引きこもりやニートが早寝早起きするべき理由。

引きこもり(ひきこもり)やニートには、昼夜逆転の生活や夜型の生活をしている人がいます。しかし、昼夜逆転や夜型の生活は循環器系などの病気になりやすいので、危険でもあります。

生活スタイルは個人の自由ですが、引きこもりやニートは健康診断を受けていませんし、経済的に困窮しています。引きこもりやニートは健康の維持や医療費の節約のために、早寝早起きで健康な生活をするのがおすすめです。

この記事では、引きこもりやニートに早寝早起きの生活をすることをおすすめします。引きこもりやニートは参考にしてみてください。

1.引きこもりやニートが早寝早起きするべき理由

1-1.健康を維持するため

早寝早起きは健康に良いとされていますが、これは人間の生活リズムにあっているからです。人間は原始時代の頃から明るい時間帯に活動してきましたから、そのようにできています。

睡眠リズムのずれは、がんや循環器系の病気に関係があるとされています。例えば、勤務時間帯が不規則な人や過労の人は循環器系の病気になりやすいです。引きこもりやニートには30代や40代の人が多いですが、睡眠不足の悪影響を感じるでしょう。

引きこもりやニートは早寝早起きして、健康を維持することがおすすめです。引きこもりやニートは健康診断を受けていないでしょうし、経済的にも困窮しているはずです。必要なときに医療を受けることができないかもしれません。

健康に生きたいなら、健康に気をつけることしかできません。十分な睡眠をとることは病気の予防になりますし、簡単で無料です。

 

1-2.メンタルヘルスに良いから

引きこもりやニートには心の病気の人が多いとされています。うつ病や不安障害などの精神病になって引きこもりやニートになった人がいますし、引きこもりやニートのストレスから心の病気になる人もいます。

うつ病や不安障害の治療の1つは睡眠リズムを整えることです。人間にとって睡眠は大事ですし、睡眠が足りないと脳や心にも悪影響がでます。過労の人は精神病になりやすいですが、この理由の1つは睡眠不足です。

引きこもりやニートは精神病を改善したり予防するために、正しい睡眠習慣をもつようにしてください。正しい睡眠習慣は個人によって違うでしょうが、早寝早起きがおすすめです。

早寝早起きの睡眠時間

おすすめの睡眠時間帯は23時~7時です。睡眠時間が8時間もあれば、ほとんどの人は健康的な生活ができます。8時間の睡眠をとることは、時間の無駄と思うかもしれません。しかし、引きこもりやニートは一般の人より健康に気をつけるべきですから、8時間の睡眠をとってもいいと思います。

23時にはパソコンやスマートフォンを使うのをやめて、布団に入るようにしてください。慣れるまでは寝れないでしょうが、数日で慣れるようになります。

引きこもりやニートには自由な時間があるでしょうから、そのうちの1時間を睡眠に割り当てるだけで、健康に長生きすることにつながります。

 

1-3.できることが増えるから

引きこもりやニートは家に引きこもっていますが、この理由の1つは夜に活動しているからです。夜に活動するのは自由ですが、夜にできることは限られていますし外出することも減っていきます。引きこもりやニートの状態が悪化して閉じこもるようになるのは、生活習慣がずれるからでもあります。

引きこもりやニートが早寝早起きをすると、できることも増えます。外出しやすいですし、掃除やランニングなどの趣味もできるようになります。早寝早起きは引きこもりやニートの幸せにつながります。

 

インターネットやゲームは昼間にする

引きこもりやニートには、インターネットやゲームに多くの時間を費やしている人もいます。この理由の1つは他にすることがないからでしょう。

早寝早起きしてできることが増えると、インターネットやゲームから卒業できるかもしれません。インターネットやゲームをしたいなら、深夜ではなく午前中や昼間にするほうが健康的です。

映画鑑賞やインターネットの記事を読むために、深夜まで起きていることがあります。しかし、これらは昼間にできることですから、昼間にしたらいいでしょう。映画やニュースを見るのは昼と夜のどちらでも同じですが、健康的なのは昼にするほうです。

 

2.おわりに

夜型の引きこもりやニートは早寝早起きをする必要はありません。しかし、ほとんどの人間は朝型ですし、朝型のほうが健康的だと思います。夜型の生活をしている引きこもりやニートはたまたま夜型の生活をしているだけであり、それまでは朝型の生活をしていたはずです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です