引きこもりやニートが健康診断を受ける方法。病気が心配なときの対策

引きこもりやニートは自分の健康が心配ですか?ほとんどの引きこもりやニートは健康診断を受けていないでしょうが、安い金額で健康診断を受けこともできます。

健康診断は学校や会社で受けるものですが、引きこもりやニートは自治体が実施している健康診断を受けることができます。健康診断には高いものがありますが、自治体が実施している健康診断には安いものがあり、その費用は数千円程度です。

この記事では、引きこもりやニートを対象に、住んでいる自治体が実施している健康診断を受けることをおすすめします。引きこもりやニートとその家族は参考にしてみてください。

 

1.引きこもりやニートと健康診断

1-1.健康診断の受け方

引きこもりやニートは学校や会社での健康診断を受けていないでしょうから、自治体がそれを把握して健康診断の通知を送ってくることがあります。このときに、引きこもりやニートがその健康診断に申し込んで下さい。

引きこもりやニートはインターネットで、住んでいる自治体が実施している健康診断を調べたり、申し込むこともできます。こちらのほうがおすすめであり、自治体からの通知を待つ必要がありませんし、受ける健康診断を指定することができます。
例えば、具合が悪いなどの自覚症状があるなら、早めに健康診断を受けるといいでしょう。

 

1-2.健康診断は安い

自治体が実施している健康診断に必要な金額は数千円程度です。具体的な金額は住んでいる自治体や健康診断の内容によって異なりますが、無料や1000円程度で受けることができるものもありますので、確認してみてください。

引きこもりやニートは経済的に苦しいかもしれませんが、この程度の金額を払うことはできるでしょう。必要な場合には、家族に相談してみてください。家族に対して医療費を要求することは気が引けるかもしれませんが、生きることに役立ちます。

どんな病気もそうですが、予防したり初期の段階で治療するほうが、発症したり進行してから対処をするより医療費が安くて済みますから、経済的に合理的でもあります。

引きこもりやニートの病気の発見が遅れて医療費が高くなったとすると、その医療費を負担するのは家族なのでしょう。引きこもりやニートは遅かれ早かれ医療費を家族に求めるのですから、必要な医療費を少なくするために健康診断のお金を家族に要求することがおすすめです。

 

遠慮は役に立たない

遠慮をすることは悪いことではありませんが、それはときと場合によります。必要以上の遠慮をしていると自分が損をするだけです。
引きこもりやニートは自分のために、健康診断を受ける費用を家族に要求してください。これは悪いことではありません。

引きこもりやニートは家族に医療費だけでなく、小遣いも要求するべきです。引きこもりやニートにも小遣いが必要ですし、小遣いがないと社会復帰することの妨げにもなります。

引きこもりやニートに小遣いが必要な理由に関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。参考までに、引きこもりやニートは健康診断の費用を要求してしばらくしてから、小遣いを要求することがおすすめです。一気にお金を要求されると、家族は渋るかもしれません。

引きこもりやニートに必要な小遣いはいくら?5000円くらいがおすすめ

 

1-3.必要な健康診断を選択できる

自治体の健康診断は人間ドックと異なり、必要なものだけを自分で選ぶことができます。引きこもりやニートは自分がかかりそうな病気を考えて、健康診断を受けてもいいでしょう。

例えば、運動不足になっている引きこもりやニートは糖尿病や高血圧にかかりやすいでしょうから、これらの健康診断を受けるべきです。また、自分の家系にがんや循環器系の病気で亡くなった人がいる場合には、がん検診や循環器系の健康診断を受けるだけでも効果があるはずです。

 

2.おわりに

健康診断を受けることは誰にとっても面倒ですが、健康診断を受けることがおすすめです。数年に1度でも健康診断を受けると、寿命を延ばすことにつながります。

引きこもりやニートが健康診断を受けたくない理由の1つは、無職であることを恥ずかしく思っていることです。しかし、引きこもりやニートが健康診断の際に、無職であることを医師や看護師に知られたとしても、その人たちと会うことは2度とないですから気にする必要はありません。

20代や30代の引きこもりやニートはあまり健康に問題がないでしょうが、糖尿病や循環器系などの病気を発症するのは40代になってからが多いです。健康な状態がずっと続くと考えるのは間違いです。

 

2-1.引きこもりやニートにはランニングがおすすめ

引きこもりやニートは健康を維持するために、ランニングなどの運動をすることがおすすめです。ランニングをすると適正体重を維持したり、糖尿病や高血圧を予防することにつながります。

この記事では、引きこもりやニートに健康診断を受けることをおすすめしましたが、心理的な抵抗が強い人は健康診断を受けることができないでしょう。その場合には、自分ができる範囲で健康を維持してください。

引きこもりやニートがランニングをするべき理由に関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。屋外でのランニングをすると近所の人の目が気になる場合には、ジムに通う方法もあります。

引きこもりやニートがランニングをするべき理由

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です