ランニングをやめると太るのは少しだけ。体重はほとんど増えない

習慣的にランニングをしている人は、ランニングをやめると体重が増えるかに興味がありませんか?ランニングの習慣をやめると体重は増えますが、その増える量は数kgほどに収まります。

ランニングをやめると体重が増えるというのは正しいですが、それで肥満になるというのは誤解です。
アスリートには引退してから太る人もいますが、それは現役のときに非常に多くのカロリーを摂取しているからです。趣味でランニングをする一般の人はこれほどのカロリーをとらないので、アスリートのように太ることはありません。

この記事では、ランニングをしている人がランニングの習慣をやめたときに増える体重と、ランニングの習慣をやめるときの工夫も紹介します。
ランニングの習慣がある人、ダイエットや体重の維持のためにランニングを始めようとしている人は参考にしてみてください。

 

1.ランニングをやめると太る?

1-1.ランニングをやめると太るのは本当

ランニングの習慣がある人はランニングをやめると、ランニングで消費するカロリーが減ります。しかし、食べる量や摂取カロリーが減るので、トータルのカロリーがプラスかマイナスになるかには個人差があります。
私の経験では、ランニングをやめるとトータルのカロリーはプラスになり、体重は少しだけ増えます。

ランニングをやめると体重は増えますが、際限なく増え続けるわけではありません。食べる量や摂取カロリーは徐々に減っていきますから、全体としては少し太って一定の体重に落ち着きます。

 

1-2.ランニングをやめた場合に増える体重の計算

私は趣味でランニングをしていて、月間走行距離200kmのランニングを数年間続けています。しかし、1年ほど膝が痛い時期があって、月間走行距離を100kmほどに減らしていた時期がありますので、それを参考として紹介します。これをもとに推測すると、私がランニングをやめた場合の体重は以下になります。

  • 月間走行距離200km:身長181cm、体重62kg
  • 月間走行距離100km:身長181cm,、体重63kg~64kg
  • ランニングをやめた場合:身長181cm、体重65kg(推測)

私がランニングをやめると体重は65kgほどで安定するはずです。
私の身長は181cmですから、体重が65kgだとすると標準的な体形です。この体重はランナーとしては重いですが、一般的には十分に許容されるものです。

私が200kmのランニングをしたときに消費するカロリーは12000kcal~13000kcalですから、月間走行距離を200km減らしたときに体重が2kg~3kgほど増えるというのは妥当です。脂肪1kgあたりのカロリーは7000kcalです。

ランニングの習慣をやめるときに体重がどれくらい増えるかは、消費しなくなったカロリーから推測することができます。増える体重を正確に計算することはできませんが、増える体重は推測した値の倍にはならないでしょう。

 

1-3.一般のランナーはアスリートや運動選手とは違う

アスリートや運動選手には、引退してから体重が大きく増える人がいます。これは現役のときにカロリーが多い食事をしていた人が、引退後もカロリーを減らしたり調整することができなかったからです。

競技や性別などで個人差はありますが、持久系のアスリートは1日あたり5000kcal以上のカロリーをとります。ランニングを趣味にしている一般の人はこれほどのカロリーをとらないですから、アスリートと同じように太ることはありません。
例えば、私は毎日10kmほどのランニングをしていますが、1日あたりのカロリーの摂取量は多く見積もって3000kcal程度です。

一般の趣味のランナーでも、アスリートのように多くのトレーニングをしたり、カロリーを摂取する人は注意が必要です。

 

2.ランニングをやめるときに体重を調整する方法

ランニングの習慣をやめることで肥満になることが心配な場合には、ランニングを徐々にやめることがおすすめです。一気にランニングをやめずに調整期間を設けることで、体重の減り方も調整できます。

例えば、月間走行距離300kmの人がランニングの習慣をやめるのであれば、月間走行距離を200kmや100kmなどにして、段階的に減らしてください。体重が安定するには半年程度はかかるので、半年程度をかけてランニングをやめてください。

ランニングの習慣をやめるときには食事の量も減らしていくべきですが、少ない食事に慣れるには半年程度はかかるでしょう。

 

3.おわりに

ランニングの習慣をやめることで太ることが心配な人は、体重が増えるかどうかではなく、どれくらい体重が増えるかを考えてみてください。体重が増える量が数kgに収まるのであれば、ほとんどの人は問題になりません。

ランニングの習慣を完全にやめるのではなく、少しだけ続けることもおすすめです。
例えば、月間走行距離が300kmのランニングを続けることは大変ですが、月間走行距離が100km程度のランニングを続けることは簡単です。月間走行距離が100kmだとすると、1日あたりのランニングの時間は15分ほどで十分です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です