引きこもりやニートはクレジットカードを作れない?デビットカードは作れるからおすすめ

引きこもりやニート、無職などの無収入の人は、クレジットカードを作ることができずに困っていませんか?クレジットカードを作ることができない場合には、デビットカードを作ることがおすすめです。

クレジットカードを作る際には、その人の収入などの返済能力が審査されるので、収入がない人はクレジットカードを作ることができないことがあります。しかし、デビットカードを作る際には審査が不要ですから、無収入の人でも作ることができます。

この記事では、引きこもりやニート、無職などの無収入の人を対象に、デビットカードを作ることを紹介します。
クレジットカードを作れない人は、その代わりとしてデビットカードを作ることを考えてみてください。

 

1.引きこもりやニートにデビットカードがおすすめの理由

1-1.オンラインショッピングができるから

クレジットカードと同じように、デビットカードでもオンラインのショッピングをすることができます。引きこもりやニートはインターネットでのオンラインショッピングをすることが多いでしょうから、デビットカードがあると便利です。

通常の店舗の支払いでも、デビットカードを使うことはできます。

オンラインの支払いの方法にはコンビニで入金する方法もありますが、これはコンビニに行く必要があるので面倒です。

代金引換(代引き)の手数料を節約できる

クレジットカードやデビットカードがない場合には、代金引き換えにする方法もあります。しかし、代金引き換えにすると手数料がかかります。デビットカードを使う場合には、代金引き換えにしなくてすみます。

 

1-2.審査がないから(無収入でも作れる)

引きこもりやニート、無職などの無収入の人がクレジットカードを作る際に問題になるのは、収入がないために審査に受からないことです。しかし、デビットカードを作る際には審査がないので、引きこもりやニートもデビットカードをもつことができます。

クレジットカードを使った支払いでは、利用者はクレジットカード会社に一時的に借金をするので、クレジットカード会社は利用者の返済能力をチェックする必要があります。

デビットカードで支払いをする場合、その支払いは口座に入金されている残金から即時に支払われるので、利用者はクレジットカード会社に借金をしません。借金がないデビットカードでは、クレジットカード会社は利用者の返済能力をチェックする必要がありません。

デビットカードを使うと、銀行口座の残金の範囲でのみ取引することができるので、分割払い(借金)で支払いをすることはできません。

 

1-3.年会費無料のカードがあるから

デビットカードは口座をもっている銀行で作ることができますが、おすすめの銀行はありません。入金がしやすいように、住んでいるエリアにある銀行がおすすめです。インターネットでいろいろと調べてみてください。

デビッドカードには、年会費が無料のものが多いです。

 

2.おわりに

引きこもりやニート、無職などの無収入の人がクレジットカードの審査に合格しない場合には、デビットカードを作ることを考えてみてください。デビットカードを作る際には、審査がありません。

 

2-1.クレジットカードはデビットカードよりおすすめ

この記事では、引きこもりやニート、無職などの無収入の人がクレジットカードをもつことができない場合の代わりとして、デビットカードを作ることを紹介しました。しかし、クレジットカードを作ることができるなら、クレジットカードはデビットカードよりおすすめです。

クレジットカードでは借金ができるので、支払いでは分割払いを使うことができますし、一時的にお金が必要になった場合には借金をすることができます。

引きこもりやニートなどがクレジットカードを欲しい場合には、とりあえずクレジットカードの申し込みをしてみることがおすすめです。審査に合格する可能性はありますし、失敗したらデビットカードにしてもいいでしょう。

クレジットカードに関しても、おすすめのものはありません。インターネットなどでいろいろなカードを調べてみて、自分に合ったものを選んでみてください。クレジットカードには、年会費が必要なものもあります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です