ランニングをすると免疫は強くなる?ランニングを5年間続けた結果。

ランニングが免疫にどのような影響を与えるかに興味がありませんか?
ランニングをすると、免疫が下がって風邪やインフルエンザにかかりやすくなるという意見や、免疫が強くなるという意見もあります。

私は2013年から趣味でランニングをしていますから、ランニングが免疫に与える影響を実際に経験しています。私の経験では、ランニングが免疫を強くするかはわかりませんが、免疫を下げることはありません。

この記事では、私のランニングの経験に基づいて、ランニングが免疫に与える影響を紹介します。ランニングで免疫や心身の健康を維持したい人は、参考にしてみてください。

 

1.ランニングの免疫効果

1-1.ランニングをしても免疫は下がらない

私はランニングを趣味にしていて、月間走行距離が200km、毎日10kmのランニングを数年間続けています。私の個人的な感想ですが、ランニングをしても免疫が下がることはありません。

私はこの数年間、風邪をひいたことはありますが、その程度は鼻水が出るだけであり発熱したことはありません。私が最後に発熱したのは2013年ですから、それ以降の数年間は健康です。

雨や雪の日にランニングをすると体が濡れますが、これでも風邪をひくことはありません。一般的には、体が雨や雪で濡れたときには体温が下がって、風邪をひきやすくなります。しかし、ランニングをしている際中には十分に発熱するので体温が下がりません。もちろん、私はランニングが終わった後にシャワーを浴びて、体が冷えないようにしています。

 

1-2.ランニングをすると免疫は強くなる?

私はほとんど風邪をひかないほど健康ですから、免疫が十分に強いといえます。しかし、この免疫の強さはランニングを続けたことによる効果か、私がもともと健康な成人だからかを判定することはできません。

私は1983年生まれの男性であり、特別な持病もなく健康な成人です。この年齢は心身ともに健康で免疫も強くなる時期です。私がほとんど風邪にならなかったのは、ランニングではなく自然の免疫のおかげかもしれません。

参考までに、この数年間はインフルエンザなどの予防注射をしたことはなく、インフルエンザにかかったこともありません。私の健康と他人の健康を比較することは難しいですが、少なくとも私は強い免疫をもっているといえます。

 

1-3.花粉症には関係がない

ランニングで免疫が強くなるというのはよく聞きますが、花粉症などに対しては効果がありません。

私はいくつかの花粉症にかかっていますが、花粉が多くなる3月にはくしゃみが止まらないことがあります。私は2013年にランニングを始めた後も花粉症が改善しなかったので、ランニングで花粉症を改善することはできないでしょう。

 

1-4.ランニングをすると、口の免疫は下がる?

ランニングで免疫が下がることはないと書きましたが、口の中の免疫に関してはマイナスの影響があるかもしれません。

ランニングをしているときには口を開けて呼吸しますから、唾液が乾いて口の中の免疫が下がる可能性があります。唾液は虫歯などを防いだり歯の健康を維持する効果がありますから、長期的にはランニングをすることで虫歯になりやすくなるかもしれません。

口の中の乾きやすさにはランニングのスピードや時間などが影響しますが、1日に30分~60分程度のランニングをするだけなら、心配するほどの悪影響はないでしょう。

 

1-5.ランニングをすると睡眠時間が増えて免疫が強くなる

ランニングをすると疲れて睡眠時間が増えるので、免疫が向上する可能性があります。これはランニングの免疫に対する直接の影響ではありませんが、ランニングが健康に与えるプラスの影響の1つです。

免疫が弱くなる原因の1つは睡眠不足であったり、睡眠リズムが乱れてうまく眠ることができなくなることです。これらが該当する人は、ランニングをすることで免疫を高めることができるかもしれません。

 

 

2.おわりに

ランニングは免疫にプラスとマイナスの影響を与える可能性がありますが、少なくともマイナスの影響はなさそうです。風邪やインフルエンザにかかりやすい人はランニングをしてみてはいかがですか?

月間走行距離が200km以下のランニングをしている人は、ランニングが原因で免疫が下がることはないでしょうから、心配する必要がありません。ランニングをすると体が疲れて免疫が下がるという意見もありますが、その心配はほとんどないように思います。

例外はアスリートであり、月間走行距離が非常に多い場合には、ランニングが免疫にマイナスの影響を与えるかもしれません。

 

2-1.フルマラソンの後などは例外

フルマラソンに参加した後は風邪をひきやすくなるという話がありますが、この原因は疲労でありランニングではありません。
フルマラソンは42kmを走るものですが、慣れない長距離を走ると体が対応しきれなくなって、一時的に免疫が下がるのでしょう。

慣れないランニングをすると免疫が下がるというのは本当ですが、この問題はランニングに慣れると解決します。また、慣れないことをすると免疫が下がるというのは、ランニングに限ったことではありません。
例えば、旅行などに行くと疲れて免疫が下がります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です