子供の猫背の原因と対策。子供の猫背を治すにはランニングがおすすめ

猫背は社会人に多く見られるものですが、小学生や中学生、高校生などの子供にも多く見られるようになりました。その原因にはいくつかありますが、主な原因はパソコンやスマートフォンの使いすぎ、ゲームのしすぎです。

子供の猫背を治す簡単な方法はスマートフォンやゲームなどを使うことを禁止することですが、これは現実的なものではありません。これらは生活に必要なものですし、子供の成長にも役立つものです。スマートフォンやゲームを使っても猫背にならない方法を探すべきです。

子供の猫背を治す方法にはランニングがおすすめです。ランニングをすることは簡単ですし、子供の体力を高めたり学業の成績を高める効果もあるとされています。

この記事では、子供の猫背の原因と対策を紹介します。この記事を読んでいる人は猫背の子供を持つ親の人でしょうが、子供の猫背を治すことは親の責任でもあります。この記事が子供の猫背を治すことに役立つとうれしいです。

 

1.子供が猫背になる原因

子供が猫背になる原因には以下のようなものがありますが、該当する原因は1つとは限らず、複数の原因が組み合わさって猫背になっていることもあります。

 

1-1.筋肉が成長していないこと

子供の体は成長の途中にありますが、姿勢を維持するための筋肉が発達していないと猫背になります。これが猫背の原因である場合、子供が成長すると猫背も自然に解消されるので対処をする必要はありません。

私は小学生の頃には猫背ではありませんでしたから、筋肉が成長していないことが原因で起きる猫背は、小学生の間には自然に解消するでしょう。

 

1-2.パソコンやスマートフォン、タブレットの使いすぎやゲームのしすぎ

子供が猫背になる原因で最も大きなものはパソコンやスマートフォン、タブレットの使いすぎ、ゲームのしすぎです。
スマートフォンなどを使いすぎたりゲームをしすぎると猫背になるのは大人も同じですが、子供は自由時間が大人より長いので猫背になりやすくなります。

パソコンやスマートフォンなどを使うと猫背になる理由は、これらを使うときには背中が丸くなって猫背の姿勢になり、この姿勢を長時間維持すると、正しい姿勢を維持するための筋肉が低下してしまうからです。猫背の姿勢が身についてしまうと、自然に解消することは難しいです。

私は1983年生まれで、プレイステーションなどのゲームが子供の頃にありましたが、現代の子供は私の年代の子供より猫背の割合が多いように思います。ゲームよりもスマートフォンやパソコンの影響のほうが大きいでしょう。

 

1-3.勉強や読書のしすぎ

勉強や読書をしすぎることも猫背につながります。読書をするときには両腕を伸ばしますが、これはスマートフォンやタブレットを使っているときの姿勢と同じであり、猫背になりやすいといえます。

読書の肩こりや首のこり、背中の辛さを治す方法はランニングがおすすめ。原因と対策

 

2.子供の猫背を治すにはランニングがおすすめ

子供の猫背を治すにはランニングがおすすめです。ランニングは1人でもできますし、整形外科に通院したりジムに通う必要もありません。

 

2-1.ランニングが猫背を治す理由

ランニングに猫背を治す効果があるとは思わないでしょうが、ランニングには猫背を治す効果があります。
人間はランニングをしているとき姿勢が正しくなるので、姿勢を維持するための筋肉も鍛えられます。子供の筋肉が十分に成長していない場合や、パソコンやスマートフォンを使いすぎて姿勢を維持するための筋肉が弱っている場合、ランニングでこれらの筋肉を鍛えると猫背を治すことができます。

ランニングに猫背を治す効果があることは以下の記事で紹介しました。参考にしてみてください。

猫背を矯正する方法はランニングがおすすめ。猫背の原因と対策

 

2-2.猫背を治すランニングの方法

子供が猫背を治すためにランニングをするのであれば、毎日、5kmか30分程度のランニングをするといいでしょう。学校が終わって帰宅してから、家の周りを走るだけで十分です。
必要な期間は1~3か月程度で十分ですが、この期間をランニングしても改善が見られないようなら、整形外科の医師に相談してもいいかもしれません。

子供が5kmのランニングをすることは無理だと思うかもしれませんが、この距離は小学生の高学年の子供なら走ることができるものです。もし、この距離を走ることができないなら、それは体力が十分に成長していなかったり、肥満などの問題があるのかもしれません。
ランニングの習慣を始めた直後は5kmを走ることはできないかもしれませんが、1か月もあれば走ることができるようになります。

 

3.おわりに

子供の猫背を治すことは親の責任です。子供は猫背であることを自覚しないでしょうし、その対策を自分で見つけることはまず無理です。親が子供の猫背を矯正する方法を見つけて、必要な対策を取ってください。

私はパソコンを長時間使う仕事をしているので経験的に知っていますが、猫背になると肩こりや首のこりが辛くて大変です。
猫背は肥満と同じで生活にかなりの悪影響を与えますので、早めに治してあげてください。

子供は中学生や高校生になると自転車を使う時間が増えますが、この自転車も猫背になる原因の1つになります。自転車と猫背の関係はこの記事で紹介しました。参考にしてみてください。

自転車に乗ると猫背になりやすくなる理由と対策

 

3-1.足が遅い子供にとって、猫背を治すことはチャンスになる

この記事では、猫背を解消するためにランニングをすることを紹介しましたが、ランニングには他の効果もあります。
例えば、足が遅いことは子供の自信に悪影響を与えます。ランニングをすると子供の足が速くなって、自信を高めることに役立ちます。
子供の足の遅さを解消する方法については以下の記事で紹介しました。参考にしてみてください。

子供は運動能力が伸びやすいので、子供の足の遅さを解消することは簡単です。

足が遅い子供のために親ができる対処

不登校の子供にはランニングがおすすめ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です