引きこもりやニートは将来受け入れられるから、劣等感や恥を感じなくていい

引きこもりやニートは恥や劣等感、罪悪感に苦しんでいませんか?引きこもりやニートであることは悪いことだという風潮がありますが、気にしないでください。将来的には、引きこもりやニートは社会から受け入れられて、普通になります。

この記事では、引きこもりやニートは将来的に受け入れられること、今も恥を感じる必要がない理由を紹介します。引きこもりやニートは参考にしてみてください。

1.引きこもりやニートは将来、受け入れられる理由

1-1.社会から拒絶されても、受け入れられたものが多いから

日本の文化は寛容でないので、社会の少数派の人は多数派から拒絶されてきました。しかし、過去に拒絶されてきたものには、現在では受け入れられているものが多くあります。

いくつかの例を以下に挙げます。

  1. 個人事業、副業、フリーランス、非正規雇用、ノマド
  2. 女性の社会進出、正社員、教育や進学
  3. 有給や産休の取得、産後の職場復帰
  4. 離婚や国際結婚
  5. 同性婚やパートナーシップ
  6. 不登校やフリースクール
  7. 茶髪や金髪、特別な髪型、服装
  8. ルームシェア

職業として考えると、引きこもりやニートはフリーランスに近いです。フリーランスは組織に属さない生き方という点で、引きこもりやニートも同じです。将来的には、引きこもりやニートも同じように社会から受け入れられます。

同性婚やパートナーシップに関しては、他人に隠さない人も増えています。引きこもりやニートも同じように、他人に隠す必要はありません。

 

1-2.引きこもりやニートの数は増え続けるから

引きこもりやニートに限ったことではありませんが、社会に認知されるには一定の数が必要です。あまりに少数派の人々は社会に認知されないことがあります。

引きこもりやニートの人口は増え続けていて、100万人を超えるともいわれています。これだけの人口があるなら、引きこもりやニートは社会に認知される条件を満たしています。

 

2.恥や劣等感を感じると損する

引きこもりやニートには、恥や劣等感を感じて苦しんでいる人がいます。しかし、10年後や20年後に引きこもりやニートが社会に受け入れられるなら、今も苦しむ必要はありません。悩んでも損するだけです。

引きこもりやニートが恥や劣等感を感じると、幸せに生きたり社会復帰することの障害になります。職歴のブランクを気にして就職活動しない人がいますし、友人や近所の人を避ける人もいます。引きこもりやニートは恥や劣等感を感じると、生き辛くなるだけです。

これは開き直りに見えるかもしれませんが、悪いことではありません。違法ではなく、他人に迷惑をかけるわけでもありません。

 

3.おわりに

引きこもりやニートは社会的に受け入れられる日が来るので、今も恥や劣等感を感じる必要はありません。

将来も変わらないことの1つは、お金が必要なことです。引きこもりやニートは経済的に困窮しているでしょうが、収入を得る必要があります。お金がないと生きていけないのは、今後も変わりません。

引きこもりやニートは無理に社会復帰するのではなく、就職以外の手段で収入を得る方法を考えてみてください。収入があるなら、快適な引きこもりやニートの生活をすることができます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です