引きこもりやニートはブログをすると、楽しみが増えて小遣い稼ぎができる

引きこもりやニートの方はブログをしてみませんか。ブログは気軽にできる趣味の一つであり、文章などを学ぶことができ、初期投資もほとんどいりません。

引きこもりやニートであることは生き方の一つであり、それは悪いことではありません。しかし何かすることがなければ、無気力感や退屈さ、スキルや職業経験がないこと、経済的な問題を抱えることになります。ブログを始めるとこれらの問題を解決したり、緩和することができるかもしれません。

この記事では、引きこもりやニートの方にブログをするべき理由を紹介します。

 

引きこもりやニートの方がブログをするべき理由

1.取り組む作業や充実感を得ることができる

毎日ブログを執筆することは、その日にするべき作業の一つになります。仕事に限ったことではありませんが、何かすることがあると生活にハリが生まれ、それを達成すると充実感を得ることができます。

ポイントは一定のノルマや目標を毎日達成することです。1日に1本の記事を書くなど、3時間程度でできることをノルマにすると、適度な疲労感と充実感を両立することができます。
例えば、私は毎日1本の記事を執筆するようにしています。その日のノルマを達成できるとうれしいですし、自分のブログが成長していくことは楽しいです。

ブログは作業療法になる

引きこもりやニートの方とは少し違うかもしれませんが、うつ病の方の治療法の一つに作業療法というものがあります。これは簡単な作業をすることによって、楽しみや充実感、達成感を得ることができるようになり、うつ病の治療に役立てるものです。ブログを書くことも一つの作業療法であり、同じような効果を期待することができます。人間は暇だと悪い方向に考える癖があるので、一定の時間を何かに集中することがあるといいのでしょう。

 

 

2.考える力や文章力がつく

文章を書くことは考えることでもあります。主張することを考え、適切な文章の構成を考え、伝わる文章を考える必要があります。また文章の量が多すぎたり、関係がないことを加えると説得力が失われるので、繊細さも必要です。

十分な経験がある社会人でも、うまい文章を書くことができる方はあまりいません。ブログで文章力を伸ばすと、それは他の人が持たない技能の一つにもなります。

ブログの文章に関しては、注意することがあります。インターネットやブログで使われる日本語には砕けた表現のものが多いので、他の分野で使う際には少し表現を変える必要があります。それでも、基礎的な文章力がついていれば、応用することができるでしょう。例えば私は昔、論文などを書くことがあったので、そこから文章の書き方を学びました。論文の文章は文語体で固い表現のものですが、文章の構成を考えることはブログでも必要です。

最初は文章を考えてもうまくいかないでしょうが、数か月もやっていれば、誰でもある程度の文章を書くことができるようになります。まずは半年~1年程度の期間を続けるといいでしょう。

 

3.広告費などの収入が得られるかもしれない

ブログを運営すると広告などをブログのサイトに掲載することができ、収入になることがあります。もちろん、広告を掲載しただけでは収入になることはなく、そのブログをユーザーが閲覧したり、掲載された広告を通じて商品を購入した場合に限って広告費を得ることができます。

ブログで生活に必要な収入を得ることは難しいでしょうが、毎月に数千円~数万円の小遣い程度の収入なら得られるかもしれません。
ブログに限ったことではありませんが、何かを始める際には大成功することを狙わないほうが簡単です。数千円程度の小さな成功でも自分がブログを書いたことで収入を得ることができるなら、自信や満足感を十分に得ることができます。

 

おわりに

引きこもりやニートの方ですることがなければ、ブログを試してみるといいでしょう。時間やエネルギーが余っているのであれば、ブログでそれらを使ってみませんか。

ブログを運営していくには経費が必要ですが、1年に3000円~5000円程度です。利用するサービスによっては、無料で始めることができるものもあります。最初に数か月ほど試してみて、続けることができるようなら有料のサービスに切り替えてもいいかもしれません。参考までに、このブログの運営費は約5000円/年です。

何か新しいことを始めると、それに関連する別のものが見えたり、学ぶきっかけになります。引きこもりやニートの方の生活は固定的なものでしょうが、ブログを始めることで新しいものが見つかるかもしれません。

引きこもりやニートがランニングをするべき理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です