引きこもりやニートは暇つぶしや気分転換に働くだけでいい

引きこもりやニートにおすすめの気分転換は、働くことです。気分転換の方法にはランニングや読書などもありますが、働くことも効果的です。

この記事では、引きこもりやニートに気分転換として働くことをおすすめします。退屈している引きこもりやニートは参考にしてみてください。

 

1.気分転換に働くだけでいい

引きこもりやニートが働くというと、自立のために働くイメージがあります。しかし、自立のため働く必要はありません。気分転換に働くだけでも十分ですし、そのような人々はいます。

例えば、定年退職した高齢者には、気分転換として働く人がいます。家に居続けるとつまらないので、1日に3時間・週に3日だけ働くなどです。気分転換になるだけでなく、小遣い稼ぎにもなります。

働くことは気分転換に効果的です。作業中は作業に集中しますから、昔の嫌なことを思い出すことも減ります。引きこもりやニートには昔のことにとらわれている人がいますが、この原因の1つは新しいことが頭に入ってこないからです。

 

2.働くことを大げさに考えない

働くことは労働ですから、尊いもので大げさに考える人がいます。しかし、そんな考え方をする必要はありません。ほとんどの社会人はそのように考えていません。

私は若い頃、労働とは自己実現をする機会だと思っていました。しかし、今の私は労働が自己実現だと思いません。労働とは自分が生きるための収入を得るためだけのものです。ある程度の年齢の人は同じように考えるようです。

労働に関する価値観は人によって違いますが、これは人によって立場が違うからです。立派な地位についている人は労働が大切だと思いますが、無職の引きこもりやニートが同じように考える必要はありません。

引きこもりやニートには若い人がいるでしょうから、働く目的がゲームを買うことでも構いません。私は大学生の頃に、ゲームを買うためにアルバイトをしたことがあります。単発のアルバイトでしたが、ゲームを買えました。

 

3.気分転換に働くなら

気分転換に働くだけなら仕事の選択肢も広がります。荷物の配達や店頭販売のバイトなどもあります。インターネットなどでいろいろと探してみてください。

インターネットを使って働くなら、ブログを書いたりアフィリエイトもあります。あまり儲からないかもしれませんが、気分転換にはなります。私は趣味でブログをしていますが、文章を考えると気分転換になります。

とりあえず1か月ほどやってみてください。体が慣れるには1か月ほどかかりますから、1か月くらいは続けてみるべきです。駄目なら引きこもりやニートに戻っても構いません。

 

4.働くのが不安なとき

引きこもりやニートは長く働いていないので、働くことに不安を感じるかもしれません。すぐに仕事を辞めたり、対人関係のストレスで苦しむのではないかということです。

気分転換に働くだけなら、あまり我慢する必要もありません。多少の我慢は必要ですが、生活のために仕事にしがみつく必要がないからです。

引きこもりやニートには対人恐怖症の人がいて、パワハラなどを恐れる人もいます。少し試してみて、嫌なら辞めたらいいだけの話です。恐怖の多くは悪いことの想像であり、実際に起きないことも多いです。

インターネットのニュースでは、ひどいパワハラの記事などがよくあります。実際に仕事をしてみるとわかりますが、ほとんどの職場は良くも悪くも常識の範囲に収まります。あまり心配しないでください。

引きこもりやニートはすぐに仕事を辞めることができるという点で、他の人より有利です。この有利なポイントをうまく使ってみてください。駄目ならさっさと逃げ出せばいいだけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です