ランニングや運動をしているときに唾液を処理する方法

ランニングや運動をしているときに、唾液が口の中にたまって気持ち悪いことがありませんか?唾液を飲み込むのは気持ち悪いですが、道路に吐き出すのはいけません。この唾液は簡単に処理することができます。

この記事では、ランニングや運動をしているときの唾液の処理の方法を紹介します。ほとんどのランニングはトレーニングや健康のために1人で走るものですから、この記事で紹介する方法が役に立つでしょう。運動の例としてランニングを挙げて説明しますが、他の運動でも同じように唾液を処理することができます。

 

1.ランニング中の唾液の処理の方法

ランニングをしていると唾液が口の中にたまったり、乾燥してねばついて気持ち悪いことがよくあります。唾液が問題になるのは以下の場合です。

  1. 虫やごみが口の中に入ったとき
  2. 口の中の唾液が乾燥してねばついたとき
  3. 長時間早いペースで走って、唾液が口の中にたまったとき

これらの唾液を処理するには以下の方法がおすすめです。

 

1-1.唾液を服にすりつけるかハンカチ、タオルを使う

唾液を処理するには、服の肩や首の部分に唾液をすりつける方法があります。服に唾液をすりつけるのは汚いと思うでしょうが、唾液を飲み込むよりはましです。

自分の唾液なら服にすりつけても汚くないですし、外見からはまずわかりません。唾液には匂いがありますが、ランニングをしていると服にすりつけられた唾液が渇いて匂いもほとんど気にならなくなります。
私が普段ランニングをしているときには、この方法で唾液を処理しています。

唾液を吐きだすためのハンカチをポケットに入れておいたり、日焼け防止を兼ねて首に巻いたタオルに唾液を吐きだす方法もありますが、ハンカチを取り出すのが面倒かもしれません。

 

1-2.ランニングのコースにトイレがある建物を含める

家電量販店やショッピングセンターをランニングのコースに含めると、その手洗いで唾液を処理することができます。口の中の唾液が気持ち悪くなってからトイレに着くには10分程度はかかるかもしれませんが、この程度の時間なら我慢できるでしょう。

ショッピングセンターなどでトイレだけを利用することがためらわれるなら、たまにはその中の自販機でジュースでも買うといいでしょう。唾液を処理するための水代くらいはお返しすることができます。

 

1-3.唾液が乾燥してねばつく前に、飲んでおく

ランニングで気持ち悪い唾液は乾燥してねばついたものですから、乾燥してねばつく前に飲んでおくのも選択肢の1つです。

飴をなめながら走ると唾液を飲み込むことを忘れなくなります。

 

2.おわりに

口の中で気持ち悪くなった唾液を道路に吐きだすのはやめることをおすすめします。マナーが悪いことですし、軽犯罪法に引っかかる行為です。

参考までに、私のおすすめの方法は唾液が気持ち悪くなる前に飲むことと、気持ち悪くなった唾液は服にすりつけてしまうことです。私はこれで何年もランニングをしていますが、ほとんど困っていません。

早いペースでランニングをするときには口を開けますから、唾液が渇いて気持ち悪くなることが増えます。その場合には、唾液をこまめに処理しています。大量の唾液を服にすりつけるのは気持ち悪いですが、少しずつなら気になりません。
ランニングが終わって家に帰ってから、服を少し洗ってから洗濯機の中に入れておけば、特に汚いと思うこともありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です