ランニングやジョギングは無駄ではないし、役立つ趣味

ランニングやジョギングを趣味にしている人は、ランニングが無駄と言われたことがあるかもしれません。しかし、ランニングは無駄ではありません。

ランニングに問題があるのではなく、ランニングを理解しない人に問題があります。

この記事では、ランニングやジョギングが無駄でない理由を紹介します。ランニングが無駄と言われたら、この記事を参考にして反論してみてください。

1.ランニングやジョギングが無駄な理由

ランニングやジョギングが無駄だと言う人は、以下のような考え方をしているからです。しかし、ランニングは無駄ではありません。

 

ランニングやジョギングは役立たない

ランニングやジョギングは少なくとも健康に役立ちます。ランニングやジョギングが無駄と言う人は、健康に興味がない人です。

例えば、私は趣味でランニングしていますが、私の父は私にランニングが無駄と言ったことがあります。父は健康に興味がないので、50年ほど喫煙していて運動もしていませんし、食べ物にも興味がありません。

私の父は健康に興味がないですから、ランニングの健康効果を理解することはできないでしょう。これはランニングに価値がないのではなく、父の考え方に問題があるだけです。

これは私の父に限りません。健康に興味がない人、病気にかかったことがなくて健康の大事さを知らない人は、健康の大事さを理解しません。

この考え方をしている人がランニングを無駄だと言っても、無視してください。自分の健康が大事だと思う人だけが、ランニングすれば十分です。

 

ランニングやジョギングは効率が悪い

ランニングを無駄と考える人は、ランニングの効率が悪いと考えているかもしれません。しかし、ランニングの効率は他の運動より高いので、効率が悪いというのは間違いです。このタイプの人はランニングを知らないのでしょう。

例えば、ランニングの消費カロリーは距離[km]×体重[kg]です。体重が60kgの人が10kmのランニングをすると、消費カロリーは600kcalになります。

筋トレでこれだけのカロリーを消費することはできません。筋トレの消費カロリーは高くないですし、辛い筋トレを何回もできないからです。

筋肉1kgが1日に消費するカロリー13kcalです。10kgの筋肉をつけると、1日の基礎代謝を130kcal増やすことができますが、これはほとんどの人にとって無理です。

ランニングの欠点の1つは、ランニングを休んだ日の消費カロリーが増えないことです。しかし、ランニングを趣味にしている人はほぼ毎日走ります。実際には、ランニングの休養日は走る日に備えた準備でもあります。

 

ランニングやジョギングはスキルがつかない

趣味を通してスキルを身につけたい人がいます。この考え方をしている人にとって、ランニングは時間とエネルギーの無駄です。

確かに、ランニングしてもスキルは身につきません。走り方のスキルは身につきますが、これはランニング以外のことで役に立ちません。この意味では、ランニングは無駄です。

しかし、これは他の趣味も同じですから、ランニングだけが特別に劣ることはありません。ピアノ・将棋・釣り・料理・ゲームなどの趣味も同じように、他に役立ちません。

ランニングすると循環器系が発達するので、持久力が高くなります。これは仕事や日常で役に立ちますから、私はランニングが他の趣味より良いと思っています。健康な血管や血圧は常に役立ちます。

 

2.おわりに

ランニングを趣味にしている人は、他の人から理解してもらえなくても気にしないでください。ランニングは健康に役立ちますし、他の趣味に劣りません。ランニングが悪いのではなく、ランニングを理解しない人に問題があります。

この記事では、ランニングの実用的な効果だけを紹介しましたが、ランニングは楽しい趣味でもあります。ランニングは大人が夢中になるほど楽しいですし、趣味として答えれるものです。

私は自分の趣味を否定されてイラッしたことがあるので、他人の趣味を否定しないようにしています。この記事を読んだ人に、他人の趣味を否定しないことをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です