

アスリートは暇な時間をトレーニングに使いますし、芸能人はネタ作りに集中するでしょう。しかし、引きこもりやニートはその時間を無駄に過ごしているだけです。

もちろん、引きこもりやニートがどのように時間を過ごすかは本人の自由です。しかし、何か集中する仕事や趣味がなければ、何かを生み出したり成功することもありません。

 

社会人やサラリーマンも同じ

引きこもりやニートは時間とエネルギーを有意義に使えていませんが、社会人は引きこもりやニートを責めることはできません。社会人が同じ状況になったら、同じ結果になるからです。

例えば、ほとんどの社会人は趣味のゲームやギャンブルに暇な時間を使いますし、何かを生み出すことはしません。盆休みや年末年始の休暇を無駄に過ごす人がほとんどです。これは悪いことではありませんが。

 

2.引きこもりやニートは何かに取り組むべき

引きこもりやニートはせっかく自由な時間があるのですから、何かに取り組んでみてください。

例えば、引きこもりやニートは珍しい人生を生きていますから、他の人が知らないことを経験しているかもしれません。その経験で小説を書けるかもしれません。

いきなり小説を書くのは難しいですから、短い小説を書いてみてください。書いているうちに要領がつかめてきます。

年齢にもよりますが、運動に取り組む方法もあります。社会人よりは時間に余裕があるので、多くのトレーニングができるはずです。オリンピックには行けないでしょうが、他の大会で優勝できます。

ゲーム実況などもあります。これはお金になるかもしれませんし、視聴者数が見えるので成果が分かりやすいです。

 

3.仕事やお金稼ぎ以外を考える

引きこもりやニートは働いていないですから、仕事をしてお金を稼ぐのが先と考えるかもしれません。しかし、この考え方は選択肢を狭めるだけです。仕事やお金稼ぎ以外のことを考えてみてください。

インターネットを利用して、自分の趣味で収入を得ている人がいますし、釣りやキャンプ・筋トレなどでお金を稼ぐ人もいます。引きこもりやニートは仕事以外にやることを見つけてみてください。

引きこもりやニートには心身ともに消耗している人がいますが、これは本人が働けないのに働こうとするからです。他の選択肢を探してみてください。

趣味を追求しても収入につながらないかもしれませんが、収入につながる可能性もあります。不安や妄想をやめるだけでも、健康には良いです。

引きこもりやニートは自立できないかもしれませんが、人生を楽しむことはできるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です