ランニングやジョギングには老化しないし若返りの効果がある

ランニングをすると体の老化が進むと考えていませんか?確かに、ランニングには体を老化させる効果もありますが、この老化を防ぐことはできます。

私は趣味でランニングを続けているので経験していますが、ランニングには老化と若返りの両方の効果があります。

ランニングの老化効果とは、肌が日焼けで劣化したりシミになることです。ランニングの若返り効果とは、健康を維持したり運動能力を高めることです。

この記事では、ランニングと老化や若返りの効果を紹介します。ランニングの老化の効果を抑えながら、若返り効果を得ることはできます。

1.ランニングの老化

1-1.ランニングで老化するもの

体の外側

ランニングは体に負荷がかかる運動ですから、体にダメージが蓄積されて老化につながることがあります。体の外側に現れる老化は、肌の日焼けや劣化などです。

これはランニングだけではなく、テニスなど屋外でスポーツをする人も同じで、日焼けする人は肌の老化も早いでしょう。

私は趣味でランニングしていますが、かなり日焼けしました。私はランニングを続けて6年目ですが顔や腕にシミはありません。将来的には、肌が他の人より老化するかもしれません。

 

体の内側

ランニングをすると、体の内側の老化が進むという考えがあります。しかし、それで病気になるというのは聞いたことがありません。私はランニングを続けていますが、臓器など体の内側が老化したとは感じません。

ランニングをすると、膝や関節などを痛めることはあります。これはランニングで無理をしたり月間走行距離が数百kmの人に限られることであって、趣味や健康のためにランニングをする程度では、老化しません。

例えば、私は1か月に200kmを走ることを数年間続けていますが、膝や足が痛くなっても休養をとったり走り方を工夫することで、うまく対処できています。

 

1-2.ランニングの老化を防ぐ方法

以下の方法で、ランニングの老化を防ぐことができます。

  1. 日焼けしないように、日焼けクリームなどを使うこと
  2. 汗による肌荒れを防ぐために、シャワーを浴びること
  3. スポーツで消費した栄養を補給するために、十分な栄養を取ること
  4. 目を傷めないように、サングラスなどで目を保護すること
  5. 極端に疲労しないように、十分な休養をとること
  6. 体を痛めないように、適度な運動にとどめておくこと

これらの方法によって、ランニングの老化の効果を抑えることができます。

日本人にはあまり影響がありませんが、白人の目や肌は日焼けに弱いので、日焼けをしすぎると失明したり肌の病気になることがあります。しかし、日本人は日焼けに弱くないので、気にする必要はありません。

 

1-3.活性酸素が老化を早める?

ランニングをすると、活性酸素などによって細胞が傷ついて老化が進むという考え方もあります。確かに、活性酸素が老化を促すことはあるかもしれませんが、その程度はよくわかっていません。あまり気にしなくて良いでしょう。

ランニングで生じる活性酸素の老化の影響は、睡眠不足や飲酒、喫煙、栄養不足と同じ程度かもしれません。実際、貧しい国の人は日本人より早く老化します。老化をもっとも早めるものは、栄養状態の悪化かもしれません。

私はランニングしていますが、活性酸素の悪影響を感じません。

 

2.ランニングと若返り

2-1.筋肉・循環器系・血圧

ランニングの若返り効果の1つは、健康を維持したり高めることです。

ランニングをすると体に負荷がかかるので、体はこの負荷に耐えるために筋肉を強くしたり、骨の強度を維持したり、酸素や栄養を効率的に運ぶために循環器系を発達させます。

これらは運動能力を高めるだけでなく、高血圧や糖尿病を予防したり、年をとって体の筋肉が弱ることを防ぐ効果もあります。

例えば、私の血圧は健康ですから、私は今後も高血圧にならないでしょう。また、私の筋肉量は日本人男性の平均より多いです。

 

2-2.運動能力

私はランニングを続けることで、運動能力が伸び続けています。運動能力に関する限り、私は老化ではなく成長し続けています。

例えば、私の1000mのタイムは高校生の頃より優れていますし、より長い距離を走ることもできます。

私は今後もランニングを続けるつもりですが、年をとっても高校生の頃より優れた体力や運動能力を保つはずです。

 

2-3.肥満の解消や体重の維持

私は健康を維持する目的でランニングを始めましたが、ランニングを5年ほど続けた結果、かなり痩せることができました。私の体は高校生の頃より引き締まっています。

私がランニングを続けた結果、体重や体脂肪率がどのように変化したかを以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

他の人も同じでしょうが、ランニングをある程度続けると、体重や体脂肪率などは高校生の頃に戻ると思います。

月間200km 250km 300kmのランニング・ジョギングと体重・体脂肪率・基礎代謝の変化

 

3.ランニングで老化や若返りしないもの

ランニングしても、効果がないものがあります。その1つは体の疲労の回復や怪我の治りのスピードです。

私はランニングを数年ほど続けていますが、体が疲労から回復するには若い頃より時間がかかっていると感じます。これは私だけでなくアスリートなども同じであり、年をとると体力が回復するには時間がかかります。

 

4.運動しないと老化する

人間は運動しなくても老化しますから、最終的には老化を防ぐことはできません。考えるべきは運動をするべきかどうかです。

多くの日本人が運動不足で老化したり、不健康になって苦しんでいます。若いうちは老化を意識しませんが、50代になると体に症状が現れます。ランニングにこだわる必要はありませんが、老化を防ぐための運動は必要です。

 

5.おわりに

ランニングには老化と若返りの効果がありますが、十分に気をつけることで老化を抑えながら、若返りの効果を得ることができます。

人間はいずれ老化しますが、老化で問題になるのは肥満、筋肉や運動能力の低下などです。ランニングでこれらの老化を防いだり遅らせることができるなら、ランニングには十分な若返りの効果があるといえます。

 

5-1.老化が気になる人のためのランニング

ランニングをすることに興味があるけれど、老化が進むのではないかと不安になる人には、1日に5km程度のゆっくりしたランニングがおすすめです。

この程度のランニングでも健康効果を得ることができますし、老化するほどの悪影響はありません。もちろん、日焼け止めなどは必要ですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です