引きこもりやニートが働かないで生きる方法やサバイバルプラン

引きこもりやニートは将来に不安を感じていませんか?引きこもりやニートは一生働かないかもしれませんが、収入を得ることはできますし、自分1人で生きることはできます。必要なものはそのための方法です。

引きこもりやニートが抱える問題にはいろいろなものがありますが、最も重大なものは経済的なものです。経済的な困窮を解決することができれば、他の問題を解決することも簡単ですし、少なくとも生きていくことができます。

この記事では、引きこもりやニートが社会で一生働かないという仮定に基づいて、親が亡くなった後も生きるための方法を紹介します。引きこもりやニート本人、その家族は参考にしてみてください。

ほとんどの引きこもりやニートは将来に絶望しているでしょうが、それは問題を解決する方法を見つけていないだけであり、絶望する必要はありません。

1.引きこもりやニートのサバイバルプラン

1-1.40才~45才までに月収10万円を稼ぐこと

引きこもりやニートが生きていくには収入が必要になりますから、40才~45才までに少なくとも月収10万円を稼ぐ必要があります。

引きこもりやニートが40才~60才になると親が亡くなる可能性が高くなりますから、45才までにはある程度の収入が必要です。

10万円の月収は生きていくために十分ではありません。しかし、月収で10万円を稼ぐことができると、その方法を他のことに応用することで月に20万円ほどを稼ぐことができるようになります。

最初の月収10万円は難しいでしょうが、さらに月収10万円を稼ぐことはそれほど難しくありません。

 

おすすめの方法はブログ

収入を得るおすすめの方法はインターネットを使ったものであり、ブログなどがあります。

インターネットを使った方法がおすすめの理由は、就職活動をする必要がないこと、自分のペースで作業をすることができること、他に応用することが簡単であることです。時給の労働では、働く時間を倍にすることはできませんし、ある程度の年齢になると行き詰ります。

多くの人がブログで収入を得ていますが、大成功する必要はありません。ブログで得ることができる収入はサイトによって違いますが、1000記事を執筆すると月収で10万円ほど稼ぐことができるみたいです。

1000記事はかなりの数ですが、1日に2つの記事を執筆すると仮定すると、必要な日数は500日ほどです。必要な日数を多めに見積もると1000日もあれば十分で、3年ほどで十分な収入を得ることができるようになります。

時間的な猶予は人によって違いますが、3年で月収10万円、6年で月収20万円になるなら十分に現実的なプランです。

例えば、40才の引きこもりやニートがこのプランを開始してうまくいくと、45才の時点では十分な収入を得ることができます。
50代や60代の引きこもりやニートもこのプランを試す価値があります。

 

1-2.生前贈与をしておくこと

引きこもりやニートは親と相談して、生前贈与で相続を前倒しにすることがおすすめです。生前贈与は相続税を減らすことにつながりますし、引きこもりやニートが稼ぐべき収入を見積もることに役立ちます。

引きこもりやニートが生前贈与をするべきだということに関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。

引きこもりやニートの8050問題の解決には、生前贈与の遺産相続がおすすめ

多くの引きこもりやニートは家族と仲が悪いですが、いずれ相続の話を家族とする必要がありますので早めにしたほうがいいでしょう。

 

1-3.健康を保つこと

引きこもりやニートは一生を1人で生きるかもしれませんから、できる限り健康を維持する必要があります。子供がいなければ自分の介護で問題を抱えることになります。また、健康を維持することは節約にもなります。

健康を保つには、ダイエットをしたり歯を大事にすることなどがあります。
歯を大事にすることに関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。

歯医者に行きたくない引きこもりやニートは、歯を大切にするべき。

 

1-4.精神的な辛さを解消すること

引きこもりやニートは、劣等感や恥などの精神的なことに苦しんでいることがあります。

自分の心と離れることはできないので、心の問題はどこで何をしてもついてきます。心の問題を解消することは、引きこもりやニートが幸せに生きることに役立ちます。

以下の記事で、引きこもりやニートが劣等感や恥を解消する方法を紹介しましたので、参考にしてみてください。

引きこもりやニートが恥や劣等感を克服する方法

 

 

2.おわりに

引きこもりやニートは働かずに収入を得る道を探してみてください。これは自分が生きるために役立ちます。

お金を稼ぐことは精神的にもプラスの効果があります。引きこもりやニートにも自由になるお金が必要ですし、収入を得ると自尊心が高まります。
うつ病になる原因にはストレスなどがありますが、経済的な困窮は大きなストレスになります。収入を得ることは、心の健康の維持にも役立ちます。

 

2-1.海外移住も選択肢

引きこもりやニートは親が亡くなった後に経済的に困窮するかもしれません。この場合には、生活費が安い海外に移住することも選択肢の1つです。アジアでは物価が安い国が多くあり、1か月に5万円ほどの生活費で十分な国があります。

引きこもりやニートには海外移住がおすすめであることを以下の記事で紹介しましたので、参考にしてみてください。

引きこもりやニートは海外に移住すると、お金の問題(8050問題)を解決できる

 

2-2.生活保護もある

この記事では、引きこもりやニートが自分で収入を得る方法を紹介しましたが、生活保護に頼る選択肢もあります。生活保護にはいろいろな考え方がありますが、生きるために必要なら生活保護を使うべきです。

引きこもりやニートが生活保護を申請するべき理由に関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。

引きこもりやニートは生活保護で非難されても、気にしなくていい理由

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です