引きこもりやニート、不登校の人がゲーム依存症になる理由

引きこもりやニート、不登校でゲーム依存症の人がいますが、ゲーム依存症になる理由に関しては多くの誤解があります。怠けや甘えだと考える人もいますが、これは間違っています。

引きこもりやニート、不登校の人がゲーム依存症になる主な理由は自尊心を高めたり自分の居場所を見つけることができるからで、社会人の仕事依存症に近いものがあります。現実からの逃避もありますが、一部にすぎません。

この記事では、ゲーム依存症の引きこもりやニート、不登校の家族に対して、彼らがゲーム依存症になる理由を紹介します。この記事が引きこもりやニート、不登校の人を理解したり、助けることに役立つとうれしいです。

 

1.引きこもり・ニート・不登校の人がゲーム依存症になる理由

1-1.自尊心を高めることができるから

引きこもりやニート、不登校の人は人生で苦しい状況にあったり、学校の成績が低下していることなどが原因で自尊心が低下しています。引きこもりやニート、不登校の人がゲームをする理由は、ゲームで成功すると自尊心を高めることができるからです。この程度が強くなりすぎると、ゲーム依存症になります。

ゲーム依存症になるゲームには特徴があり、オンラインの対戦ゲームです。オンラインでの対戦ゲームは他人に勝つことで達成感や自尊心を得ることができますし、自分の価値を証明することができます。勝つことは他人より優れていることの証明だと考えるからです。

 

人は辛いとき、趣味に没頭する

引きこもりやニート、不登校の人だけではなく、サラリーマンなどの社会人も辛いときには趣味に没頭することがあります。
例えば、昇進する見込みがなくて定年まで待つだけの人は趣味に熱心になることがありますし、ギャンブルなどに逃げる人もいます。これは人間の自然な反応ですから、引きこもりやニート、不登校の人が悪いわけではなく、その精神力が弱いわけでもありません。

 

1-2.居場所を見つけることができるから

ゲーム依存症になるゲームにはオンラインゲームが多いですが、オンラインゲームには多くの人と協力して目的を達成するものがあります。引きこもりやニート、不登校の人がゲーム依存症になるきっかけの1つは、ゲームの中で自分の居場所を見つけることです。

例えば、チームを組んでプレイするゲームでは、チームの中で自分の居場所を見つける人もいます。私はオンラインの対戦ゲームでチーム運営をしたことがありますが、私の計画に従って、多くの人が一丸となって行動することには大きな喜びや責任感がありました。

サラリーマンなどの社会人が仕事を面白く感じるのは、裁量や責任が与えられるチームリーダーになってからですが、仕事の面白さとオンラインゲームの面白さには共通点があります。

 

仕事依存症とゲーム依存症の関係

サラリーマンの男性が仕事依存症になる原因にはいくつかありますが、その1つは家庭で自分の居場所を見つけることができないことです。サラリーマンは仕事に、引きこもりやニート、不登校の人はゲームに依存するようになります。

 

1-3.上達が早いから

引きこもりやニート、不登校の人は若いのでゲームの腕前が上達しやすいです。ゲームをすればするほど結果がついてくるという好循環ですから、ゲームに没頭するのは自然なことです。

好循環が強い動機付けになるのは、ゲームに限りません。
例えば、社会人で仕事依存症の人は同じように好循環で強く動機付けされています。仕事をすればするほど成功して面白くなるので、やめることができなくなります。

 

2.おわりに

ゲーム依存症になった人に対して、甘えや怠けなどの偏見がもたれることがありますが、この偏見は間違っていて役に立ちません。引きこもりやニート、不登校の人がゲーム依存症になる理由を理解すると、以下のような対策をとることもできます。これらはゲーム依存症を克服する方法ではありませんが、克服をサポートします。

ゲーム依存症を克服する方法は以下の記事で紹介しましたので、参考にしてみてください。

ゲーム依存症やゲーム中毒を克服する方法

2-1.ゲーム依存症の引きこもりやニートへの対策

自分で少しでも収入を得ることができるようになると、自尊心を回復することにつながります。引きこもりやニートでもある程度の収入を得ることは可能です。

居場所を見つけることに関しては、就職することもひとつの選択肢ですが、インターネットでブログなどを配信してみるといいでしょう。自分の居場所を見つけることにつながります。
引きこもりやニートは家族の中で自分の居場所を見つけることができるかもしれませんが、家族との関係が良いとは限りません。また、悪化した関係を修復することは難しいでしょう。

 

2-2.ゲーム依存症の不登校の人への対策

不登校の人は学校に行かなくても成績を上げることはできますし、成績が低下したり、難関の志望校に合格しなくても大丈夫だと考えると、自尊心を回復することにつながります。エリートにはなれないかもしれませんが、十分に素晴らしい人になることはできます。

居場所に関しては、フリースクールなども選択肢の1つです。女性は男性より孤独に対して弱いでしょうが、自分の居場所を見つけることができると自尊心が回復するでしょう。

 

2-3.認知行動療法がおすすめ

人間には不合理に物事を考える癖がありますが、この癖が引きこもりやニート、不登校の人を苦しめていることがあります。認知行動療法(CBT)は考え方の癖を変えるもので、引きこもりやニート、不登校の人の苦しみを緩和することができます。

例えば、不登校の人が成績の低下でストレスを感じているなら、それは成績のことを必要以上に重く見ていたり、他のことで埋め合わせができないと考えているからです。この考え方は間違っていて不合理なものです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です