引きこもりやニートのスマホや携帯電話を解約するべき理由

引きこもりやニートの家族は、彼らのスマートフォンや携帯電話を解約するべきか悩んでいませんか?引きこもりやニートのスマートフォンや携帯電話を解約して、そのお金を別のことに使うのがおすすめです。

引きこもりやニートの家族が、彼らのスマートフォンや携帯電話を解約するべき理由は、彼らが働いていないことに対する懲罰ではなく、そのお金を自立や病気の治療などに使うべきだからです。スマートフォンや携帯電話は便利ですが、それより優先するべきことがあります。

この記事では、引きこもりやニートの家族に、彼らのスマートフォンや携帯電話を解約するべき理由と、それで浮いたお金を彼らの自立のために使う方法を紹介します。なお、スマートフォンや携帯電話がないとインターネットをすることができない引きこもりやニートに関しては、スマートフォンや携帯電話を解約しないほうがいいでしょう。

 

1.引きこもりやニートのスマホや携帯電話を解約するべき理由

1-1.コミュニケーションをする相手がいないから

スマートフォンや携帯電話を契約していても、それでコミュニケーションをとる相手がいなければ無駄です。引きこもりやニートは他人とコミュニケーションをとることがないので、スマートフォンや携帯電話を解約しても不都合はありません。

 

スマートフォンや携帯電話を解約してもネットはできる

スマートフォンや携帯電話を所有する理由の1つはインターネットをすることですが、家でインターネットをすることができるなら、パソコンや解約したスマートフォンでもインターネットをすることができます。
もちろん、解約したスマートフォンや携帯電話を返却する必要はありません。

 

1-2.コミュニケーションには無料アプリで十分だから

家でインターネットを使うことができるなら、引きこもりやニートはスマートフォンや携帯電話を解約しても、家族や友人とコミュニケーションをすることができます。解約したスマートフォンや携帯電話で電話をすることはできませんが、LINEなどの無料アプリを使うと、電話と同じように会話をすることができます。

私はLINEなどの無料アプリが普及してから、電話を使うことはほとんどなくなりました。無料アプリで十分であり、スマートフォンや携帯電話を契約する必要はありません。

 

1-3.引きこもりやニートの自立に、浮いた通信費を使うべきだから

引きこもりやニートは自立するか、インターネットなどで収入を得る方法を見つける必要があります。引きこもりやニートの家族は彼らのスマートフォンや携帯電話を解約して、浮いたお金をそれに使うのがおすすめです。

 

浮いたお金で、収入を得る方法を見つける

引きこもりやニートが収入を得るには投資やブログ、YouTuberになるなどの方法があるでしょうが、浮いたお金をそのために使ってください。収入を得る方法を見つけることは難しいですが、なんらかの方法を見つけることができます。

引きこもりやニートにとって最も悪いことは、何もしないで年月を過ごしてしまうことです。何かを始めてみると、それまでに気づかなかったことにも気づくようになりますし、うまくいく可能性があります。

 

精神科やカウンセリングに通うこともおすすめ

引きこもりやニートには精神病になっている人も多いですから、浮いたお金で精神科に通院したりカウンセリングを受けることもおすすめです。精神科に通院するための費用には個人差がありますが、診察や薬にかかる1か月当たりの医療費は5000円程度です。

 

2.おわりに

引きこもりやニートに対する世間の考え方は厳しくて、働いていない引きこもりやニートはスマートフォンや携帯電話を持つに値しないという考え方や、懲罰としてスマートフォンや携帯電話を没収するべきという考え方があります。
しかし、これらの考え方は引きこもりやニートを悪く刺激しますし、彼らに自立を促すこともないので役に立ちません。

 

2-1.引きこもりやニートの小遣いにする

引きこもりやニートの家族は彼らのスマートフォンや携帯電話を解約して、浮いたお金を彼らの小遣いにすることも考えてみてください。引きこもりやニートは、スマートフォンや携帯電話を解約されると反発するかもしれませんが、浮いた通信費が小遣いになるなら同意するかもしれません。

引きこもりやニートに小遣いを与えるべき理由に関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。引きこもりやニートに小遣いを与えることは、自立を促すことに役立ちます。

引きこもりやニートに必要な小遣いはいくら?5000円くらいがおすすめ

 

2-2.ネット依存症になっている場合は注意が必要

引きこもりやニートがネット依存症になっていると、彼らのスマートフォンや携帯電話を解約することは危険かもしれません。引きこもりやニートが事件を起こすことがありますが、そのきっかけがインターネットの解約であることもあります。

引きこもりやニートがネット依存症になっている場合には、家族の人は慎重に対処する必要があります。引きこもりやニートへの懲罰としてスマートフォンや携帯電話を解約すると、強い反発を受けます。

引きこもりやニートのネットを解約することは危険であることを、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。この記事では、引きこもりやニートのスマートフォンや携帯電話を解約することを紹介しました。しかし、私は引きこもりやニートのインターネットを解約することには反対です。

引きこもりやニートのネットを解約するのは危険?自立を促すことに使うべき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です