ランニングしても寿命は縮まないし、心拍数の合計は減る

人間の心臓が鼓動する回数(心拍数)には上限が定められていて、心拍数が上がるランニングなどのスポーツをすると、心拍数を無駄遣いすることになり寿命を縮めるという考え方があります。しかし、この考え方は間違いであり、ランニングをする人の心拍数はランニングをしない人より少なくなります。

この記事では、ランニングが心拍数に与える影響を紹介します。ランニングが趣味の人、ランニングに興味があるけれど心拍数の無駄遣いを心配している人の参考になるとうれしいです。
ランニングをしても心拍数が増えることが原因で、寿命が縮むということはありません。

 

 

1.ランニングと心拍数

1-1.ランニングの心拍数への影響

ランニングが心拍数に与える影響には以下の2つがあり、心拍数を増やすものと減らすものです。

1つ目の影響は、ランニングをしている際中に心拍数が増えることです。ランニングをしていると体は多くの酸素や栄養を必要とするので、心臓は心拍数を増やすことでそれに対応します。

2つ目の影響は、ランニングを習慣にしている人の安静時の心拍数が減ることです。ランニングなどの持久系のスポーツをする人は、その心臓や血管などの循環器系が鍛えられているので、血液の循環に必要な心拍数が減ります。これはアスリート心臓やスポーツ心臓と呼ばれるものです。

ランニングには心拍数を増やす効果と減らす効果が両立するので、健康への影響を考えることが難しくなります。

 

1-2.心拍数の計算

ランニングをする人としない人の心拍数を計算すると、以下のようになります。

 
運動時の心拍数
運動の時間
安静時の心拍数
安静の時間
合計心拍数
[日]
ランニング
しない人
なし 60回[分]
24時間
86400
ランニング
する人
150回[分]
0.5時間
54回[分]
23.5時間
80640
150回[分]
1時間
54回[分]
23時間
83520
150回[分]
2時間
54回[分]
22時間
89280
なし
(休養日)
54回[分]
24時間
77760

計算では、運動時や安静時の心拍数に以下の値を使用しました。

ランニングをしない人の安静時の心拍数:
成人の心拍数の平均は60程度とされています。

ランニングをする人の安静時の心拍数:
ランニングなどのスポーツをする人は心臓や循環器系が鍛えられているので、心拍数が少なくなります。その効果を-10%としました。
参考までに、私は5年間ランニングを続けていますが、私の安静時の心拍数は54程度です。

ランニングをするときの心拍数:
ランニングは有酸素運動であり、その心拍数は最大で150程度です。100m走などの短距離走では心拍数が150を超えることもありますが、この心拍数を保ちながら長時間の運動である有酸素運動をすることはできません。

1日の合計心拍数:
1日の合計心拍数は運動時の心拍数と安静時の心拍数の合計です。

 

1-3.ランニングをすると心拍数は減る

ランニングをする人の心拍数はランニングをしない人の心拍数より少なくなります。ランニングをしている際中には心拍数が増えますが、安静時の心拍数が少ないので、1日の心拍数の合計も少なくなるからです。

フルマラソンなど長時間のランニングをする場合に限って、ランニングをする人はランニングをしない人より1日の心拍数の合計が多くなります。しかし、休養日を考慮に入れると、ランニングをする人はランニングをしない人より心拍数の合計が少なくなります。

ランニングをすると心拍数が増えて寿命が縮むというのは間違いです。

 

2.おわりに

ランニングなどのスポーツをしても心拍数の合計が増えることはないので、スポーツを回避する必要はありません。スポーツには体重を維持したり、筋肉を維持するなどのプラスの効果もありますので、スポーツをすることがおすすめです。

健康を維持するためのランニングとしては、1日に30分~60分、5km~10km程度のランニングで十分です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です