引きこもりやニートでも結婚したい?引きこもりやニートが結婚するべきでない理由

引きこもりやニートは結婚することに興味がありませんか?結婚する目的にはいくつかありますが、その1つは経済的な保護を求めることです。
引きこもりやニートは自立することができなくても、専業主婦や主夫になることはできます。

結婚をする理由は個人の自由ですから、経済的な理由で結婚することは悪いことではありません。しかし、引きこもりやニートが結婚をする場合には注意が必要です。引きこもりやニートは専業主婦や主夫になることはできますが、普通の専業主婦や主夫と違って、できないこともあるからです。

この記事では、引きこもりやニートは経済的な保護を目的として結婚しても、うまくいかない理由を紹介します。結婚に興味がある引きこもりやニートは参考にしてみてください。

1.引きこもりやニートが結婚するべきでない理由

1-1.収入がないと配偶者との仲が悪くなるから

引きこもりやニートは収入がないでしょうから、配偶者との関係が悪くなる可能性があります。引きこもりやニートと結婚する人は、彼らが収入を得ることはないことを覚悟して結婚します。しかし、結婚してから生活が始まると、状況は変わります。

例えば、生活費や食費などの支払いをする必要がありますし、子供が生まれることもあるでしょう。結婚したときの前提がそのまま続かないので、引きこもりやニートがそのまま無収入でいることはできません。

これらのことがきっかけで、引きこもりやニートとその配偶者の関係が悪くなっていくというのが私の見解です。引きこもりやニートが働くと配偶者との仲は良くなるでしょうが、引きこもりやニートが働くのは難しいことです。

結婚をする動機は愛ですが、愛を維持するにはお金が必要です。引きこもりやニートが結婚したとしても、愛を維持することは難しいかもしれません。

 

1-2.配偶者への依存を高めるだけだから

引きこもりやニートが結婚すると配偶者への経済的な依存を高めることになりますが、これは引きこもりやニートのストレスを高めます。

専業主婦や主夫は配偶者に依存しているので、引きこもりやニートが結婚するときの参考にすることができます。
専業主婦や主夫も配偶者とうまくいかなくなることがありますし、収入がない専業主婦や主夫は家庭内で弱い立場に置かれることがあります。専業主婦や主夫は家庭に貢献していますが、正当に評価されないことも多いです。

仲が悪くなったら離婚すればいいという考えもありますが、経済的に自立していない人は離婚をすることもできません。貧困は愛より拘束力があります。

 

1-3.働く必要が生まれるから

引きこもりやニートが結婚して親になったとすると、働く必要が生まれます。子供を育てるには収入が必要ですし、家のローンなどもあるでしょう。
しかし、引きこもりやニートは働く必要が生じても、それにうまく対応できるとは限りません。

引きこもりやニートは親になると働くことができるかもしれません。確かに、親としての自覚や責任感から働いている人は多いですから、引きこもりやニートもその可能性があります。

しかし、親になっても変化しない人がいるのも事実ですから、あまり期待しないほうがいいでしょう。これは引きこもりやニートだけに限ったことではありません。

引きこもりやニートが精神病になっている可能性もあります。
例えば、うつ病や不安障害などの精神病になっていると働くことはできないことがあります。これに関しては、普通の社会人も同じです。精神病などをきっかけに、退職したり経済的に困窮する人も多いです。

 

専業主婦や主夫と引きこもりやニートの違い

専業主婦や主夫は無職ですから引きこもりやニートと似ていますが、決定的に違うところがあります。

専業主婦や主夫は必要があれば、働くことができるということです。
例えば、専業主婦には子供が小学生になってから再び働き始める人がいますし、必要があれば収入を得ることもできます。しかし、引きこもりやニートは必要になっても収入を得ることができないかもしれません。

 

2.おわりに

引きこもりやニートが経済的な保護を目的として結婚するのであれば、やめておくことがおすすめです。結婚してもうまくいかないでしょうし、収入を得るのであれば生活保護を申請するほうが簡単です。

生活保護を受給するには、結婚と違い相手を見つける必要もありません。また、生活保護を受給しながらでも結婚の相手を探すことはできます。

結婚に興味がある引きこもりやニートは、似たような人が結婚してうまくいったか調べてみることがおすすめです。引きこもりやニートに似ている人には、専業主婦や主夫があります。いくつかのケースを調べてみると、成功するのに必要なパターンを見つけることができるかもしれません。

 

2-1.引きこもりやニートの結婚がうまくいく条件

引きこもりやニートが結婚してもうまくいくケースがありますので、簡単に紹介します。もちろん、必ずしも結婚がうまくいくとは限りませんが。

1つめのケースは引きこもりやニートに十分な収入や財産がある場合です。少なくとも、お金に関する夫婦喧嘩をすることはないですし、夫や妻としての責任を果たすことができます。

引きこもりやニートが結婚をしたいのであれば、少なくとも自分の生活費を賄う程度の収入をしてからにすることがおすすめです。引きこもりやニートが収入を得る方法には在宅の勤務などがありますから、インターネットで調べてみてください。

2つめのケースは引きこもりやニートが自営業の人と結婚することです。引きこもりやニートが自営業の人と結婚すると、その事業を手伝うことができます。また、引きこもりやニートが対人的な問題を抱えていたとしても、これが表面化することを防ぐことができます。

例えば、夫婦で経営する定食屋では、厨房で料理をする人には対人的な能力が必要ではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です